オルトマンワラエビ抱卵




オルトマンワラエビ抱卵


Canon PowerShot G7X



こんもりと・・タマゴを大事に抱いてます (^^♪

コシオリエビの仲間




コシオリエビの仲間




2015年8月23日からダイビングが行えない海況が続いています。
今朝(26日)の海チェックでも、やはりクローズ・・・(-_-;)

体を休めて~また潜れる日に備えます。




注目
伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成のお知らせ
➡1泊につき¥3000 2泊で¥6000 が補助されます。

船の割引制度を利用しよう

伊豆大島の観光特派員になろう!

島旅の必需品!あると便利なものは、コレ!

ダイビングを快適に!防寒対策をしよう(^^♪








オルトマンワラエビ抱卵




オルトマンワラエビ抱卵


FUJI XQ2 UCL-165-M67



オルトマンワラエビ抱卵は、最近数か所で観察できています。
お腹の部分を覗きこむには・・・下から下から・・です。



注目
伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成のお知らせ
➡1泊につき¥3000 2泊で¥6000 が補助されます。

第3回 伊豆大島MDフェアーのお知らせ 5月23(土)24(日)
➡器材モニター会など各種イベントを予定してます。

船の割引制度を利用しよう

2015年5月21日(木)の伊豆大島ダイビングログ情報

ナカソネカニダマシ




ナカソネカニダマシ




今日は、海はお休み(^^♪
片づけとGW後半の準備などをしてました。
南西の風が、少し吹いた1日でした。

写真のナカソネカニダマシ・・
いい場所に居るのは、珍しい~んです。



注目
伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成のお知らせ
➡1泊につき¥3000 2泊で¥6000 が補助されます。

第3回 伊豆大島MDフェアーのお知らせ 5月23(土)24(日)
➡器材モニター会など各種イベントを予定してます。

船の割引制度を利用しよう

ナカソネカニダマシ




ナカソネカニダマシ



久しぶりにこの場面に出会えました!(^^)!
ウミトサカの隙間から出ている・・ナカソネカニダマシです。

なんで外に出ているのか解りませんが、お気に入りのシーンです。



関連記事
2015年2月22日(日)の伊豆大島のダイビングログ情報


コシオリエビの仲間



コシオリエビの仲間

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67 Light



ふと覗きこんだザラカイメンの中には、コシオリエビの仲間が住んでおりました。
以前は、ザラカイメンが住んでいたザラカイメンでした。

ただのカイメンでもいろんな生き物達の住処となってます。
そんな事を頭に浮かべながら撮影をお楽しみください。(^_-)-☆

やさしい気持ちで写真が撮れます。  


関連記事

2014年6月26日(木)の伊豆大島のダイビングログ情報

オニハゼ|伊豆大島 海の生き物達

アワセイソハゼ属の1種-2|伊豆大島 海の生き物達

ハコフグ?ミナミハコフグ?|かんたん!海の生き物ウォチング  

コシオリエビの仲間



コシオリエビの仲間

OLYMPUS XZ-2 PCU-01




ザラカイメンの中の居たコシオリエビの仲間です。
なんか変だな~と思いながら撮影しましたが・・2匹居たんですね・・

気が付いていたら、もう少し頑張ったのに~~(-_-;)


関連記事

2014年5月6日(火)の伊豆大島のダイビングログ情報




コシオリエビの仲間





コシオリエビの仲間

OLYMPUS XZ-2 UCL-165-M67




お気に入りだった白いモコモコのウミトサカが、朽ち始めていた。
すでにボロボロでもう何もいないのかな・・と思いながら覗いてみると、居残り組が見つかりました。
ウミウサギの仲間・・数個。写真のコシオリエビの仲間です。

かなり立派なウミトサカだったのに残念です。
大きなものでも食べられちゃうものなんですね。





アナモリチュウコシオリエビ





アナモリチュウコシオリエビ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67 RGBLUE




秋の浜の岩場の小さな穴で見られるアナモリチュウコシオリエビです。
体に生えているブルーの毛?が、いかしてます!

今回は、穴から少しだけ出てきた所を撮りました。





コマチコシオリエビ





コマチコシオリエビ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




4月19日(土)曇り・北東
今日は、リピーターさんとマンツーで秋の浜2ダイブです。

波が心配でしたが~風が弱くてよかったです。
浮遊物が多めで暗めの海なんですが、いろいろ居て楽しい!です

ちょっと暗い方が、撮影に集中できる!かな~

この季節は、各自でライトをお持ちになる事をお薦めします。
もしなければ~レンタルしましょう!
安全だし!楽しさ倍増です。



ヨツバネジレカニダマシ?





ヨツバネジレカニダマシ?

OLYMPUS XZ-1 PCU-01



クダヤギに居た汚い子なんですが・・何者でしょ?

ヨツバネジレカニダマシなの??


ナカソネカニダマシ





ナカソネカニダマシ


ナカソネカニダマシ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67





今回は、2か所でナカソネカニダマシに出会えした。

上と下の写真で何か違いが、解りますか?



答えは・・・


続きを読む

ベニワモンヤドカリ





ベニワモンヤドカリ

Canon S100 UCL-165-M67 S2000



ヤドカリの集合写真です。
なんとなくみなさんこちらを向ています。



3月6日(木)曇り晴れ・北東
西側は、低気圧通過の影響でうねりがありました。
午前中に秋の浜へ行ったら・・ま~ま~の波。
一応、潜ってみました。水温14度台・視界10m~
入って早々にコンデジ1台の電源が入らない!
バッテリーを反対に入れてしまったようです。(*_*;
もう1台持っててよかった(^^♪


ヤドカリの仲間





ヤドカリの仲間+ニシキウミウシ幼体

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67



何してるんでしょ~
持っていくつもり?
僕には、解りません(-_-;)



コマチコシオリエビ





コマチコシオリエビ
コマチコシオリエビ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




ターゲットライトをRGBlueにして撮影してきました。

撮り方を変えて撮影。





ナカソネカニダマシ






ナカソネカニダマシ





ナカソネカニダマシ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67 Light





1月24日(金)晴れ・南西
朝のお散歩の時には、西側の海はベタナギでした。
じょじょに南西の風が吹き始め、白波が・・
午後から秋の浜へ行きました。
ベタナギ!水温14度台・視界15m
最初にアカホシカクレエビの場所へ。
ヤギの仲間に乗っているのですが、ポリプの開き具合が微妙。
またのチャンスを狙います。
久しぶりにナカソネカニダマシと遊んできました。相変わらず・・綺麗。
以前見ていたミネミズエビの場所へ寄るとまだ健在。
体が透明なので解りにくいです。
浅場では、チビハナダイ。最近、遭遇する機会が増えています。


ヨツバネジレカニダマシ






ヨツバネジレカニダマシ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




11月20日(水)晴れ・西
風は吹き続けています。
秋の浜は、凪です。水温19~18度・視界10~15m
今日は、まず久しぶりにウミカラマツエビの場所へ立ち寄りました。
個体数は、少ないながらもちゃんと見つかりました。
擬態のうまいエビなので、ライトを当ててキラッと光る眼を探すようにしてます。
証拠写真を撮ったのちは、散策。
昨日取れなかったヨツバネジレカニダマシにちょっと立ち寄り、うろうろ。
ホシベニサンゴガニの存在をチェックして上がりました。
途中では、コマチコシオリエビ・ニラミギンポ・イロカエルアンコウ・ハナゴイ・
ヒヅメコシオリエビなどなど。
浅場では、新顔のベニカエルアンコウが見られました。





コマチコシオリエビ






コマチコシオリエビ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




11月9日(土)曇り・北東
曇り空になりました。北東風ですが、然程強くないので秋の浜で1ダイブ。
沖へ進むとー15mくらいから水温が下がりました。
水温20~17℃・視界13~15mです。
この水温のせいか、ガーデンイールは、出てません・・
代わりにカミソリウオを見てきました。
そして先へ進みクダゴンベ捜索。
このエリアでうろうろしていると、ゲストのFさんが大きな声をあげました!
指さす方向を見ると~ニタリ!です。
僕は、長~い尾ひれがよく見えました。
Fさんは、ものすごい勢いでダッシュ。
この勢いにさすがのニタリも自分が狙われているのが解った!か・・解らなかったか・・
大興奮のまま・・エキジットでした。
2本目は、ケイカイへ。
少し暗めだったのでゆっくりイボヤギの根まで。
テンクロスジギンポ・ニラミギンポ・ヨゴレヘビギンポ・・・
タテジマヘビギンポは数個体みられました。
綺麗なサンゴの上にいたので、フォトジェニックです。
浅場では、ミスガイ。
印象に残ったのは、イカの仲間です。
大きさは、1cmくらい。
岩のくぼみに3個体いました。
これ久しぶりに見たかも・・




アカホシカニダマシ







OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67





8月17日(土)晴れ曇り・南西
今日は、南西の風がそよそよ吹いていて気持ちいいです。
高速船で到着のリピーターさんと1ダイブ目は、ケイカイへ。
今日の風と同じくらいのソヨソヨとした流れで僕としては~心地よいです。
根の上を点々と移動しながら景色を眺めてのダイビングです。
沖では、イサキが多め。
ムチカラマツエビのペアも見られました。
他には、いつもの感じ~です。
次は、野田浜でカップルさんと体験ダイブを行いました。
お一人は、経験者だったのでスムーズに進行。
アーチまで遊びに行きました。
また是非潜りたい!との感想だったので、次回は、ダイバーさんになって来てくれる事でしょう~
本日、最後のダイビングは、王の浜です。
規制解除の15時を待ってエントリー。
30℃近い水温と青い海。ここは、やっぱり別世界です。
沖へ出ると水底には、23℃くらいのやや濁った潮が停滞。
アカホシカニダマシ・イソギンチャクエビ・ツマニケボリ・マツカサウオ・
ミチヨミノ・ベンケイハゼ・ヌノサラシなどが見られました。
浅場では、イワシの仲間が大量に群れてそれをカンパチの子供達が襲撃。
そこへアオウミガメが登場。
今日ものんびり潜れました。



オルトマンワラエビ





オルトマンワラエビ




オルトマンワラエビ

Nikon D300 MIcro105mm D2000








ウミトサカに居るオルトマンワラエビは、いい被写体ですね!





ナカソネカニダマシ






ナカソネカニダマシ




ナカソネカニダマシ

Nikon D300 Micro105mm D2000






6月20日(木)雨・南西
■秋の浜:水温22~19℃・視界13~20m
南西の風がやや強めに吹いています。
秋の浜は、ベタナギ。
今日は、トゲトサカに住んでいるナカソネカダニマシに出会えました。
一緒にコリオリエビの1種も居ました。
ここでしばらく遊んで帰りました。
中層は、魚影が濃くて・・イサキの群れ・キンギョハナダイも大量です。
浅場では、ムラサキウミコチョウ・アラリウミウシ・ホムラスベヨコエビ・など。
ヨゴレヘビギンポは、数箇所で産卵をしていました。
セダカスズメダイは、大量にタマゴを生みつけていました。
梯子の下には、カエルウオが2匹。




オルトマンワラエビ






オルトマンワラエビ




オルトマンワラエビ


Canon S100 UCL-165-M67





タマゴを抱いてるオルトマンワラエビです。

お腹の部分を時々、動かすようです。








オルトマンワラエビ






オルトマンワラエビ




オルトマンワラエビ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




オルトマンワラエビは、見た事ある方も多いでしょ~う。
今の時期、見かけたらお腹の部分を覗き込んでみましょ!
こんな感じでタマゴがあるかも~。




6月7日(金)曇り晴れ・北東
■秋の浜:水温21~20℃・視界10m
雨の予報でしたが・・ほとんど降らずに午後からは、いいお天気になりました。
風も然程強くなく、秋の浜でのダイビングは問題なしの海況でした。
フラフラと散策してきました。
ハナダイの仲間は、相変わらず多く見られます。
スジハナダイ・フタイロハナゴイyg・アサヒハナゴイyg・
ケラマハナダイyg・シロオビハナダイyg・キシマハナダイygなどなど。
クダゴンベも同じ場所で見られています。
他には、立派なウデフリツノザヤウミウシ。ちょっと時期外れですね。
戻りながらネンブツダイの群れの中を通過して浅場へ。
今日は、ベニカエルアンコウが3個体目にとまりました。
カモハラギンポは、2匹でうろうろしていたり・・
ニラミギンポが、数個体いたり・・
ナカハラタナバタウオが岩の下にいたり・・
最後は、梯子の下にカエルウオ。



伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード