ツマニケボリ



ツマニケボリ



Canon PowerShot G7X



タマタマ・・・2個並んでいた (^^♪


シロオビコダマウサギ




シロオビコダマウサギ






お天気は、下り坂ですが・・気温が高めなのでムシムシした感じの伊豆大島です。
今日も荒れる前に1回秋の浜で潜ってきました。


注目
伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成のお知らせ
➡1泊につき¥3000 2泊で¥6000 が補助されます。

第3回 伊豆大島MDフェアーのお知らせ 5月23(土)24(日)
➡器材モニター会など各種イベントを予定してます。

船の割引制度を利用しよう

2015年4月20日(月)の伊豆大島ダイビングログ情報


アズマケボリ





アズマケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




スミレコボレバケボリと住んでいるヤギの仲間は、同じタイプです。



ムラクモキヌヅツミとムチカラマツエビ





ムラクモキヌヅツミとムチカラマツエビ

OLYMPUS XZ-2 UCL-0165-M67




久しぶりにムチカラマツにウミウサギの仲間:ムラクモキヌヅツミが住み着いていました。
すぐ側にムチカラマツエビが居たので、ツンとしてみたら・・
そのままムラクモキヌヅツミの上を通過して・・一番下まで行きました。
エビが上を歩いても外套膜は引っ込まないものですね~




関連記事

2014年11月22日(土)の伊豆大島ダイビングログ情報







ホソテンロクケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




ウミトサカに住んでいるウミウサギの仲間。

今回は、触覚と目がはっきり見えてます。運がいいな~




スミレコボレバケボリ




スミレコボレバケボリ
スミレコボレバケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






この種類のウミウサギの仲間は、やや深めの場所に居るようです。
住んでいる場所で色合いが変わるようです。
2つとも大きさは、ほぼ同じでした。

下の写真は、産卵をしている最中でした。



関連記事

2014年7月15日(火)の伊豆大島のダイビングログ情報

セロガタケボリ


セロガタケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




昨日の梅雨空から一転して、いいお天気になりました。
日差しが強~い。暑いです。

今の時期は、海へ向かう際にもいつでも水分を補給出来るような準備をしましょう。
お薦めは、ミネラルウォーターです。

利尿作用のあるものじゃない方がいいかも。
あと・・炭酸系なNGね~

シュワシュワする麦茶は、ダイビング終了後にどうぞ。

関連記事

2014年6月29日(日)の伊豆大島のダイビングログ情報







トラフケボリ



トラフケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






ヤギの仲間の上を住処にしているトラフケボリ。
うろうろしている最中にタマタマ 側に来たのか?
それとも、お相手を探していたのか?




関連記事

2014年伊豆大島の夏祭りに行こう

伊豆大島の観光特派員になろう

写真展示会・写真募集のお知らせ

島旅の必需品・あると便利なものはコレ!

防寒対策をしよう





トラフケボリ



トラフケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




ウミウサギの仲間です。大島では、よく見られるトラフケボリです。
ヤギの仲間に住んでいて、その場所にタマゴも産み付けます。
写真の右側にある白っぽい部分がタマゴです。




セロガタケボリ





セロガタケボリ

OLYMPUS XZ-2 PCU-01




伊豆大島では、出会う機会が多めのセロガタケボリです。
貝は、ずんぐりした感じの形状。

細かい模様と突起が特徴的です。


アンガスキヌヅツミ





アンガスキヌヅツミ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




久しぶりに潜ったケイカイで出会ったウミウサギの仲間。
図鑑で調べてみたら・・アンガスキヌヅツミに似ている。

もしそうなら~個人的にお初の種だ!


と書いたものの、確証はないのであります。



ウミウサギの仲間

2014年1月から最近までの期間に見られたウミウサギの仲間達です。

今回掲載した種は、1cmくらいから3cmくらいの大きさです。
特徴は、宿主(住んでいる場所)によって色(外套膜)の変化がある事です。
その為、見つけにくい場合もあります。
外套膜が、ポリプなどとそっくりで擬態している種もあるようです。


ウミウサギの仲間たちは、綺麗な場所に住んでいるのでフォトジェニック!です。
小さくて可愛らしいフォルム!
のそのそ動いている時には、触覚を出して・・ポツンと目が見えたりします。

自分で探す場合もポイントをおさえれば~~出会えるはずです!(^^)!


今年は、ウミウサギの仲間をコレクションしてみよう!





アズマケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67
アズマケボリ






ムラクモコダマウサギ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67
ムラクモコダマウサギ






スミレコボレバケボリ

OLYMPUS XZ-1 RGBLUE
スミレコボレバケボリ






ツグチガイ

OLYMPUS XZ-1 PCU-01
ツグチガイ






アカネケボリ

OLYMPUS XZ-2 PCU-01
アカネケボリ





コボレバケボリ
コボレバケボリ

OLYMPUS XZ-2 PCU-01
コボレバケボリ





スミレコボレバケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67
スミレコボレバケボリ





ツマニケボリ

ツマニケボリ





チヂワケボリ

チヂワケボリとタマゴ






キンスジケボリ

キンスジケボリ






テンロクケボリ

テンロクケボリ





トラフケボリ


トラフケボリ

ツユダマガイの1種1




ツユダマガイの1種1

OLYMPUS XZ-1 PCU-01




こちらは、ツユダマガイと似てるな~と思ったらその仲間です。
貝殻に模様がありました。

1.5mm??



ツユダマガイ





ツユダマガイ

OLYMPUS XZ-1 PCU-01



浅場で見かける小さな小さな貝です。

触覚が出ている根本にある小さい点が眼ですね!

3mm??

キンスジケボリ






キンスジケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




ウミウサギの仲間でキンスジケボリです。
貝殻を覆っている外套膜をめくると金の筋がある!ってことみたい。

今度は、その筋を撮ってこよう。


ボウシュウボラの産卵






ボウシュウボラの産卵

OLYMPUS XZ-1



毎年観察できているボウシュウボラの産卵です。
産み付ける環境は、岩肌ややオーバーハングしたよう場所。
暗い場所ですね。
*写真は、天地を逆にしてご紹介しています。


3月9日(日)晴れ・北東
午前中に枯葉の掃除をしました。
お店の周りには、木が多いの枯葉も道添にたくさん溜まっています。
午後から秋の浜へ出かけました。
水温13度台・視界10~13m



ツマニケボリ





ツマニケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




キバナトサカに住んでいるツマニケボリです。
綺麗な外套膜です。



ボウシュウボウラ






ボウシュウボラ

FUJI FinePix F31fd UFL-M150-ZM80





1月19日(日)曇り晴れ・北東
昨夜は、北東風がかなり強く吹いていました。
朝のうちは、雲が多かったのですが、日中は晴れ間が出てきました。
午前中は、庭に生えていたアロエの植え替え。
掘り出してから小分けにして鉢植えにしました。
午後には、風が弱くなり秋の浜へ。
水温14度台・視界20m
久しぶりに左の砂地の散策へ出かけてみました。
定番の転石地帯からハゼ地帯へ。
最初に目に留まったのは、大きなイズカサゴです。
この季節によく見られる大型のカサゴの仲間です。
側では、ムレハタタテダイが2匹。これも砂地でよく出会える種。
寒さのせいか、ちょっと動きがぎこちないですね。
ムチカラマツには、ビシャモンエビが居ました。
ミノカサゴが、エサを探していたり・・
カスザメが居たり・・
貝の仲間・ボウシュウボラ?(20cm)が歩いていたり・・
印象に残ったのは、コブダイです。
段下のエリアでうろうろしていると岩の横に35㎝位のコブダイが寝てました。
2匹のホンソメワケベラにクリーニングを受けている最中。
僕が、側に来てもなかなか逃げようとせずじっとしていました。
そんな訳で~証拠写真も撮れました。


セロガタケボリ






セロガタケボリ


OLYMPUS XZ-2 UCL-165-M67





トラフケボリ






トラフケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-15-M67






ベニキヌヅツミ






ベニキヌヅツミ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67



側に卵を産み付けていたベニキヌヅツミ




ツマニケボリ






ツマニケボリ

OLYMPUS XZ-2 UCL-165-M67









トサケボリ






トサケボリ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






ツユダマガイ





ツユダマガイ

OLYMPUS XZ-1 PCU-01




すごく小さな貝の仲間です。

でも、この色合いなので探していると目に止まりやすいようです。

ちゃんと眼があって、ゆっくり動いていました。
生きてる!って感じます。




アズマケボリ




アズマケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






かわいらしいウミウサギの仲間です。







ツリフネキヌヅツミ






ツリフネキヌヅツミ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






細長いタイプのウミウサギの仲間でツリフネキヌヅツミ。

4~5cmありました。









セロガタケボリ






セロガタケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67








縮こまったトゲトサカの上にいたセロガタケボリです。

1cmにも満たない小さな貝です。






伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード