fc2ブログ

11月17日(土)曇り

11月17日(土)曇り・NE
1日、雲の多い日でした。
風邪が北東風の為、やや肌寒さを感じますが、
海の中は、好調です。
今日は、おNEWのデジカメを買って来たゲスト。
練習をしながらなので、ゆっくり潜りました。
水中でいろいろテストしながら、カメラの癖を知る事も大切です。
ハナタツを見てから、沖へ出てイヤゴハタygの場所へ。
ほんとかわいらしい模様です。
2本目は、クマドリカエルアンコウ狙いです。
側では、オトメハゼのペアが、見られています。
寄り添う姿は、なかなか珍しいのです。
そのままハゼ地帯へ。
各種観察して帰りました。
今日は、これといった発見はありませんでしたが、
以前に見た事のある受け口のウツボに出会えました。
かなり立派に成長していて、クリーニングを受けていました。
面白い顔で好きなんですよね~

11月16日(金)曇り

11月16日(金)曇り・NE
あまり陽射しの出ない1日でした。
今日は、ワンコ軍団と一緒に海へ行ってきました。
1人でのんびり好きなように潜ったり、ワンコ達とぶらぶら歩いたり・・・
いい休日でした。
マズは、現地ダガイドさんに情報を聞いてイヤゴハタygを探しに行きました。
うろうろしながら探していると、アカオビコテグリygやヒレナガネジリンボウ・
ヒメオニハゼ・ホタテツノハゼ属の1種・オニハゼなどが目にとまりました。
久しぶりにアヤトリカクレエビにも出会えました。
(これも、情報をもらいました。)
居ないな~と諦めモードになった所で、直ぐ下に居ました。
体に入った面白い模様の白いラインが、特徴的です。
個人的には、初めて見るハタの仲間です。
2本目は、ヤノダテハゼを撮影しようと出かけてみたのですが・・・
これは、外れ。
そのまま下へ行ってみました。
そこでは、大変小さなツノザヤウミウシとカンナツノザヤウミウシが、
1つのコケムシについていました。
なんとも、微笑ましいような・・・かわいらしい光景でした。
浅場では、以前から情報を聞いていたイロカエルアンコウがやっと見つかりました。
黒い個体だったらしいのですが・・・
今日見たら、なんだか、不思議な色合いに・・・。
その他に、ニシキカワハギ・サザナミヤッコygなどなど。

11月15日(木)晴れ

11月15日(木)晴れ・NE~SW
穏やかな日が、続いています。
今日は、日帰りのゲストと2ダイブしてきました。
前日の夜出発して早朝に到着すれば、日帰り2ダイブもちゃんと出来ていしまいます。
秋の浜では、水温22℃・視界は、20m以上です。
1本目は、やや浅めの場所のリクエストです。左の砂地方面を散策してみました。
クマドリカエルアンコウの岩に行ってみると・・・その姿が!?ないないない・・・と
諦めて移動しようとして最後に振り返ったら・・・居ました!
変な場所へ入り込んでいました。
ハゼ地帯では、いつものネジリンボウ・ヒレナガネジリンボウ・ヤシャハゼ・
ハチマキダテハゼ・ヤノダテハゼ・ホタテツノハゼ属の1種などがのんびり観察できました。
やはり平日は、・・・いい。
2本目は、ジョー君のエリアへ。
このエリアでウデフリツノザヤウミウシと出会えました。なんと3個体。
1本目には、トゲトゲウミウシにも3個体出会えています。
浅場のフリソデエビは、元の場所に戻っていました。

11月14日(水)晴れ・NE~SW

11月14日(水)晴れ・NE~SW
昨日に引き続き、穏やかな1日です。
風が弱く気持ちがいいです。
秋の浜は、相変わらず好調です。
右のコースへ行く途中、中層を泳いでいると、下~~の方まで良く見えます。
思う存分、浮遊感を味わえます。
イサキやタカベも良く見えました。
クダゴンベには、出会えませんでしたが、黄色のイロカエルアンコウに出会えました。
前回と少し場所を変えていました。
帰りがけには、タテジマヤッコygに出会えました。
大きさは、3.5~4cmです。
正面では、クビアカハゼ・ヤマブキハゼ・キンチャクダイygなど。
ジョーフィッシュを見てからアカオビコテグリを観察。
メスが、背鰭を立てて移動していました。
大きな?ピカチュウ(ウデフリツノザヤ)に出会えました。
今日は、オビアナハゼの求愛行動が見られました。
しかも2箇所で。
小ぶりなメスが、ゆっくり移動していました。
その側をうざったくなるくらい付きまとうオス。
時々、鰭と体をビン!と張る様な行動をしてディスプレーしていました。
始めている光景でした。
オスのお腹からは、交接器が出ていました。
この種、交接をするらしいのだが・・・見たことがない。
写真でご紹介出来ればと思ったのですが・・・
移動が、けっこう速く無理でした。

11月13日(火)晴れ・NE

11月13日(火)晴れ・NE
今日は、大変穏やかな1日でした。
北東風なので、秋の浜は、やや波がありましたが中は、抜群のまま!
イサキやタカベの群れは、良く見えるし眺めが良いです。
こんな時期は、普段よりも景色やお魚の群れを眺める事をお薦めします。
でも、おいらはどうしても、下ばかり・・。
ニシキフウライウオのリクエストだったので、探してみました。
先日、出会えた場所をうろうろしてみたのですが・・・X
諦めモードで、帰り始めると、目の前にメスの姿が!
こんな場所に移動していたんだ~と思いながら観察。
他には、ピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)が見られています。
クマドリカエルアンコウは、まだ、健在です。
深くないので、撮影にもお薦めです。
ハゼ地帯では、いつもの面々が全て見られています。
浅場では、コウワンテグリygやハナタツ・サザナミヤッコが見られています。

11月12日(月)晴れ・NE

11月12日(月)晴れ・SW
今日は、久しぶりに南西の風になりました。
西側は、思ったよりも波になっています。
ホントに穏やかな天気で平日ののんびり感も満喫できる日でした。
リフレッシュのゲストと秋の浜へ。
今日も水温は、22℃前後・視界は、20m以上と抜群の海です。
1本目は、移動の範囲をやや狭めてのんびりと潜りました。
浅場の白いイロカエルアンコウは、波にも負けずしっかりポジションをキープ。
沖では、イサキやメジナの群れ・アオリイカの姿も良く見えます。
キンギョハナダイやソラスズメダイもワンサカ群れているのでいい眺めです。
段下では、久しぶりにベニカエルアンコウを確認。
フリソデエビは、ペアで仲良く並んでいました。
大きさが、違うのがかわいらしいです。
2本目は、砂地へ。
クマドリカエルアンコウは、のそのそ動きながらエスカを降っていました。
ハゼ達は、ネジリンボウの巣穴も復活しており、
ヒレナガやヤシャハゼもちゃんと見られています。

急に遊びに来たくなったら、マズお電話で!
今週末もまだ、OKです。

クマドリカエルンコウ

クマドリカエルアンコウ


11月に入り海況は、安定しています。
水温は、20℃前後で視界も15mくらいあります。
今年は、いわゆる人気者が、早々と出現しています。
少しダイバーの数も減る時期です。
じっくり撮影や観察を楽しみたい方には、お薦め!
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2007年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード