fc2ブログ

ハナタツの求愛

 

 

ハナタツの求愛




今年も何度かこんな場面に出くわしています。
1匹を見ていたら、何気なく移動を開始。
その着地点には、もう1個体のハナタツが居ました。
相手の存在をどんな風に確認しているのだろう?

自分のお腹で相手のお腹をツンツンするのが、求愛の方法です。手前が、雌。

ムシフグの群れ

3日間のお休みも終わり、今日は、秋の浜へ潜りに行きました。
スナップは、珍しい光景でムシフグの群れです。
浅い場所をうろうろしていました。



ムシフグ


 



5月15日(木)晴れ曇り・NE~SW
今日は、潜りに行きました。朝から風も弱くいい日です。
秋の浜へ行ってみました。水温hあ、19~18℃・視界は、13mくらい。
やや白っぽい感じでしたが、もう少し海が落ち着けば綺麗になるでしょう。
荒れた後なので、今まで確認していた生き物達をチェックしてみました。
砂地では、ヒレナガネジリンボウが顔を出していました。
オニハゼの子供も目にとまりました。
ジョーフィッシュは、いつもの子の他に、小さいタイプのジョーも見つかりました。
鉛筆くらいの太さなのですが・・・神経質な性格です。
カシワハナダイygアマミスズメダイygは、健在でした。
その他にも、今日周った場所の生き物たちは、ちゃんとチェック出来ました。
浅場では、ムシフグと思われるフグの群れに出会えました。
以前に1度出会っています。
数は、80匹前後だと思うのですが、こんな光景は、あまり見られません。
いつもの場所でハナタツを見つけたので撮影の準備をしていると・・・
ふらふらと移動を始め、もう1個体居る場所へ。
そこで2匹が、求愛を始めました。
約10分くらいの間、微笑ましい光景を見させてもらえました。
いい時間を過ごせました。






ベニカエルアンコウ





↑浅場のベニカエルアンコウ。その下へ潜り込もうとしているアオウミウシ。
顔の上を歩いちゃえばいいのに~

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2008年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード