fc2ブログ

ハナオコゼ

梅雨時で曇りや雨の日が、多い。
でも、海には、いろんな生き物たちが続々と出没し始めています。
よく潜っているおいらでも、嬉しい気分になるのだから・・・
皆さんは、もっとすご~く嬉しい!・・・気分を味わっているのでしょうか??ちょっと羨ましい・・・。

今日の嬉しい出来事は、このハナオコゼとの出会いです。
ゆらゆらしながら、四苦八苦の末の証拠写真であります。



ハナオコゼ




6月11日(水)雨曇り・SW
風のない1日でした。天気は、どんよりしており時々雨が降りました。
ただ、海は、ベタナギで気持ちいいです。
準備中、水面を見ると魚の群れが居る様子がよく解りました。
右側のエリアでは、アマミスズメダイygが見られています。
今年は、出現する個体数が多いようです。
この子をちゃんと撮影するなら、今年がお薦めです。
コガネスズメダイの幼魚の姿も見られるようになりました。
近くでは、キツネベラygもウロウロしていました。
現地ガイドさんにナガシメベニハゼの情報を頂きました。
ポイントに着くとすぐにその姿を確認。この種にしては、浅いのでこの子もお薦めですね~。
他には、シモダイロ・イガグリ・シラユキモドキ・ニシキ(フタイロタイプ)などが見つかりました。
印象に残ったのは、ヒョウモンダコです。
ハタナツを見ている側で1個体見つかりました。
その数秒後、勢い良く移動したと思ったらその先には、もう1個体。
なんと・・・上から覆いかぶさりました。
これって・・・ケンカ!?
ゲストと一緒に大慌てで証拠写真を・・・と思ったのですが、
すぐに離れてしまいました。
飛びつかれた方は、噛み付かれたのか?もがくような仕草を見せていました。
最後は、ハナオコゼ
海藻に住み着くカエルアンコウの仲間です。
何方かが、フロートに海藻を巻きつけてくれていました。
この水面での撮影・・・ゲストは、かなり手こずっていたようです。
でも、こんなベタナギで撮影出来るチャンス・・・そうそうないんですよ!

ここでお知らせです。
まだ、名前の付いていなかったエビの仲間が、伊豆大島のダイビングポイントの名前にちなんで
アキノハマカクレエビと命名されました。
詳しくは、公式サイトをご覧下さい。

コクテンベンケイハゼ



コクテンベンケイハゼ





伊豆大島では、よく見られるコクテンベンケイハゼは、こんな事もするのである。
タカノハダイの体に張り付いているのが、コクテンベイケイハゼ。
画面左下からも顔を覗かせているのが、解ると思う。
ちょうど2匹でせっせとクリーニングをしている最中。
タカノハダイの体には、肉眼でも良く解るくらいたくさんの寄生虫が、這い回っている。
タカノハダイにとっては寄生虫による体のモゾモゾが取れていい気持ち~!
で、コクテンベンケイハゼは、苦労せずに食事にありつける!

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2008年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード