fc2ブログ

夕日



空




夕方になり雲の隙間から少し空が見え始めてきました。
その隙間から太陽の陽射しも降り注いでいます。

撮影:6月23日(月)仲の原にて。

イシダイyg

 

 

イシダイygのクリーニング





まだ、このカンパチ達・・・・居ます。
なんでココから離れていかないのか??
今日は、この場所にイシダイの幼魚が姿を現しました。
イシダイygを中心に回りをカンパチ達が取り囲みます。
クリーニングって・・・余程、気持ちいいのだろう・・・


6月28日(土):秋の浜にて。

オハグロベラの捕食

うろうろしていると目の前をこんなオハグロベラが、通過。
そ~と横から撮影してみました。
口には、カニの仲間が、くわえられていました。

オハグロベラといえば・・・オスのケンカシーンが各所で見られています。



オハグロベラの捕食




6月28日(土)曇り・SW
静かな海の1日でした。
秋の浜では、水温18~17℃視界は、10~15mです。
1本目は、フタイロハナゴイ
このエリアでは、少し水温が低めだった為か、フタイロは、岩の隙間からあまり出てきません。
ヒトデヤドリエビ・ウミシダヤドリエビ・カゲロウカクレエビ・バライロマツカサウミウシなどを見て上がりました。
2本目は、砂地へ。
ココでは、ミノカサゴが水底から少し浮いた上体でうろうろしていました。
すごくいい被写体になっていました。
我々が、ヤシャハゼの場所へ移動すると後ろからついてきていました。
今日の出会いは、イナバミノウミウシです。
個人的には、見かける機会が少なく大変嬉しい出会いでした。
大きさは、6~7mmでミノ部分が、膨らんでいるタイプです。
他に、ツルガチゴミノウミウシも見つかりました。
こちらもあんまり出会うチャンスがないです。
左の梯子のカンパチたちは、イシダイの子供にクリーニングを強請りに来ていました。
浅場のリクエストでイダテンカジカを探してみました。
足のつくような場所で1個体確認。
他には、キビレヘビギンポ・ミヤケヘビギンポ・通称アカヘビ・イソギンポ・など。
今日のビックニュースは、ニタリ登場です。
ニタリ遭遇率・自称3割というK氏が、発見。羨ましい・・・
もちろん、おいらは・・・見られていません。とほほ・・・
この他にも・・・いろいろ見られています。

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2008年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード