fc2ブログ

ミサキウバウオ



ミサキウバウオ





今日は、数個体のミサキウバウオに出会えました。
その中の1個体にカメラを向けていると・・・餌の捕食を始めました。
口を開けた所を・・・慌ててパチリ。

イチデジ:秋の浜にて。

セボシウミタケハゼ

今日の練習相手は、セボシウミタケハゼ
このサンゴの上には、アカスジウミタケハゼも住んでいる上に、個体数もやや多め。
今回訪問した時には、サンゴの上を流れてくる餌を捕食するのに忙しそうでした。
他の個体が、近づいてきた時には、背鰭を立てていました。

イチデジ:秋の浜にて。




セボシウミタケハゼ





9月19日(金)曇り雨・NE
お昼頃から小雨が降り出しました。
頻繁に放送する台風情報では、どんどん近づいて来ている予報です。
しかし、伊豆大島では、海はベタナギ・風が弱い状況です。
まさしく嵐の前の静けさ・・・。
明日の朝には、通過しているようですが、どの程度影響が残るか・・・気になります。
片付けと準備そして、静かな海にも出かけました。
久しぶりに正面のハゼ地帯へ。
最近は、めっきりこのエリアへ訪れなくなりました。
ハゼの仲間を観察するなら左のエリアが、浅くてのんびり出来る為です。
久しぶりに立派なネジリンボウが、見られました。
他には、ヒレナガネジリンボウの幼魚・ホタテツノハゼ属の1種など。
立派なヨメゴチ・ワニゴチなども見られています。
他にはビシャモンエビ・クリアクリーナーシュリンプ・オルトマンワラエビ・オシャレカクレエビ(抱卵)・
アカホシカクレエビ(抱卵
)など。
大物は、ネコザメ
ちょうどクリーニングを受けている様子で側に大きなハマフエフキも居ました。
コンパクトデジカメを持っていたら・・・と思うようなシーンです。
印象に残ったのは、コバンハゼの仲間?です。
今回見つけた子は、黒い子でした。
証拠写真は・・・・まったく太刀打ち出来ませんでした。とほほ・・・

クシノハカクレエビ



クシノハカクレエビ







このようなカットは、コンデジでも撮影しているのですが・・・・
カメラが変わったりすると、再度挑戦してみたくなるのでありました。

クシノハカクレエビは、ザラカイメンの中に住み着いているのがよく観察出来ます。

イチデジ:秋の浜にて。

イソギンチャクモエビ



イソギンチャクモエビ





いつもは、尾をシャチホコのように上を持ち上げています。
でも、時々は、こんな風にエビらしい?格好も見せてくれます。
我々が、屈伸運動をするような感じの動きでした。

イチデジ:秋の浜にて

イヤゴハタyg



イヤゴハタyg




今年もこのかわいらしいイヤゴハタの幼魚に出会えました。
また、しばらく観察が出来るので訪問するのが楽しみです。

秋の浜にて。


 

9月18日(木)雨・NE
今日は、海はお休みにしました。
海は・・・まだ、波が立っていません。

ヤシャハゼ



ヤシャハゼ






左の砂地のヤシャハゼでイチデジ練習をしてきました。
動きを感じられるカットを選んでみました。

秋の浜にて。

ハナタツ

今日もイチデジで練習してきました。
マズは、撮影しやすい被写体で撮影を楽しんでいます。
今回は、、見ているハナタツの中では、一番かっこいい子です。





ハナタツ 




9月17日(水)晴れ曇り・NE
風が弱いせいか・・・散歩の広場にも蚊がたくさんです。
夕方、器材の片付けをしていても、あっという間に何箇所も刺されてしまいました。
大島へお越しの際には、まだまだ、虫除け・・・必需品です!
秋の浜は、水温25土くらい。視界は、10~15mです。
まだまだ、ウエットでも充分大丈夫な海況でした。
今日もデジイチを持って練習を兼ねてリサーチです。
1本目の練習相手は、ハゼ地帯の面々。
ヒレナガネジリンボウとヤシャハゼを撮影してみました。
1眼レフのいい所は、カメラを覗きながらお魚の表情や動きが、クリアーにホントに良く見える事です。
観察しながら撮影が楽しめるのは、いいですね~
ヒレナガネジリンボウの場所では、コウライトラギスが急接近してきて・・・X
ヤシャハゼの場所では、トラギスがにじり寄ってきて・・・X
この行動を見ると、ダイバーがカメラを構えて居る前方には、獲物が居る!と解っているようです。
お魚にも学習能力があるんですね。
2本目は、ハナタツ・クシノハカクレエビ・ミヤケテグリyg・オオメハゼ・などなど。
どうも下ばかり見ている傾向ですが・・・ネコザメやイサキの群れ・タカベの群れ なども見られています。
印象に残ったのは、マグロの仲間です。
1.2mくらいの大物が、す~~っと2個体泳いでいきました。
丸々したいい形でした。
お越しの際には、是非とも魚の群れも堪能して下さい。

 

アオサハギyg

今日は、デジタル1眼レフで撮影した写真をご紹介します。
数年ぶりなので、なかなか勘が戻りません・・・とほ・・
久しぶりの印象は、写真を撮ってる!って感じです。
写真を始めた頃は、1眼レフで撮影していたので、やはりこの感覚が、好きです。

 




アオサハギyg






9月16日(火)雨曇り・NE
北東風は、ほとんど吹かず静かな海でした。
午前中は、ボケボケと休憩。
午後から秋の浜へ1回潜ってきました。
一緒に潜りに行ったスタッフ・チエにアオサハギygを教えてもらいました。
大きさは、6~7mmです。このサイズ・・・久しぶりです。
水底近くをゆ~らゆらと動きます。
大好きな被写体なので、ここでほとんどの時間を楽しみました。
他には、ミナミダテハゼygなど。
浅場では、フトスジイレズミハゼ・ハナタツ・メガネスズメダイyg・アライソコケギンポ・など。
スタッフ・チエは、コロダイyg・クビアカハゼyg・バラハタyg・サンゴハナビヌメリなどを確認してきました。
水温24℃・視界15mくらい。

平日は、台風の進路を気にしながら、掃除や片付けになりそうです。



 



アオサハギyg

 

ちょっと雰囲気を変えて・・・。

クダゴンベ

今日のスナップは、久しぶりに出会えたクダゴンベ
大きめの子でした。



クダゴンベ

 




9月15日(月)曇り・NE
曇り空の1日でした。
西側の海のうねりは、弱くなっていました。
ただ、台風13号は、針路変更をしていますので、また、これから変化していく事でしょう。
*要チェックです。
1本目は、右のコースへ。
先日、現地ガイドさんが、クダゴンベ居ましたよ!と言っていたので、再挑戦。
実は、初日は、同じ場所を探したのですが、見つかりませんでした。
今回は、運良く発見。皆さんに紹介する事が出来ました。
辺りの散策を始めると・・・ネコザメと出会えました。
やはり・・・大物!も大事です。
そして、次は、ソウシカエルアンコウ
これも、カエルアンコウの仲間の中では、一番の大型種。
25cm以上ありました。
2本目は、ジョー君のエリアへ。
コレといった発見は、ありませんでしたが、のんびり潜れました。
印象に残ったのは、ゼブラハゼです。
以前からゼブラハゼの幼魚は、たくさん見られていましたが、
今回は、少し成長した個体が見つかりました。
眼の部分も黒ずみ始めていて体の模様もハッキリ見えます。
コレから更に成長するのが、楽しみ!

9月3連休が、無事終了。
静かな海でのんびり潜れたのでホントに良かったです。

ソウシカエルアンコウ



ソウシカエルアンコウ 



久しぶりにソウシカエルアンコウに出会えました。
いや~~、デカイ。

秋の浜にて。

 


ソウシカエルアンコウ

 



全身のカット。
大きいけど・・・かなり解りにくいでしょ。

アカスジカクレエビ

今日のスナップは、最近のお気に入り・アカスジカクレエビです。
透明な体に赤い筋があるので、この名前なのであります。
お腹には、抱かれた卵が、透けてよく見えます。





アカスジカクレエビ






9月14日(日)曇り晴れ・NE~SW
風が弱くまずまずの天気です。
西側は、相変わらずうねりの影響が出ていますので、秋の浜へ。
流石に連休の中日・・・多くのダイバーが、押し寄せていました。
マズは、ジョー君のエリア付近からうろうろ・・・。
定番のコースながらも・・・何故か、ダイバーが、見えない。運がいいな~。
オキゴンベygは、トサカの中を元気にうろうろ。
アカオビコテグリは、2個体見つかりました。
砂地では、昨日外したウミテングが見つかりました。
カミソリウオもちゃんと定位置です。
ハゼ地帯は、どうにか・・・ヤシャハゼが見られました。
ペアで泳ぐ姿も皆さんが、見れて良かったです。
久しぶりにダイダイヨウジが見つかりました。
ハタタテハゼも元気です。
浅場では、貝の間に入り込んだベニカエルアンコウなど。
その他にもいろいろ・・・。
印象に残ったのは、地味~なヨロイメバル?です。
いつもすごく浅い場所で見かけるのですが、今回は、3mくらいの場所で発見。
証拠写真のコレクションにパチリ。ふむふむ・・やはり、地味だ!
その後、ゲストもなんじゃ?という感じで一応、撮影していましたが・・・
多分、その画像は、消されてしまうのだろう。
この2日間、全て秋の浜でのんびり潜っていますが、いろんなコースを回ると
まだまだ、発見があるものですね~。
秋の浜・すごい!

夕方の景色

  

夕日






台風の進路が、変わりました。こりゃ~~、心配なコースです。

撮影:9月12日

ニセボロカサゴとオキゴンベ



ニセボロカサゴとオキゴンベ




ニセボロカサゴが、のそのそと移動・・・
側に居たオキゴンベが、なんだ?なんだ?と少し近づいてきた・・
そんなのも気にせず、ニセボロカサゴは、のそのそ・・

秋の浜にて。

オキゴンベのペア

今日のスナップは、オキゴンベ。
ほんの少しですが、2個体がすぐ側に・・・





オキゴンベのペア





9月13日(土)晴れ・NE
台風13号のうねりが、南から西側の海に入り始めました。
あとぱぱチームは、一番静かな秋の浜へ。
水温は、24~22℃・視界は7~15mです。
1本目は、右のコースへ。
キシマハナダイygが、泳いでいるのを見てからオヨギトラギスへ。
珍しいトラギスなのですが・・・う~~ん。
コレと似たサンゴトラギスが、浅い場所で見られています。
2本目は、なんとなく・・正面のコース。
スジアラyg・ハナタツなどを見て降りていくと・・・
よく大島へ潜りに来ているセルフダイバーさんが、ニセボロカサゴを教えてくれました。
ラッキー!
ノソノソと移動をしていました。
側では、オキゴンベのペアが、見られています。
ほとんど容姿に違いはないようですが、背鰭から1本長い糸状のものが出ているのが、オスでしょう。
ジョーフィッシュは、気になっていた個体の巣穴が復活。
しかし・・・様子は、普通。残念・・・
砂地にて、またまたセルフダイバーさんからカミソリウオのお裾分け。助かります・・・
他にも・・・いろいろです。
今日は、連休ながらも運良く空いているコースでのんびり潜る事が出来ました。これも・・・ラッキー。

夕方の景色



夕日 


 


連休前の静けさ・・・という感じ。
撮影に出かけた時には、少しうねりが入り始めているようでした。
明日からは、秋の浜が混雑しそうですね。

万立海岸近くにて。

ジャンプ



ウラン・ジャンプ





今日は、いい天気です。南西の風になり過ごしやすい日。
海はお休みにしてのんびり過ごしました。
家の中は、風が入り込んでワンコ軍団も気持ち良さそうに昼寝をしていました。

いつもの場所にて。

マルハナシャコ

今日のスナップは、巣穴の前で立ち止まってポーズ・・・のマルハナシャコです。
砂地と同じ色合いなので目立たない・・・




マルハナシャコ


 




9月11日(木)曇り・NE
今日は、北東風が強いです。
秋の浜は、波高し!上級者さんのゲストだったので、1回潜ってきました。
浅場は、波の影響で濁りですが、15m付近からは、のんびりと潜れました。
メガネスズメダイyg・ハナタツ・ヒメニラミベニハゼなどを見て下へ。
ジョー君のエリアでは、3個体見つかりましたがもう1個体は、巣穴が崩壊状態。
この子が、気になるんですよね~。
久しぶりにヘリシロウツボが見られました。
砂地から顔だけを出していることがあるのですが、今日は、外へ出ていました。
マルハナシャコも巣穴の側で全身が見られました。
印象に残ったのは、アカスジカクレエビです。
今回見つかった場所では、ホントにたくさん住み着いていました。
お腹にタマゴを抱いた個体も見られています。
これならみんなで撮影しても大丈夫。
体が、透明で綺麗なエビです。
他には、タキゲンロクダイyg・スジアラyg・ミナミハコフグyg・コクハンアラyg・
ミヤケテグリyg
・などなど。
2本目は、ゲストのドライが、水没で中止でした。
一緒に潜ったスタッフ・チエは、ニセボロカサゴに出会えたそうです。

ヘリシロウツボ



ヘリシロウツボ



久しぶりに出会えたヘリシロウツボです。
ウツボの縁が、白い・・・って事ですネ。
秋の浜にやや深めの場所で時々見かけます。

秋の浜にて。

 



ヘリシロウツボ

イワシの仲間



イワシの仲間





最近、秋の浜では、こんな光景が定番となっています。
常々、どんな風に撮影すれば、気に入った出来上がりになるのか・・・考えていました。
今回は、偶然いいヒントが見つかりました。
もちろん、群れの状態も大切なポイントです。

秋の浜にて。

夕方の景色



夕方の景色





昨日の夕方に撮影しました。
海も夕日の色になっていました。

台風13号が、出来ています。
今は、沖縄方面へ向かっているので影響はありません。静かな海でした。

赤禿の丘にて。

セボシウミタケハゼとタマゴ

今日のスナップは、海藻にタマゴを産みつけたセボシウミタケハゼ。
この海藻にペアで住み着いていました。

 




セボシウミタケハゼとタマゴ







9月10日(水)晴れ曇り・NE
最近は、朝・晩ともにたいへん涼しいです。
今日は、また北東風なのでさらに秋らしさを感じます。
秋の浜は、水温24~22℃です。昨日の冷たいエリアは、ありませんでした。
ほんと・・・日替わりです。
1本目、右のコースへ。
トサカの間を泳いで散策していると、オヨギトラギスの姿が目にとまりました。
名前の通りちゃんと・・・泳いでいます。
キシマハナダイもいつもの場所で見つかりました。
帰りがけには、ワニゴチ・ホソウミヤッコ・ハナタツを見て浅場へ。
2本目は、左の砂地です。
マズは、ウミテングとカミソリウオをチェック。
ダルマオコゼも少し探してみたのですが・・・すぐに集中力が、プチ・・・。
カミソリウオは、場所は移動しないのですが、やけにクネクネと泳いでいました。
何か意味があるのだろうか?
ハゼ地帯では、ヒレナガネジリンボウのペア・ヤシャハゼのペアなど。
ミナミダテハゼも確認出来ました。
浅場では、いつもの面々です。*新顔の発見なし。
印象に残ったのは、コウイカです。
砂地の散策中に13cm前後の個体が、1匹。
足でのそのそ歩く姿は、かわいらしいのであります。
梯子では、お腹の大きなカエルウオが、見られていますので、また、産卵するかもしれませんね~

ルリホシスズメダイyg



ルリホシスズメダイyg




こんなの出てきました。

スタッフ・チエ撮影。

ワニゴチ

最近、いろんな場所で見かけるワニゴチ。
平べったいのであります。

 



ワニゴチ






9月9日(火)晴れ・NE
今日は、北東風が吹いていたので秋らしさを感じました。
今日も秋の浜は、上と下の水温がかなり違います。
2つの季節を味わえた!?感じ・・・
1本目は、壁沿いを散策してみました。
先日、スイタッフ・チエが見つけてきたハタタテハゼを確認してきました。
まだ、小さな子でよく泳ぎます。
もう少し成長してから撮影してみたいと思います。
ハナダイのエリアでは、ケラマハナダイygをチェック。
キンギョハナダイ達と一緒に泳いでいて1匹だけ違うのですぐに解ります。
トサカも立派で大変いい眺めのエリアです。
最近、ここに訪問する機会が少なかったのですが、
少しのんびり散策してみたい場所です。
2本目は、右から泳いでみました。
今日も、また・・・ワニゴチ。2個体が、近くに居てペアのようです。
イロカエルアンコウygもいつもの場所。
浅場に帰って来ると、お魚の群れがいい眺めです。
ゲストもじっと眺めたり、カメラを向けたりと・・・のんびりした時間を味わっていたようです。
浅場に居るゼブラハゼは、縞々が解るようになってきました。
浅場では、小物やら群れやら・・・好きな生き物を観察して下さい!
フリータイムが、楽しいですYO!

トラウツボ



トラウツボ






口をフガフガしている子が居たので、つい・・・撮影。
コンパクトデジカメは、内蔵ストロボの位置が、固定されているので、
縦位置の場合、カメラの向きで影を出すことが出来ます。

秋の浜にて。

コウワンテグリyg



コウワンテグリyg







少し成長すると白い体色から変化を始めます。
この子で3.5cmくらいでした。

秋の浜にて。

水面もいい眺め

今日のスナップは、水中から上を見上げた・・・景色です。
水面がキラキラとしていました。

*写真の中のコメントは、決して・・・出会い系のお誘いではありません。
海の生き物との出会い!・・・です。

 



海




9月8日(月)晴れ・NE~SW
今日も穏やかな1日です。
リクエストで秋の浜へ潜りに行きました。
浅い場所は、暖かく25℃前後ですが、少し下は・・・20℃を切って18℃。
かなりヒンヤリと感じます。
1本目は、ホタテツノハゼ属の1種のリクエストです。
大島では、個体数もまずまず居るので、観察は容易です。
ただ、撮影は、やや敏感なので慎重さが必要だと思います。
その後は、いつもの面々を見て上がりました。
2本目は、ジョーフィッシュのリクエストです。
ゲストが、撮影している間にアカオビコテグリのメスを発見。
久しぶりにニセボロカサゴと出会う事が出来ました。
赤系の体色で少し皮弁のあるタイプです。
水温が、下がって姿を現したのでしょうか??
印象に残ったのは、オキゴンベygです。
また、かわいいサイズの子が、見られるようになりました。
体色は、あわ~い黄色。この時期限定のかわいさです。
お薦めの被写体ですよ~。
浅場では、オジロスズメダイyg・メガネスズメダイygの他にもいろいろ。。。

フトスジイレズミハゼ



フトスジイレズミハゼ





ベンケイハゼと似ていますが、フトスジの方が、小さいです。
この種も浅い場所で撮影出来ますので、いかがでしょう~

秋の浜にて。

ベンケイハゼ



ベンケイハゼ







いつも通りかかる場所の子です。
この緑の眼が、ポイント。ちょっと・・・下膨れの顔です。
定番のお魚で撮影してみてはいかがでしょう~

秋の浜にて。

ベニカエルアンコウ



ベニカエルアンコウ






小さな目なのですが・・・・キラキラしています。
こんな風に顔だけを出していました。

秋の浜にて。

カミソリウオのオス



カミソリウオのオス

 




やはり姿を現しました。
今回は、マズ、オスの子だけですが、そろそろペアでも見られることでしょう。
体色は地味なこげ茶・・・。

秋の浜にて。

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2008年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード