fc2ブログ

オキゴンベyg



オキゴンベyg



大きなトサカに住み着いている子です。子供の頃は、体色の黄色が、綺麗。
オキゴンベの幼魚に逢いに行こう!

3月26日:秋の浜

オキナワベニハゼ



オキナワベニハゼ 





王の浜の横穴にて。2cmくらいの個体でした。

*撮影の質問は、現地でどうぞ!解る範囲でお答えしています。

 

何者だ?


王の浜・エキジット直前にこんなシーンに出会えました。
イワシの仲間?のような個体のちょうど腹部に何か変な物が、くっ付いている。
とりあえず、証拠写真!って事で、どうにか、こんな出来上がり。
寄生虫?のようにも見えるが・・・もちろん、不明。

私の推測では・・・
この魚が、何かの原因で弱って水底に転がったような状態に・・・
そこへ魚が、死んでいると思ってこの生き物が、張り付いた!
死にそうだった魚は、最後の力を振り絞り、振り落とそうと・・・バタバタ。
どうでしょ?


*解りやすいように画像は、トリミングしています。


イワシの仲間




イワシの仲間



ミナミハコフグyg

今日のスナップは、冬を乗り越えたミナミハコフグの幼魚です。
*王の浜




ミナミハコフグyg




3月31日(火)曇り・北東~南西
一日、雲が多めです。
朝に秋の浜へ出かけてみると、パワーのありそうなうねりが、ド~ン!って感じでした。
この分だと、深い場所まで揺れていそうなので、場所変え。
静かそうな王の浜で潜ってきました。
水温は、16℃、視界は、10mくらいです。
今日は、ちょっと違うコースを散策して来ました。
ウミウサギの仲間を3種・ガーベラミノ・ヒブサミノ・ニシキ・コイボなどなど。
大きなイシガキフグ・テングダイは、3個体見つかりました。
オーバーハングの場所では、オキナワベニハゼが2個体。
帰りがけには、少し成長しているミナミハコフグの幼魚も見つかりました。
浅場では、ミヤケヘビギンポが大変活発な動きを見せていました。個体数も多いです。
産卵行動をしていたり、縄張り争いをしていたりです。
エキジット前に4cmくらいのイワシの仲間?のような子が居ました。
その子の体の中央部分には、なにやら生き物が、張り付いていました。
動いても降り落ちなくて、大変な様子です。寄生虫?なのだろうか・・?

さっ、伊豆大島へ潜りに行こう!

 

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード