fc2ブログ

コロダイ幼魚




コロダイ幼魚





Canon/G10/UCL165-M67/

クネクネ泳いでいるので・・・偶然こんなカットが獲れる。
先日出かけた砂地にて。



8月18日(水)晴れ・北東
風が弱め。北東風でも、暑さが和らぐ気配なし・・です。
今日は、体験ダイビング2名様。
お一人は、Cカード所持者なのですが、かなりのブランク。
お一人は、体験2回目。
なんだか・・スムーズにダイビングを楽しんできました。
■秋の浜:水温24℃・視界5m
浅場の濁りは・・・取れません。

午後からは・・・休養です。


アマミスズメダイ幼魚




アマミスズメダイ幼魚





Canon/G10/UCL330-M67/

チャームポイントは・・・ブルー。





8月17日(火)晴れ・北東
大島も・・・ものすごく暑いです。
ヘトヘトです。
■王の浜:水温24℃・視界5m
少し違う海を期待してきたのですが・・・同じ。
う~ん、島中この潮か・・・。
沖合いよりも湾内の浅場の方が安心して潜れるし・・小物も多いです。
コロダイyg・ツユベラyg・カンムリベラyg・ヘビギンポ産卵・ハタンポyg群れ・
アイゴyg群れ・シロハナガサウミウシ・ミヤケヘビギンポ・ブチススキベラygたくさん・
などなどです。
■秋の浜:水温24~20℃・視界6~15m
砂地へ出ると綺麗な水でした。
タツノイトコ・カスザメ・ハナハゼ・ガラスハゼyg・ネジリンボウ・などを見てきました。
ハゼ地帯からは、濁り・・・
そうそうに退散してきました。
今日もヒメテグリの求愛が見られました。
最近、お盛んのようですね。



続きを読む

今の海・・・



お魚






Canon/G10/

今は・・・こんな感じかな~。

スズメダイの幼魚もどんどん増えてきました。

賑やかです。


カエルウオ




カエルウオ





Canon/S90/

パイプの内側・・・タマゴです。




8月16日(月)晴れ・南西
少し風も弱まりました。
久しぶりに・・・
■野田浜:水温23℃・視界7~8m
う~ん、なかなか晴れ晴れとした視界にならんです。
沖へ進む途中、ゴミみたいなものが、浮遊。
それは、ウバウオの仲間で5mmくらいの赤ちゃんでした。
稀に見つけることが出来るのですが・・・小さすぎます。
アーチの中には、イサキの群れ。
スミゾメミノウミウンシが、産卵をしていました。
帰りがけには、アイゴ幼魚の群れが見られました。
水底では、ヒメテグリのオスがケンカをしていました。
■秋の浜:水温21~20℃・視界10~15m
こちらのほうが・・綺麗。
イサキやタカベが群れていました。
ネコザメのタマゴ・クマノミのタマゴ・スズメダイのタマゴなどを見てきました。
梯子では、カエルウオのタマゴ。
これからワンサカ・・・幼魚が出てきますね~。



ウミシダの仲間




ウミシダの仲間






FUJI/FinePixF31fd/

泳いでいます。



ネジリンボウ




ネジリンボウ





Canon/G10/

久しぶりのG10です。良いカメラですね~。





8月15日(日)曇り晴れ・南西
今日も南西の風・・・秋の浜で潜りました。
■秋の浜:24~20℃・視界5~20m
朝一は、綺麗。最後は、濁り。真ん中は、その中間。
よく変化する海です。
あれこれとネタを見て回りました。
う~ん、頭が動かない・・・ので、終わり。
早く休んで明日も潜ります。



ヨコエビの仲間




ヨコエビの仲間






Canon/S90/

背景にもヨコエビを入れてみました。


なんだか、撮影してばっかだな~~!と思います?
イエイエ、仕事しています。

遊んでいる!・・・ぽいだけです。

皆さんも楽しんでください。


ヒメニラミベニハゼ




ヒメニラミベニハゼ






Canon/S90/UCL165-AD/

まだ、小さめの子ですが・・・今年は、多めでしょうか・・・

ゲストさんが隣で撮影していたので、僕もパチリ。

目の上・・・眉毛みたいです。お笑い芸人”イモト”?





続きを読む

カエルウオ産卵




カエルウオ産卵







Canon/S90/

朝の1本目での光景です。

右側の子が、お腹がでかい・・のでメスだろう。

ごそごそしてましたよ!産卵中です。

続きを読む

カミソリウオ




カミソリウオのペア






Canon/S90/

ゲストさんの入れ替わりなどで、度々訪問しています。

3回目のダイビングの時には、僕らのほかに訪問者もなくGOODタイミングでした。

ゲストさんと撮影会でした。


あれこれと撮りましたが・・・今日は、このクロスした写真が一番でした。




続きを読む

コロダイ幼魚




コロダイ幼魚






Canon/S90/UCL165-AD/

今年は、今のところ・・・良く出会えています。
まだ、どの子も小さく同級生。





8月14日(土)曇り・南西
やや風が強い・・・その為、またまたみ~んな秋の浜。
最盛期ですな~
■秋の浜:水温23~22℃・視界8~10m
う~ん、視界の状態は、変化なしです。
1本目は、左の砂地へ遊びに行きました。
ホシテンスygが、増え始めているようです。
サザエの殻の中にアミメハギの幼魚が隠れていました。
アミメハギygも増えています。
肝心のハゼですが・・・?居ない!クロイトハゼの子供がペアで見つかっただけ。
他にワニゴチやタコの仲間・ガラスハゼ・テングダイなどを見て来ました。
2本目は、右のコースへ。
ここでは群れ群れです。タカベがやけに多い。魚影は濃いです。
狙いのお魚を見てUターン。
浅場では、コロダイyg・ツユベラyg・ソラスズメダイはスケルトンな幼魚がかわいい。
3本目は、日帰りのゲストさんとマンツーマン。
僕が、3本目なので~浅めでのんびりしてきました。
アカオビコテグリ幼魚・カミソリウオのペア・ヒメニラミベニハゼ・を楽しんでから浅場へ。
浅場では、久しぶりにヤマドリ幼魚が見つかりました。
最初、地味なので??でしたが、撮影すると青い点々が写るので・・・解りました。
印象に残ったのは、カエルウオの産卵です。
ちょうど1本目のエキジットの時。パイプに2匹で入り込んで・・・ゴソゴソやっておりましたよ~
まだ、ダイバーさんの少ない時間帯を選んだのは・・・カエルウオ君、正解です!
その後は、ひっきりなしにダイバーが往来してましたからね。



続きを読む

イロカエルアンコウ幼魚




イロカエルアンコウ幼魚






Canon/S90/UCL165-AD/

人気の子!・・・小さいです。

同級生が、何処かに居るんだろうけど、そう簡単には見つからんね。



ヤシャハゼ撮影中




ダイバーさん






Canon/S90/

皆様・・・マナーを守って撮影中です。
ヤシャハゼは、ご機嫌。





8月13日(金)晴れ曇り・南西
やや曇りガチの1日でした。
西側のうねりがややおさまり・・・
■野田浜:水温24℃・視界8m~
朝のうちは、静かだったのでエントリー。
エキジットする頃にまた、うねりが出てきました。
数日間のうねりで浅場の汚れはかなり解消された様子。
そこでは、そこらじゅうにベニシボリのタマゴが見つかりました。
もちろん、ベニシボリも。今年も大量発生ですね。
カスザメの寝た跡も多く見つかり、カスザメ本体も1匹見られました。
小物は・・・ミナミハコフグyg・ケサガケベラygなどなど。
次は、うねりを避けて~~
■秋の浜:水温24~22℃・視界10m前後
全体的には、すきっとした視界ではありませんが・・・マズマズかな。
リクエストでヤシャハゼの場所へ。
到着すると姿がない・・数秒待つと・・・出てきて元気にホバーリングを始めました。
ここで皆さん観察タイムです。
白地に赤いラインの入ったハゼで背鰭はピンとして長め。
おめでたいカラーリングです。
側では、クロイトハゼ幼魚も見つかりました。
その次は、カミソリウオのリクエスト。
今回は、ちゃんとペア!見つかりました。
砂地のど真ん中にデン!って感じです。
ココでは、コノハガニが見られました。
浅場では・・・ミナミギンポのペア。


タツノイトコ




タツノイトコ






Canon/S90/

地味な体色のオスでした。




8月12日(木)雨・南西
まだ、うねりあり。そして、風も強いのでその影響もあります。
朝から雨ですな~~。
■秋の浜:水温23~20℃・視界10m前後
大島に居るダイバーさんは、みんな秋の浜です。
そんな訳で混雑しています。
1本目は、のんびりと・・・正面へ。
ジョーフィッシュは、今日もメスが1個体だけ見られました。
あの愛らしい顔つきは、やはり・・・人気。
暗いせいかトサカが、立派です。その中にいいサイズのウイゴンベの子供。
深めの場所でヘリシロウツボが見つかりました。
壁沿いでは、ヒメニラミベニハゼやオキナワベニハゼ。
アカホシカクレエビは、お腹にタマゴを抱いています。
2本目は、砂地へ。
ブリーフィングでカミソリウオが、居ます!なんて、余計なことを言って・・・おお外れ!
いつもなら、生き物の説明はさほどしないんですけどね~。
だって、居ない時に傷ついちゃう・・・でしょ。
ビシャモンエビ・アカオビコテグリyg・タツノイトコ・アミメハギygなどが見られました。
代替品でホタテウミヘビが見つかりました。
浅場では・・・イロイロ~です。




続きを読む

カミソリウオのペア




カミソリウオのペア






Canon/S90/

今回は、ペアになっている所に・・・出会えました。





8月10日(火)曇り晴れ・南西
低気圧が台風4号になり・・・そのうねりも大島へ到着。
西側の海は、うねりが出ていましたので、秋の浜へ~
■秋の浜:水温24~22℃・視界10~15mくらい
ここは、うねりの影響は全くなし。混雑していますね~
最初のリクエストは、ヤシャハゼ。
帰りがけに出来れば・・・ジョー君。
ヤシャハゼは、-29m付近に居るので寄り道せずに目的地へ。
辺りにイサキがうろうろしていたので、やばいかな~と思ったのですが、
ちゃんと姿を確認出来ました。
ここでゲストさんたちは撮影会。
僕は側でうろうろしはじめると、ヒレナガネジリンボウ幼魚が見つかりました。
これを最初に来たゲストさんに教えました。
ここでそろそろ残り時間が、少なくなってきたのでジョー君家に寄るのを諦めて浅場へ。
やはりこの位の水深だとゆっくり撮る目標は1つですな~。
2本目は、カミソリウオ+ハゼ。
これも最初にカミソリウオの場所へ。前回見た時は、1匹だったのですが・・・今日は、ペアでした。
どうやって相方を見つけるんでしょうね~適当に探しているとは・・・思えない。
ハゼ地帯では、カスザメとヒレナガネジリンボウ。
浅場では、オシャレカクレエビ・イトフエフキ幼魚も出始めています。
イロカエルアンコウ幼魚に再会出来たのが、うれしかったです。



続きを読む

マツバギンポ




マツバギンポ






Canon/S90/UCL165-AD/

やけに・・・伸び上がっていましたが、何かあるのかな~~



キンギョハナダイ




キンギョハナダイ






Canon/S90/

もう少しうまく撮れれば・・・・この時の眺めを皆さんに感じていただけるのに~
こうゆうの難しいですね。

マグロの群れが通過した場所にて。





8月9日(月)雨曇り・北東~南西
朝のうちは、涼しい・・・風が変わるとムシムシしてきました。
昨夜からかなりの雨。濁りが出るか心配でしたが。。
■秋の浜:水温26~22℃・視界10~15m
なんだか・・昨日よりもいいぞ!明るめの海でした。
小さな生き物大好きなゲストさん達。
ごちょごちょと散策してきました。
新たな出会いは、フタスジタマガシラ幼魚。
いつもの場所に姿を現していました。
ツユベラ幼魚、ハタタテハゼも今年はいつもより多い?
印象に残ったのは、クツワハゼのケンカです。
地味系のハゼの仲間ですが、ケンカ中は見ごたえあり~です。
いや~ノンビリモードでした。
■ケイカイ:水温25~24℃・視界10m前後
逆潮でやや濁り系。でも、予想外に流れが出ました。
その影響が好結果となりタカベが何度も何度も押し寄せてきました。
沖の根で皆でマツバギンポを覗き込んでいると、目の前にマグロの群れ。大迫力。
ココでは、キンギョハナダイも異常に群れていて・・・金魚鉢の中にいる感じでした。
ケイカイでは、キャラメルウミウシ大発生?
いや~予想外にハードでした。


続きを読む

セソコテグリ幼魚



セソコテグリ幼魚






Canon/S90/UCL165-AD/

前回見られたミヤケテグリ幼魚と似ていますが、これは、セソコテグリ幼魚。

お時間のある方は、見比べてみてください。






8月8日(日)曇り雨・南西
予報どおり・・・少し雨になり、暑さが和らぎました。
これで今夜は、よく寝れるか?・・・
昨夜の花火も家からチラミした後・・・睡魔に襲われてしまいました。
■王の浜:水温26~24℃・視界10~14m
沖へ出る途中、最初にコロダイの幼魚が目にとまりました。
水底から20cmくらい浮いていつものクネクネした泳ぎをしています。
アマミスズメダイ幼魚を見て根の上へ。
キンギョハナダイの群れの中を良く見ていると、違う子が居ました。
う~ん、ケラマ?アカオビ?解りにくいステージです。
帰りがけには、コマチコシオリエビ・ミナミハコフグ幼魚・トゲチョウチョウ幼魚など。
浅場では、ブチススキベラ幼魚が大変増えました。
■秋の浜:水温26~21℃・視界14~8m
最初にキャラメルウミウシを見つけました。
その側で、見慣れないシラタキベラの仲間に似た様な・・・ベラが。
証拠の写真も撮れず、不完全燃焼状態です。
沖では、今シーズン初のヤセアマダイが見つかりました。
体色が綺麗なのでお薦め。
過度なプレッシャーを与えると、地面に隠れちゃいます。
最近、ワニゴチが、よく目にとまります。
ヒメニラミベニハゼの個体数も増えてきたようです。
浅場で、リクエストのイロカエルアンコウ幼魚を探すものの・・・(‐‐)
その代替品として・・・セソコテグリの幼魚。
前回見られた子は、背鰭に黒い部分がありましたが、今回の子は~~なし。

いろいろ出てきて面白い海になっています!

(^^)告知
8月28・29日の週末:ファンダイビング募集中!



続きを読む

ゴンズイ幼魚




ゴンズイ





Canon/S90/

ごちゃ・・っと群れている所が、気持ち悪いという方もチラホラ。

人間もかなりごちゃって群れていると思うんですが~


それに比べりゃかわいいもんです。





8月7日(土)晴れ・南西
少し暑さが和らいだかな~。
それでも暑いですけどね~
リピーターの皆様と潜りに行きました。
■秋の浜:水温25~22℃・視界7~10m
のんびりと・・・潜るコースへ。
ベニカエルアンコウ・ハタタテハゼを見て沖へ。
先日見つけたカミソリウオは、ちゃんと・・・見つかりました。
でも、先日まで居たハナタツygは、不在。
アカオビコテグリygは、今日も2匹で見られました。
後で、現地ガイドさんが別の岩にハナタツygが居たのを教えてくれました。
シーズンで多くのダイバーさんが海に入るこの時期は、
生き物達は、けっとばされたり・・・大変なのです。
浅場のイロカエルアンコウygも楽しみにしていたゲストさんに教えられず・・・
こちらも、見つからん!
タブン、ここの付近に居るんでしょうが・・・なんせ小さいので目にとまりやすい場所に居ないとやっかいです。
そんな訳でゲキチンモードでEXです。
■野田浜:水温24~22℃・視界8~10m
ここも急にダイバーさんが押し寄せて混雑状態に。
シロハナガサウミウシを見ているとゲストさんが、ミヤコウミウシの幼体を見つけてきました。
まだ7mmくらい。
他には、サラサ・スミゾメミノ(タマゴ)・キャラメル・ツユベラyg・コガネキュウセン・などなど。
秋の浜に引き続きここでは、カミソリウオのペア・・・見つかりません。
週末なのに~、ここぞという時に引きが弱まります。

今夜は、大島の年に1度の花火です。
昨年は、いそいそと撮影に出かけたんですが・・・今日は、寝ちゃうかも・・(‐‐)





続きを読む

オハグロベラのケンカ



オハグロベラ





Canon/S90/

いいシーンに出会えました。
このようなお魚の表情の解りやすい瞬間は、面白い。

解説なしに初めて見て・・・どう感じますか?
最初の印象が、大事です。






8月6日(金)晴れ・南西
今日は、初心者さんのご予約。
ベタナギの海へ~~
■野田浜:水温26~23℃・視界7m前後
今日も水が入れ替わってないです。
ここでも、小物たちがボチボチと見つかり始めました。
ミナミハコフグ幼魚・ツユベラ幼魚・カンムリベラ幼魚・などが見られると
シーズンだな~と感じます。
印象に残ったのは、カミソリウオのペアです。
最近の汚い水底と・・同じ感じの色合いに擬態していました。
ゲストさんには、?マークで興味なし・・・の様子でした。
このおじさんなんでこんな汚い魚・・・撮影してんだろう?・・・て所でしょう。
■秋の浜:水温25~21℃・視界8~10m
う~ん、ここもにたような海でした。
アカホシカクレエビのお腹には、タマゴが抱かれていました。
大きなワニゴチを見たり・・・ハナハゼを見たり・・・です。
大きめのお魚を探してみたのですが、これがなかなか見つからん。
帰りがけには、クマノミ城に立ち寄りまったり・・・。
印象に残ったのは、カミソリウオ。
ここのは、赤い個体で1匹だけ。こちらの方が・・・ビジュアルは、勝ちです。

今回のゲストさんは、コンデジをレンタルしてバシバシ・・撮影を楽しんでいました。
お魚を撮るのは、難しいかも知れませんがお友達の記念写真なんてのも、楽しいものですよね。

コンデジレンタル受付けしています!是非、どうぞ。

続きを読む

イロカエルアンコウ幼魚




イロカエルアンコウ幼魚






Nikon/D300/micro105mm;UCL165-M67/D2000+S2000/

この所、さっぱり見つかっていなかったので・・・嬉しいです。
やっぱり・・かわいい。





8月4日(水)晴れ・南
午前中は、風が弱い・・・ので、暑いです。
午後からのんびり海につかりに行きました。
■秋の浜:水温25~24℃・視界7m前後
まだまだ、すっきりしない視界ですが、生き物達はボチボチ増えています。
昨日出かけた場所へ、再度訪問です。
少し流れがあったので、元気に泳いでいました。その目的のお魚は、キシマハナダイ幼魚。
ちょっと敏感な子ですが、餌が流れている時はいい感じです。
アサヒナハゴイ幼魚も2個体見つかりましたが、こちらはよく泳いでいました。
これじゃ・・居場所の特定ができにくい・・
イサキがたくさん泳いでいます。すぐ近くまで寄ってくるので迫力あります。
浅場で探し物をしていると・・・イロカエルアンコウ幼魚が見つかりました。
オレンジの小さな子。1cm前後です。
出来上がりの写真を見ると体にはすごく細かい白い点々が・・・。
この肌の質感は、幼魚の頃に見られます。

まだまだ、撮りに行けていない生き物達が居るのですが・・・明日からは、お仕事であります。

続きを読む

ハタタテハゼ




ハタタテハゼ





Canon/G10/UCL330-M67/

今シーズンも出てきましたね~

大島では、貴重な存在。



続きを読む

チビウミシダヤドリエビ




チビウミシダヤドリエビ





Nikon/D300/micro105mm/D2000+S2000/

ちょっと触手が、被ってますが・・・こんなもんです。
そうそう、いい場所にいないもんです。




8月3日(火)晴れ・南
今日も穏やかな日。ただ・・・暑いです。
午前中は、事務仕事をしていたのですが、室内でも熱中症になるのがわかる・・・ほど暑い。
■秋の浜:水温25~22℃・視界7~10m
あまりに暑いので、海へ涼みに行きました。
久しぶりにD300と潜りました。
ちょっと撮っておきたいお魚を訪問してみたのですが・・・チラリだけで終了。
そうそう!こんなもんです。
散策モードに切り替えて、うろうろ。チビウミシダヤドリエビ・ヤマドリ・フエヤッコダイが見られました。
砂地では、ハワイトラギスの幼魚?が見つかったのですが・・・穴の中へ。
う~ん、撮りたかったのに~。
オオメハゼも出始めていました。
浅場では、ヒメスズメダイ幼魚が見つかりました。
チョコマカしすぎで、難しい~。
コブダイyg・トカラベラyg・ヨコエビの仲間・ハナゴイyg・クマノミのタマゴなどが見てきました。




続きを読む

ハナゴイ幼魚




ハナゴイ幼魚








Canon/G10/UCL330-M67/

本日、セルフゲストさんと潜りに出かけたスタッフ・チエの写真です。

浅場に居るのでこの綺麗な色が好きな方・・・いかがですか?


続きを読む

イチモンジハゼ



イチモンジハゼ







OLYMPUS/C-760/UCL165-M67/

いつもは岩場に居るイチモンジハゼ。

今回は、サンゴの上に乗っていました。





8月2日(月)晴れ曇り・南
風が弱い日。蒸し暑いです。
今日は、体験ダイビングで・・・
■野田浜:水温26~24℃・視界15m以上
Yさんご姉妹の2人さまと潜りに行きました。
浅場は、すごく暖か・・。アーチ付近では、少しだけ水温が下がりますが、いい海況でした。
アーチへ向かう途中、イシガキフグの求愛が見られました。
今年は、王の浜でもこんなシーンに出会えていますが、大きなフグなので迫力があるといいますか・・
アーチの中には、イサキがたくさんです。
ゲストさんは、竜宮城・・・のようだったとの感想。
初めてこんな光景を見たら、確かにそう感じるのでしょう!
新鮮さ・・・ってすごく大事ですね。
帰りがけには、ハナミノカサゴの幼魚が見つかりました。
午後は、遊びに行こうかな~と思ったのですが、休憩にしました。
まだまだ、シーズンなので体を休ませねば・・・。




続きを読む

ハナタツ幼魚




ハナタツ幼魚





OLYMPUS/C-760/UCL165-M67/

これまた・・・久しぶりの幼魚です。

いつまで会うことが出来るのやら・・
その前に、海が綺麗にならんもんだろうか。




8月1日(日)晴れ・南西
今日は、リピーターさんと2回潜ってきました。
■秋の浜:水温22~20℃・視界3~5m
昨日よりも・・・少し悪くなったような・・・海です。
ベタナギなんですが、視界が悪すぎです。2本目は、最悪の状態かも。
1本目は、オヨギトラギス狙いです。
その場所へ着くと最初にサツマカサゴが目にとまりました。
少し探すとオヨギトラギス発見。フムフム・・トラギスにしては、かわいらしい。
チビウミシダヤドリエビ・ウミウサギの仲間・サガミリュウグウなどを見て上がり始めました。
2本目は、アカオビコテグリの子供狙い。
途中では、コハガニのペアが見つかりました。後ろから見ると形が違うので解りやすいです。
目的地へ到着すると、最初にハナタツの子供が目にとまりました。
少しして側にシマウミスズメ幼魚が居る事に気が付きゲストさんへ合図。
アカオビコテグリ幼魚も見つかりました。
浅場では、フトスジイレズミハゼ・ヒメテグリ・コブダイyg・ベニカエルアンコウ・ハナゴイyg・カエルウオ・
ヨコエビの仲間・オキナワベニハゼなどなど。
この濁りのせいで・・・?秋の浜は、空いていました。

続きを読む

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2010年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード