fc2ブログ

コガネキュウセン幼魚





コガネキュウセン幼魚







Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

ふと水底を見た所に・・・コガネキュウセンygが居ました。
動かないのかな?と思い、カメラを寄せてみました。

このお魚にとっては、ちと寒い・・今の海です。







3月18日(金)晴れ・北東~南西
空は、青い!空気は、冷えています。
午前中は、車の掃除。先日の雪でヨゴレがこびりついて・・・大変でした。
これって・・・花粉かも・・・
午後からみんなと海へ。う~~ん、空いている。
■秋の浜:水温15℃・視界7~8m
海の中の様子は、同じ感じです。ややうねりあり。
見られていたネタのチェックと散策です。
テントウウミウシは、2箇所で確認出来ました。
今年は、多いと思うので他でも見られるでしょう。
アカホシカクレエビ・ホソウミヤッコ・タツノイトコなどを確認。
白いウミトサカにタマゴのようなものが産み付けてありました。
ウミウシの仲間かな?
オグロベラのメスが、すぐに隠れちゃいました。
浅場へ移動して・・・アオサハギと出会えたのでここでゆっくり撮影。
数箇所のウミトサカをはしごしてやっと1つの場所に留まってくれました。
でも、今日は眼の調子がイマイチ?なのか・・視度調整の具合が、イマイチなのか・・・
どうも、ピントが解りにくい・・(‐‐)
こんな時は、撮りまくってどうにか、成功率を上げるしかない!
他には、コガネミノ・ハナミドリガイ・チゴミドリガイ・キイロ・ニシキ・などなど。





ニジギンポ





ニジギンポ






Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

ここで一休み・・のニジギンポです。 他にも数匹。


冷え込んでいる1日。
被災地よりは、当然ましなのです。
暖房器具は、最低限。
外に居る時と同じようなカッコでいれば・・・結構、平気。

こんな時は、早く布団に入り込んでしまうのが一番だろう。今日も早寝。

・・と言っても、いつも9時頃寝ていると言うと、ほとんどの方に驚かれてしまう。

犬のような生活・・かな。






3月17日(木)雪晴れ間あり・北東~南西
朝からかなり冷え込んでいる。そこへ雪がチラホラ・・
風が弱いので散歩の時はそんなに寒くなかった。
■秋の浜:水温15度・視界5~8mくらい
浅場のほうが、少し濁りが強いようです。
水中は、全体的に暗いめになるので水中ライトを持っていたほうが断然楽しい。
普段は、全体の景色を広範囲に眺めている方もこんな時は、
水中ライトの当たる部分を集中してみるといい。
自分でも意外なものが見つかる可能性が断然高くなる。
暗くなると水中撮影もちとやりにくくなる。
特にオートフォーカスにたよるコンデジの場合は、ピントが合いにくくなったり・・
ピンボケが増えたり・・です。
ターゲットライトを取り付けましょうね。
よく立ち寄るウミトサカでは、幹の部分がよじれていた。
もしやと思い見てみると、マルタマオウギガニでした。
このカニのせいでトサカが~~。でも、これも自然の出来事なので仕方ない。
いつも中立な立場で考えないといけませんね。
ウミトサカには、ニジギンポが数匹居ました。
しばらく観察していると、このニジギンポ・・・ウミトサカのポリプをかじりました。
こんなのも食べているんですね。
他には、スミレコボレバケボリ・ムカデメリベ・アオボシミドリガイ・ベニカエルアンコウ・などなど。





ニシキウミウシ・幼体





ニシキウミウシ・幼体







Nikon/D300/micro60mm+PCU-01/D2000+S2000/

寒い日は、心も寒くなりガチ・・

がんばれ!日本
心が、疲れきっちゃう前に・・休んでください。


そしたら・・動き出そうYO 







マロンくん




マロンくん








Nikon/D40X/

やる気マンマンの顔・・


この”やる気”のあるマロンにどれだけ、刺激を受けているか・・


ダルダルの時のマロンもすごいです。
これもある意味、刺激を受けている僕です。







続きを読む

ミミさん




ミミさん




ミミさん







Nikon/D40X/

ミミさん・・年なんだから無理しないで!

・・・って自分の事?








続きを読む

ウランちん





ウランちん








Nikon/D40X/

この時は、いつになく・・元気なウラン。






ウランちん 







これ・・・笑顔です。








続きを読む

ビシャモンエビ





ビシャモンエビ








Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

前回紹介したビシャモンエビの相方。
背景の海の色に変化が出てきました。

海の中の時間もゆっくりと経過して・・春
この季節を待っていた生き物たちも居ます。





トウシマコケギンポ




トウシマコケギンポ






Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

お気に入りのトウシマコケギンポ。
今回は、また違う場所に住んでいた子です。






3月16日(水)曇り晴れ・西
朝から西風が強いです。
船の運航は、計画停電などの影響が出ている便もあります。
運航スケジュールは、よく確認した方が良いでしょう。
■秋の浜:水温16~15℃・視界7m前後
西側は、荒れていますが、ココは静かです。
11日の午前中に潜ってから、久しぶりのダイビングです。
エントローしてみると、全体的に濁りが出てきました。
浮遊物も増えています。昨日潜っている方に聞くと、同じ感じだったそうです。
正面付近を散策してきました。
ベニカエルアンコウが、同じ場所にいるのを確認して~
気になる場所を覗くと、ヤマドリが見つかりました。5cmくらいです。
沖では、ビシャモンエビをチェック。
先日、撮影した個体の相方の方です。ここで時間まで撮影してきました。
水底から2mくらい上には、イトフエフキがたくさん並んでいます。
その中にアオリイカも・・・
久しぶりにジョーフィッシュの仲間を確認出来ました。
定番のお魚なので、そんなに度々訪問しないのですが・・・
やっぱり久しぶりに見るとかわいいです。
浅場では、チビハナダイ・スイートジェリーミドリガイ・ハナミドリガイ・
ヒメギンポ・カエルウオ・などなど。
海の中は、春の訪れ・・・です。




続きを読む

インディアンミノウミウシ





インディアンミノウミウシ






Nikon/D300/micro60mm+PCU-01/D2000+S2000/

見た事ないな~と思ったら、知らない名前のウミウシでした。
潜れば、何か発見や出会いがある。






ナカソネカニダマシ




ナカソネカニダマシ









Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

お気に入りのウミトサカに住み着いていました。

小さい生き物なんですが・・・苦労して撮る甲斐があります。





マロンの笑顔




マロンくん


ね!マロン




3月15日(火)曇り・北東
今日は、北東の風でやや肌寒さを感じる日になりました。
もともと暖房器具をあまり使用しない生活をしているので、
いつものように・・・厚着のままで部屋にいます。

今日も海休です。

被災されている方々の現状の報告
原発の被害状況
計画停電による支障
燃料不足

などなどとめどなく流れてくる情報に頭の中では、どう処理していいのか・・・
まったく整理が出来ません。

今後

余震の心配・・
原発は、いつ問題が解決されるのか・・

まだ、災害は、継続中なのかもしれません。

今は、いろんなものを浪費しないように・・ ちょっとした我慢・・
みんなが、心がければ被災されている方々に、それが届いているのだと思います。

直接的な行動ではないかもしれませんが、
この間接的な行動が、すごくすごく大事なのだと思います。

多くの方が、そんな気持ちを持っていれば・・・大丈夫!そう信じています。









タツノイトコ




タツノイトコ









Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

好きな雰囲気 

いいチャンスにめぐり合えました。






3月14日(月)晴れ曇り・南西
気温が高めです。
津波注意報も解除されています。
南西の風が、やや強めに吹いていますので秋の浜方面は、静かなんでしょう。
数日は、大きな地震が起きる可能性があるとか・・・今日の海は自粛です。
時々見るテレビでは、やはり余震が数回起きていました。
ここでは、揺れは感じませんでした。

朝から計画停電が起きるだろうと準備はしていましたが・・・
大島は、離島なので関係なしみたいです。
でも、今の僕には、関係なくても節電する事くらいしか出来ません。
これからも、続けていこうと思います。

海の再開は、明日か明後日か・・未定です。
いつものように・・・今の自分が出来ることをコツコツと始めようと思います。



続きを読む

3月13日(日)の状況


3月13日(日)晴れ・南西

AM7:20 
夜中には、地震で目が覚めた。朝起きてすぐにNEWSを見た。

東海汽船は、本日より通常の運航が始まるようです。



PM15:40 晴れ
風がやや強めに吹いています。

まだ、津波注意報が出ていますので、潜水禁止の状態です。

今後の余震が心配されるところですが、大島は今現在平穏な状態です。







イロカエルアンコウ







もしかしたら・・・
海の写真を楽しみにしている方も居るかと思いますので
海再開までは、先日のものを掲載していきます。

最近は、移動することが多く偶然出会えると嬉しいのである。

今日は、看板作りと枯葉の掃除。








みんな元気です。





ウラン




3月11日・・・ウランの誕生日でした。
この地震の日が、記念の日だった方々は、たくさん居ることでしょう。
いつもの日々が・・いつもの時間が・・過ごせる時が早くやってくることを祈るばかりです。





ミミ




マイペースなミミさん





マロン



無邪気なマロン




マロン 




最後は、マロンのジャンプ~













朝の状況

3月12日(土)晴れ

AM6:40

今現在、あとぱぱ家のある場所は、被害がありません。

朝、新潟や長野で地震が起きました。

伊豆大島には、まだ大津波警報が出ています。

東海汽船は、朝から欠航。お昼頃の便は、天候調査になっています。

津波の被害は、どの程度になるか予想が出来ませんので、まだまだ注意が必要です。

被害の報告がされるNEWS・・哀しすぎる出来事


AM10:50 晴れ曇り・北東 海は、ナギです。

元町へ買出しに行きました。町の様子は、いつものようです。
桟橋付近も通常通りでした。

飛行機は、運行していますので、観光の方などはこれでお帰りになられたのでは・・
午後の大島からの大型客船は、欠航のようです。
高速船は、天候調査中。



PM16:10  晴れ・平穏

午後に高速船・伊東への臨時便が出ました。
島へ帰れない方は、帰宅出来たようです。
旅行者も、これで帰宅出来たのでは・・・

お昼頃に野田浜へ散歩に出かけてみました。
海や海岸の様子に変化はありませんでした。
今日は、風も弱く穏やかです。



地震発生から2回目の夜が、やってくる。
被災されている方・・がんばれ。 他に言葉が出てこない。



地震と津波警報



大島にも地震がありました。
大津波警報が出ています。

今日は、午前中にみんなで海へ出かけて・・・
午後は、お休みしていました。
そこへ地震・・・・

家は、少し高い場所にあるので心配ないようです。
とりあえず・・・あとぱぱ家は、無事です。





チゴミドリガイ





チゴミドリガイ 







Nikon/D300/micro60mm+PCU-01/D2000+S2000/


オレンジのラインが、鮮やかな個体です。
個体差があるようです。






チビウミシダエビ





チビウミシダエビ









Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

ウミシダに住み着くエビの仲間。1cm弱。



続きを読む

ニシキウミウシ・幼体





ニシキウミウシ・幼体






Nikon/D300/micro60mm+PCU-01/D2000+S2000/

ニシキウミウシと言えば、大きく成長すると10cm以上のものも・・・。
小さな頃が、かわいいのは我々と一緒です。
この子は、1cmありません。








3月10日(目)曇り晴れ・北東~南西 NO.90
今日も冷え込んでますな~
午前中は、看板の作成を始めてみました。
タブン、なかなか完成しないと思いますが・・・
■秋の浜:水温15℃・視界13~15m
若干、視界に変化が出始めています。
春濁りが出始める時期なので、これも自然な現象。
浮遊物が、増えることで餌が豊富になり生き物達の動きにも変化が出てきます。
季節の変わり目なんですね。
沖へ出る途中、イロカエルアンコウの場所へ。
居なくなるだろうな~と思っていたのですが、一応、同じ岩に居ました。
沖へ出て、ビシャモンエビを撮りました。
今回は、ネジレカラマツに住み着いた子です。
ウミトサカに住み着くコシオリエビの仲間が見つかりました。
鋏脚が、やけに長い・・・
黄色のウミシダには、チビウミシダエビが居ました。
側では、ミノウミウシの仲間。
今日は、ほとんど下ばかり見ていたので視界の変化は全然気にならんかった・・(^^)




ちなみに・・・本日、撮影のビシャモンエビは、Underwater  Eyes  Selection でご覧ください。



続きを読む

ナマコマルガザミ





ナマコマルガザミ








Canon/S90/UCL165-AD/

ナマコの下側にがっちりと張り付いているナマコマルガザミ。
ナマコが動けば・・・ズリズリ砂地とずってしまうだろうに。
そんなのは、たいした衝撃ではないのだろう。

大きさは、甲幅1cmないです。





続きを読む

イロカエルアンコウ





イロカエルアンコウ








Canon/S90/

ちょうど岩の上から辺りの様子を伺っているような・・イロカエルアンコウ。
なんだか、ここから飛び立っちゃいそうな雰囲気だな。






3月9日(水)晴れ・西 NO.88+89
今日は、気持ちのいい青空の朝でした。午後にかけて風が徐々に強くなりました。
■秋の浜:水温15℃・視界15m
ココは、ナギです。うねりもスッカリなくなり気持ちのいい海。
お任せコースということで、のんびり出来るコースをうろうろしてきました。
ネコザメのタマゴの様子を見てみると、まだ、タマゴの中で包まっています。
そろそろ出てこないのかな~
沖へ出る途中、ツリディラ・バイエリが見つかりました。
ハナミドリガイに似た種です。
種の違いが、解ってきたので、今日は、すぐにこれだ!と気が付きました。
チゴミドリガイも見つかったので証拠写真を撮りましたが・・・
後で見ると実は交接中でした。く~~残念。もう少ししっかり撮ればよかった(‐‐)
ミナミギンポ・アカホシカクレエビ・タツノイトコ・テントウウミウシなどなどを見て上がり始めると、
イロカエルアンコウが見つかりました。
これって・・・この付近に居た子?だろうか。
2本目は、少し浅めです。
ベニカエルアンコウを見た後に砂地に落ちていたナマコを覗くと、ナマコマルガザミ。
久しぶりに当たりました。
他には、大きなヒラメ。お腹が膨らんでいて捕食の後のようです。
浅場では、イソギンチャクモエビ・ベンケイハゼ・イソコンペイトウガニ・カエルウオなどなど。
印象に残ったのは、ツルガチゴミノウミウシです。
テントウウミウシの隣のミルの仲間の上を歩いていました。
ウミウシのタマゴを捕食する種です。
小さかったので、ミノの先端が黒いのが全然見えませんでした。
眼が悪いのって、苦労します・・・




今日は、ショップさんツアーのガイドで潜ってきました。
平日ならこんなリクエストも受付可能です。
もし・・・ショップさんツアーのご要望がありましたら~どうぞご連絡くださいマセ。





アマクサアメフラシ




アマクサアメフラシ






Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

哺乳類の顔に似ているぞ~
皆さんは、何者に見えますか?


おちょぼな眼だけど・・・なんともいえない顔 







テントウウミウシ




テントウウミウシ








Nikon/D300/micro60mm+PUC-01/D2000+S2000/

今シーズンは、たびたび・・・出会えているテントウウミウシです。

大きくなると点々が、増えます。
こうして2個並んでいると比較しやすいです。





3月8日(火)曇り晴れ・北東~南西 NO.87
朝のうちは、雲が多めでしたがどんどん回復です。
■秋の浜:水温16~15℃・視界15m
少しうねりが残っています。
今日もセルフゲストさんと潜ってきました。
沖への移動中は、中層にイサキ・メジナがたくさんです。
魚影は濃いな~~
-25m付近からは、ウミトサカが多くなり、なにかついていないかな~と
散策するのも楽しいです。
目ぼしいものには、出会いなくて、成果はテントウウミウシのペア。
交接している訳ではなく、寄り添っていました。
ここで少し時間をさくと、残り時間もほとんどなく・・・帰り始めたところで
タツノイトコが見つかりました。
相変わらず海藻みたいな感じで・・・小ぶりなサイズです。
浅場へ帰ると少し揺れが・・・・
先週にリクエストされたツマグロモウミウシを探していたら、いい感じのが見つかりました。
この種にしては、大きめ?のが着いていました。
これで次回は、一安心・・・(^^)
居なくなっちゃったら、”あれま~”でごまかそう。






シロタエイロウミウシ





シロタエイロウウミウシ






Canon/S90/UCL165-AD/

皆様、体調を崩さないように・・・・
暖かくして、寝ちゃいましょう!

睡眠が、疲れをとるのに、一番!なんだそうです。





3月7日(月)雨・北東 NO.86
一転して真冬。南の海上を低気圧が通過している時は、こんな・・・。
雨は、然程強くなかったが、風が強い。
午前中は、事務仕事で午後からセルフゲストさんと王の浜へ。
■王の浜:水温15℃・視界7mくらい
朝のうちは、うねりがなかったのですが午後海に行ったら、南西方向からうねりが・・(‐‐)
上がってきたチームに聞くと、ロープエリアは、真っ白だそうで~~
安全第一で湾内のダイビングを楽しんできました。
揺れがあるため、当然視界は、悪いです。
ゆっくり散策。ヒメギンポの姿を多く見かけました。
それにも増して、ヘビギンポは、大量に居ました。
それに混ざって、ヨゴレヘビギンポ。
小型種のキビレヘビギンポも見られています。
ゴロタ石の下を散策してみると・・・
茶色系のヒラムシの仲間が出てきました。
他にもアマクサアメフラシ・アンコウウバウオ・ムカデメリベなど。
他にもカニやらなんやらは、どんどん出てきます。
ツマグロモウミウシ・シロタエイロウミウシなども見られています。
1cmチョイのヒメセミエビの子供も見つかりました。






トウシマコケギンポ





トウシマコケギンポ







Nikon/D300/micro60mm+PCU-01/D2000+S2000/

トウシマコケギンポのコロニーにて・・・やや小ぶりな子の方が、お気に入り。

だって、愛嬌があります。








続きを読む

オオセ





オオセ






FUJI/FinePixF31fd/

セルフゲストさんのベルに気が付いて、行ってみると・・・こいつ!
久しぶりのオオセです。






3月6日(日)晴れ・南西
今日は、暖かな風が吹いています。
西側は、荒れていて、秋の浜は、静かです。
■秋の浜:水温15℃・視界15m~
今日もセルフのゲストさんと潜りに行きました。
ピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)を見つけてから沖へ少し出ると、
ウミトサカにアオサハギが、ついていました。
オキゴンベが、乗っていたり・・・・ウイゴンベが泳いでいたり・・・
久しぶりにワニゴチを見かけました。
2本目は、ジョーフィッシュの岩の側でオオセが、見られました。
口の付近に立派な皮弁があるのが、特徴。
秋の浜では、久しぶり・・・です。
こんな時、コンデジを持っていると証拠写真を撮るのに便利です。
他には、ベニカエルアンコウ・トサカガザミ・コガネミノ・ミヤケヘビギンポ・
ヒメギンポ(産卵)・テングダイ・などなど。
ゲストさんは、マグロに遭遇したそうです。

ナギの秋の浜は・・・ノンビリ出来ますな~

明日は、南岸低気圧で・・・チト荒れそうです。




オキゴンベ





オキゴンベ





Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

サクラの季節をイメージして・・・

なんて 






3月5日(土)晴れ・北東~南西
空気は冷たいのですが、日差しがあれば・・快適。
風が弱いので、ラクチンでした。
■秋の浜:水温15℃・視界15~20m
今週末は、セルフゲストさんだけなので・・・僕は、お遊びです。
カメラを持って混雑していないような場所で遊んできました。
少し水温が下がりました。視界は、良好のままです。
1本目は、砂地方面へ。
こちらで新顔のタツノイトコのペアが見つかりました。
ちょうど今が旬の生き物のようです。
もう少し大きめに成長すると更に撮りやすくなるかも・・・
イボイソバナガニ・オキゴンベyg・コクテンカタギ・カスザメ・クロイトハゼ・
イロカエルアンコウyg・などなどを見て帰りました。
2本目は、ナカザワイソバナガニを撮りました。
海が、ナギナギだったので撮りやすい子でした。
他には、ハナミドリガイ・チゴミドリガイ・スイートジェリーミドリガイなど。




ツリディラ・バイエリ





ツリディラ・バイエリ







Nikon/D300/micro60mm/D2000+S2000/

いつも出会うハナミドリガイとは・・ちと違うな~
体に青い点が並んでいました。

ネットで調べてみると、ツリディラ・バイエリ・・みたいです。

しっかり撮影しておいて良かった~~。

実は、珍しい!  じゃない?






続きを読む

ベニカエルアンコウ




ベニカエルアンコウ







FUJI/FinePixF31fd/UCL165-AD/

奥まった場所に潜んでいたベニカエルアンコウです。
やや小ぶりな個体。
住処の前には、カーテンのようにウミシダが垂れ下がっていました。






3月4日(金)曇り晴れ・北東
今日は、空気がキンキンで一段と冷え込んでいました。
伊豆半島の大室山には、雪が・・・
■秋の浜:水温16℃・視界15~20m
うねりが取れて、水面が風でそよそよしている程度です。
エントリーしちゃうと、寒さに負けないで潜りにきてよかったな~と実感できます。
沖へ出る途中では、ハナミノカサゴの子供が餌を探している様子。
イロカエルアンコウの存在をチェックして・・・下のほうへ。
ベニカエルアンコウも定位置でチェックできました。
探し物を始めると・・・居ました!クダゴンベです。5cmくらいの子。
証拠の写真でも・・・と挑戦してみましたが、よく動きます。
あんまりいい結果も得られず、タイムリミットです。
ミナミギンポが、鰭を広げて泳いでいました。
よく見られる種ですが、こんなシーンが撮れたら!と思った瞬間、すぐに穴の中です。
ま、こんな事もあるさ。(^^);
他には、ヒメゴンベ・ミナミゴンベ・オキゴンベ・シロウミウシなど。
浅場のイワシの仲間が、綺麗です。その中に、大きなブリ?・・・

印象に残ったのは、ツリディラ・バイエリです。
聞きなれない名前ですよね!僕も初めて!
ハナミドリガイに似た奴だな~と思って撮影したウミウシは、別の種類でした。
ブルーの点々が、綺麗だったのでしっかり撮ったのが、良かった!
気を抜いちゃダメですね。






続きを読む

イロカエルアンコウ幼魚






イロカエルアンコウ幼魚






Nikon/D300/micro60mm/S2000+Snoot/

まだ~~頑張ってます!イロカエルアンコウ幼魚。





続きを読む

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード