fc2ブログ

ソウシハギ





ソウシハギ











1月10日(火)晴れ・北東
雲の少ない日。午前中は、風がやや吹いていました。
■秋の浜:水温17℃・視界15m
いい出会いを求めて・・うろうろしてきました。
沖合いでは、これといった出会いはありませんでしたが・・
魚影は濃くタカベの大群が、前を通過したり。
ほとんど撮影もしないで浅場へ。
段の上に上がってふと前を見ると、ソウシハギが、すぐ近くに居ました。
こんな時に限ってコンデジを持ってきていません(--;
今日の様子だったら、きっちり撮れた!・・・ハズ。
教訓:やっぱりコンデジは、持っていこう!





タマゴ





タマゴ



Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000










筒状のカイメンの中に産みつけられたタマゴ。
アナハゼなのか・・オビアナハゼなのか・・不明ですが、
成長してすでにかわいらしささえ・・感じさせてくれます。



何枚も撮影しましたが・・
僕のお気に入りは、このカットでした。





チゴミドリガイ





チゴミドリガイ


Canon S90 UCL165-M67






ウミウシ好きのゲストさんに教えてもらいました。
他にジュッテンイロも見つけたそうです。








1月9日(月)晴れ・北東~南西
風が弱く日差しも出てきて穏やかな日となりました。
■秋の浜:水温17~16℃・視界13~15m
最初は、クマドリカエルアンコウの方面へ。
今回もすぐに見つかり一安心。
オオモンカエルアンコウyg・イボイソバナガニ・ホウセキキントキなどなどが見られました。
久しぶりに立派なサツマカサゴと出会えました。
背中の部分が、少し尖がった感じにも見えるので・・違う種かな?
印象に残ったのは、エソの仲間
今回もほぼ同じ場所で見つかりました。
移動しないものですね・・
2本目は、壁沿いをうろうろ。
フタイロハナゴイyg・セナキルリスズメダイyg・アカシマシラヒゲエビ・スケロクウミタケハゼ・
カゲロウカクレエビ・などをゆっくり見てきました。
浅場では、クリアクリーナーシュリンプ・コクテンベンケイハゼ・チゴミドリガイ・
ホムラスベヨコエビ・などなどです。
いい3連休の締めくくりでした。






ホムラスベヨコエビ





ホムラスベヨコエビ


Canon S90 UCL165-M67








久しぶりに大きめの個体に出会えました。







オオモンカエルアンコウ幼魚





オオモンカエルアンコウ幼魚


OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67






大きな口・・・









ボブサンウミウシ





ボブサンウミウシ


Canon S90 UCL165-AD








1月8日(日)曇り晴れ・北東
風は弱めです。秋の浜は、少し波が残っています。
今日からのゲストさんも合流して2ダイブしてきました。
■秋の浜:水温17℃・視界12m~
EN前に少し流れあり情報を頂いたので慎重にコースを選んで潜りました。
テントウウミウシが、2匹寄り添っていました。
側でゲストさんが、ボブサンウミウシを発見したのを教えていただきました。
1cmくらいの大変かわいらしいサイズでした。
カゲロウカクレエビやトサカガザミ・アカスジウミタケハゼ・オオモンカエルアンコウygなどを
ゆっくり撮影しながら上がりました。
■ケイカイ:水温16℃・視界15m
ウミガメと出会えるのを期待して~ここで。
最初は、カメを求めてうろうろ・・・。気配もないので~
小物探しに変更。
ムチカラマツエビ・ナカザワイソバナガニ・ミレニアムマツサウミウシ・
トラフケボリ・ツユベラyg・ハシナガウバウオなどを見てきました。
印象的だったのは、アオサハギyg。
大きさは、1cmちょい・・です。
大きなウミカラマツに隠れていました。
このサイズ・・かわいいです。








マツサカウミウシの仲間





マツカサウミウシの仲間


OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67







中央と右側にウミウシ本体が、居ます。
周りの白いツブツブは、タマゴです。








ルージュミノウミウシ





ルージュミノウミウシ


OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67






海藻の上に乗っていたルージュミノウミウシです。
7mmくらいでした。





アンナイボウミウシ





アンナイボウミウシ


OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67






青い体色が、鮮やかなアンナイボウミウシです。






1月7日(土)曇り小雨・北東
雲が多く時々小雨。冷え込んでいます。
今日から3連休。リピーターさんとのダイビングを楽しんできました。
■秋の浜:水温16℃・視界12mくらい
少し波のある海でした。1本目は、クダゴンベのリクエスト。
途中、いつものホウセキキントキが見られました。
他のチームが、居たのでイボイソバナガニなどを見てから・・クダゴンベへ。
今日もよく泳いでいました。
アンナイボウミウシが見つかりました。小型のウミウシで5mmくらい。
2本目は、フタイロハナゴイyg。
ゲストさんは、じっくりと撮影していました。
側でウデフリツノザヤウミウシが、産卵していたそうです。
うろうろしていると・・アカスジカクレエビ・カゲロウカクレエビ・キツネベラyg・など。
帰りがけにオオモンカエルアンコウygに立ち寄りました。
他には、ルージュミノ・マツカサウミウシの仲間・ヤマブキなど。
キリンミノカサゴyg・ミズヒキミノカサゴ・ハナミノカサゴなども見つかりました。
最後は、フシウデサンゴモエビ。





キンチャクガニ





キンチャクガニ


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







1月6日(金)曇り晴れ・北東~西
予報が外れて北東風です。
■秋の浜:水温16℃・視界15m
少しだけゆらゆらしていました。
最初に沖に出てヤノダテハゼの場所へ。
少し成長して尾鰭の部分が、ヤノダテハゼらしい模様になっています。
ただ、なかなかいいポジションにならない。
鰭の広げ具合も・・。ま、いつも思い通りには行かないって事です。
イボイソバナガニやアカスジカクレエビ・チビハナダイなどを見て浅場へ。
ココでは、久しぶりに大きめのキチャクガニに出会えました。
しばらくココで遊んで上がりました。







キンチャクガニ











スジタテガミカエルウオ





スジタテガミカエルウオ


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






この時は・・・

ウンチしたり~
あくびしたり~
口をもぞもぞ動かしたり~

見ていて楽しい。






スケロクウミタケハゼ





スケロクウミタケハゼ


OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67








スケロクだろうな~なんて、勝手に思い込んでいますが・・
ホントにコレ!という確証がない。

スケロクって小さな頃は、見た目それらしい特徴がどうも解り難いです。

この子をサンゴやカイメンの上に乗っけたら、セボシだろう!なんて思ってしまうのだろう。




コトヒメウミウシ





コトヒメウミウシ


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






脳ミソのような模様?
・・・って実際の脳ミソを見たことはない。






1月5日(木)晴れ・西
午前中の作業の後に皆で海へ出かけました。
お昼頃は、日向が暖かいです。
■秋の浜:水温17℃・視界13~15m
西側が、荒れているせいか?海の中は、少し白っぽい感じです。
散策の前にウミトサカに居るスケロクウミタケハゼを撮りました。
その後、うろうろしていると、コトヒメウミウシが、見つかりました。
ベッコウタマガイの上に乗っていたので目立ちます。
先日、訪問した際には見つからなかったオオモンカエルアンコウygは、
また、元の場所へ帰ってきていました。
うろうろしているようです。
浅場では、カイメンの中にタマゴが産みつけられていました。
アナハゼ?オビアナハゼ?どの種のタマゴかは、不明ですが・・
すでに眼が出来ていてなんだか、顔つきが解る様な?・・
最後に久しぶりにスジタテガミカエルウオと遊んで上がりました。
観察中、巣穴の中でウンチをしたらしく・・口で吐き出していました。
綺麗好きなんですね・・(^^;






ミズヒキミノカサゴ





ミズヒキミノカサゴ


OLYMPUS XZ-1








ゲストさんと潜っていた時の出来事。

この前にゲストさんにミズヒキミノカサゴを教えていました。
ゲストさんが、撮影に夢中になっている時にこのシーンに出会えちゃった・・

泳いでいるシーンなんて滅多に見られない。




テト・11歳





テト 11歳 お誕生日おめでとう!








あとぱぱ家のミミさんの娘さん・・大島在住のテトも11歳になりました。

飼い主さん手作りの誕生日ケーキを前にて。







コクテンベンケイハゼ





コクテンベンケイハゼ


OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67







胸鰭の後ろに白いものが、くっついています。
寄生虫かな~







ベニカエルアンコウ






ベニカエルアンコウ


OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67







1月3日(火)曇り晴れ・北東
風は少し弱くなりましたが、まだ浅場は揺れがありました。
■秋の浜:水温18~17℃・視界15m
1本目は、クダゴンベの再挑戦です。
ゲストさんと探して早々に見つけることが出来ました。
もう1つのイソコンペイトウガニも同じような感じで見つかりました。
ちと深い場所なので、この2つで浅い場所へ移動。
僕は、近くでハワイトラギスに出会えたのでカメラを向けてみました。
2本目は、浅めの場所でリクエストの被写体めぐり。
あれこれと・・
浅場では、個人的には久しぶりのベニカエルアンコウが見つかりました。
良く見るとお腹の部分が、かなり膨らんでいました。
食後のようですね~

まだまだ、生き物が多い海です。





オオモンカエルアンコウ幼魚





オオモンカエルアンコウ幼魚


OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67








1月2日(月)曇り晴れ・南西~北東
最近は、朝のうち雲が多いです。
午後から北東風が強くなり始めました。
■秋の浜:水温17℃・視界15m
新年お初の仕事でリピーターさんとのダイビングを楽しんできました。
最初のリクエストは、クダゴンベ。
目的のウミトサカに到着してすぐに発見。ゲストさんに教えたら・・解ったようでカメラを向け始めました。
後に聞いたら、オキゴンベygを撮った!とか・・
あれれ?ちょうど同じポジションにクダゴンベとオキゴンベygが、居たようです・・
明日、再挑戦します。
2本目は、オオモンカエルアンコウygとクマドリカエルアンコウ。
どちらも無事ゲット。
他にもミズヒキミノカサゴ・カゲロウカクレエビ・ウミウサギの仲間・タテジマヘビギンポygなど。
浅場では、ザラカイメンカクレエビ・コクテンベンケイハゼ・ミヤケテグリyg・ツユベラyg・など。
アオリイカの子供が数匹梯子の側に居ました。









コバンハゼの仲間





コバンハゼの仲間


OLYMPUS XZ-1 PCU-01







この子は、眼のラインがやけに綺麗な子です。
よく見られる子とは、違う種のようです。







ホウセキキントキ





ホウセキキントキ


OLYMPUS XZ-1







1月1日(日)曇り晴れ・北東~南西
2012年はじまりました!
今年もあとぱぱをどうぞよろしくお願いいたします。
新年早々ですが、いつもの散歩気分で海へ出かけてしまった・・
■秋の浜:水温19~18℃・視界15m前後
ここ数日は、時間帯により流れが出てくるようで・・気になります。
混雑していないようなエリアでうろうろしてきました。
微妙な流れだったので、大変ではありませんでした。
キンギョハナダイは、あたり一面に居ます。
中には、ケラマハナダイyg・カシワハナダイygなどが見られました。
ムチヤギに立ち寄るとガラスハゼ?がタマゴを産み付けていました。
水温が高めだからでしょう。
帰りがけには、オオモンカエルアンコウyg・ホウセキキントキ・レンテヤッコyg・などを見てきました。
浅場では、今日も動画の練習。
マニュアルフォーカスを使う際には、デジタルズームは使えなくなるようです。
小さな生き物を大きく写すのは、難しいか・・?








2012年




フトスジイレズミハゼ


OLYMPUS XZ-1 PUC-01



伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2012年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード