ニシキリュウグウウミウシ属の1種





ニシキリュウグウウミウシ属の1種

OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67







3月31日(土)雨曇り・南西
昨日からの風は、今日も・・強い。そして、前線の通過で荒れる予報。
高速船は、条件付で出航して・・遅れて到着した次第です。
■秋の浜:水温15℃・視界5m前後
ベタベタのナギです。
1本目は、壁沿い。
暗めの海なのでウミウシなどがメインです。
沖合いでは、ツノザヤウミウシの幼体は見られました。
途中では、オルトマンワラエビ・サラサウミウシ・アカシマシラヒゲエビ・
ウミウサギの仲間・イボイソバナガニ・などです。
2本目は、右側のオオモンカエルアンコウの場所まで。
ヤギの仲間に乗っているミズヒキミノカサゴの隣にイソカサゴも乗っていました。
ジュズエダカリナに乗ったニジギンポが、かわいらしかったです。
他には、サガミリュウグ・ニシキ・ハナミドリガイ(交接)・アオボシミドリガイ・など。
浅場では、アカシマシラヒゲエビのクリーニング・ヨコシマエビのクリーニングなど。
印象に残ったのは、ニシキリュウグウウミウシ属の1種  ウミウシ。
浅場で見つかったのですが・・綺麗な色でかわいらしいです。
ゲストさんは、ゴマフビロード・トサカリュウグウ(幼)を見たそうです。
ウミウシ好調ですね。






ヒナコダマウサギ?




ウミウサギの仲間


NIKON D300 MICRO105mm UCL-165M67 D2000 S2000







外套膜の模様だけじゃ判断できないそうです。
透けて見える貝殻には、帯状の模様があるように見えます。







トラフケボリ





トラフケボリ


NIKON D300 MIcro105mm D2000 S2000






トラフケボリも2個体並んでるし・・





光る海藻




海藻

OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67







ヒラワツナギソウ?なんでしょうか?
ネットで見つかる写真では、色合いは同じですが、形状がちょっと違うような・・

きれい!って事で!








ミノウミウシの仲間





ミノウミウシの仲間


OLYMPUS XZ-1 PUC-01








浅場のゴロタ石の下で見つかったミノウミウシの仲間。






イソギンポ幼魚





イソギンポ幼魚



OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67








サンゴの中に住んでいるイソギンポ幼魚です。
顔が黒っぽくて・・ピントが、合わせにくいのなんの・・・







ハナミドリガイ・交接





ハナミドリガイ・交接


NIKON D300 MIcro105mm D2000 S2000






2匹が、体を絡み合わせている所。
交接中です。





ハナヤカケボリ





ハナヤカケボリ


NIKON D300 MICRO105mm UCL-165M67 D2000 S2000






僕の眼じゃ解りませんが・・
外套膜が、綺麗で突起もなんだか~かわいらしいのです。






3月29日(木)晴れ・北東~南西
午前中に先日から行ってる作業をして、午後から海へ。
お昼頃の海は、ナギで・・静かな雰囲気です。
■秋の浜:水温14℃・視界5m
う~ん、少し視界が悪くなったような気もしますが・・
僕の感覚でどうにか5mくらい見えてます。
今日は、ハナヤカケボリの場所へ行きました。
小さめのウミトサカの仲間に解りやすい場所に付いていました。
途中、サギリオトメウミウシを発見。ウミトサカに乗っている事が多いです。
食べているようです。
久しぶりにコノハガニと出会えました。頭の先端部分に海藻を取り付けて擬態しています。
帰りの途中では、ハナミドリガイが、交接していました。
今の時期は、個体数も増えているのでこんなチャンスもあるもんです。
浅場では、ミヤミラウミウシと遊んでEXです。





タスジウミシダウバウオ





タスジウミシダウバウオ


NIKON D300 MICRO105mm UCL-165M67 D2000 S2000







昨年から観察しているタスジウミシダウバウオ・・まだ、居ました。




コガネミノウミウシ産卵





コガネミノウミウシ産卵


NIKON D300 MICRO105mm D2000 S2000








最近、増加中のコガネミノウミウシが産卵していました。
この小さな海藻の上に・・ま~器用な事。







アカイソハゼ





アカイソハゼ

NIKON D300 MICRO105mm D2000 S2000








3月28日(水)晴れ・南西
引き続き・・快晴です。大変気持ちいい日でした。
■秋の浜:水温15~14℃・視界5m
セナキルリスズメダイygを見て沖へ。
狙いのものは、ちょっと見当たらなかったのですが、代わりにホシベニサンゴガニが見つかりました。
洗瓶タイプのウミカラマツの中に住み着いていました。
ほんの少し空いた隙間からどうには、眼が見えました。
この中に隠れていたら、身の安全は問題なしでしょうね。
他には、チヂワケボリ?が見つかりました。いつもは、浅場のイソバナに付いている所を観察していますが、
今回は、違うものに付いていました。このような場所で見たのは、初。
以前から観察しているチビハナダイの場所へ立ち寄ると・・いつもの場所で確認。
すぐ隣に同じくらいのサイズの個体も居ました。
2個体いたのですね・・気が付きませんでした。
浅場では、ミヤケヘビギンポ・ヨゴレヘビギンポ・キビレヘビギンポなどが見られました。
梯子の側で散策していると、大きめのイダテンカジカが見つかりました。
水面ギリギリに居て撮影は、・・・(--;
サイズは、今まで見た中でもかなりデカイ方です。
側には、カエルウオも居ました。
ウミウシは、ミツイラメリ・ニシキ・ハナミドリガイ・アオボシミドリガイ・ネズミ・
ツマグロモ・ミドリアマモ・ネアカミノ・サキシマミノ・コガネミノウミウシが産卵中でした。
アカイソハゼが、ケンカをしていました。
鰭を広げて・・時には、大きく口を開けるので見ごたえあり!です。






ミツイラメリウミウシ





ミツイラメリウミウシ


OLYMPUS XZ-1 PCU-01






これも小型のウミウシ。触角が、カッコイイ。





コガネミノウミウシ





コガネミノウミウシ


OLYMPUS XZ-1 PCU-01





ゲストさんとゆっくり散策していた時には・・・5~6個体?見つかった。
僕でもこの位見られているので・・かなり増えてきたのだろう。







コトヒメウミウシ





コトヒメウミウシ


OLYMPUS XZ-1 PCU-01







小さなウミウシの証拠写真を撮るには、コンデジが大変重宝してます。
XZ-1は、ピント合わせが、速い!ので、ユラユラしていても・・・かなりいけます。

コトヒメウミウシは、海藻に乗っていました。








オオモンカエルアンコウ幼魚





オオモンカエルアンコウ幼魚


NIKON D300 MICRO105mm D2000 S2000







最初に出会った頃と全く同じ場所に居るオオモンカエルアンコウです。
少し成長しましたが、まだまだ幼顔ですね・・








オキゴンベ





オキゴンベ

CANON S90 UFL-M150-ZM80







3月27日(火)晴れ・北東~南西
快晴です。日差しは暖か。
午前中に作業をして午後からみんなと海です。
■秋の浜:水温15℃・視界5m
今日は、右がわのコースへ出かけてみました。
最初に目にとまったのは、ミギマキの幼魚です。
成魚は、よく見られるのですが幼魚と出会う機会は、多くないです。
ミズヒキモノカサゴyg・を見てからその先では、オキゴンベとミナミゴンベが2匹並んでいました。
これは、面白い!と思ったのですが、すぐに動いてしまった・・
留まっていたオキゴンベだけ撮りました。
オオモンカエルアンコウygの場所へ立ち寄って様子をチェック。
この付近では、インターネットウミウシ。
他には、ハナミノカサゴ・テンクロスジギンポ・キビレヘビギンポ・
オキナワベニハゼ・ムカデメリベ・ヒラムシの仲間・などなどです。
明日もいい天気になりそう!ダイビング日和です。





ツマニケボリ





ツマニケボリ

NIKON D300 MICRO105mm D2000 S2000






キバナトサカに住み着いているツマニケボリです。
ちょうど2個体並んでいました。
写真で言うと・・進行方向は下です。

触角と眼が出てるのですが・・解りますか?





3月26日(月)晴れ曇り・西
午前中に作業をしましたが、暖かで快適。
午後から雲が増え始めました。
■秋の浜:水温16℃・視界5~7m
海は、ナギです。最初に先日出会ったボブサンウミウシの岩へ立ち寄ってみると・・
あっさり見つける事が出来ました。
今日は、イチデジで撮影してみました。
ファインダーで覗きながら撮影するのも楽しいものです。
沖へ出てジョフィッシュの仲間が、顔を出しているのを見てから少しだけ先へ。
この地帯では、ウイゴンベがやけに目に付きます。
トラフケボリが、2個体並んでいました。
他にもベニキヌヅツミも2個体。ヒナコダマウサギ?。
スミレコボレバケボリも2個体色違い?で見つかりました。
浅場では、ツマニケボリが2個体並んでいるし・・
交接するような時期なのだろうか?
ウミウサギの仲間達は、綺麗なので撮影も楽しいですよ!



テンロクケボリ





テンロクケボリ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67







水玉模様が、いいですね~
触角が出ていて・・チョコンとした眼も解ります。






マツバギンポ幼魚





マツバギンポ幼魚


NIKON D300 MICRO105mm D2000 S2000






人気のマツバギンポygです。
今日は、ガラガラだったので独り占めで撮りました。

観察していると・・
巣穴から出てきて側のイバラカンザシをつついていました。
食べているようでした。


つつかれたイバラカンザシは、穴に凹んでしまうので、
また、出てくるのを待つ・・という手順。




キビレヘビギンポ





キビレヘビギンポ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67





浅場で見かけるキビレヘビギンポです。
*尻鰭が、黄色です。






ツマグロモウミウシ





ツマグロモウミウシ


OLYMPUS XZ-1 PCU-01






海藻の中に居たので、ユラユラして・・大きさは、4~5mmです。






ボブサンウミウシ




ボブサンウミウシ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67








3月25日(日)晴れ・西
強風です。西風なので、秋の浜が、静かなパターンです。
大型客船でお越し頂いたウミウシ好きのリピーターさんと2ダイブしてきました。
■秋の浜:水温15℃・視界6~7m
コースを2つ設定して、念入りに散策をしてみました。
見られたものは・・・
コモン・ボブサン・テントウ・コガネミノ・ヒブサミノ・コトヒメ・ミツイラメリ・シロ・
ハナミドリガイ・アオボシミドリガイ・サガミリュウグウ・ニシキ(幼・成)・
ミドリアマモ・ツマグロモ・ミノウミウシの仲間・イシガキ・アオ・キイロイボなどです。
特にハナミドリガイは、また増加している様子。
コガネミノも増えはじめています。
アオもいつものような数になってきました。
ウミウシ探しは、自分でも出来るし見つけた時の喜びがまたいいものです。
小さな個体も多いので、虫眼鏡を持ち込んでみると10倍楽しめます!
写真に撮りたいなら・・クローズアップレンズ(マクロレンズ)が、必需品です。




お知らせ

今月中、お越し頂ける方へ・・株主優待券差し上げます!
郵送しますので、至急ご予約ください

ヒメギンポ




ヒメギンポ


OLYMPUS XZ-1






先日、内臓ストロボを上げるのを忘れて・・ストロボなしで撮りました。
*海中では、上げる事が出来ないのです。
ターゲットライトを当てています。





3月24日(土)晴れ・南西
前線をともなった低気圧の通過です。
朝には、雨がやんでおります。でも、海上は、荒れ荒れ・・
高速船も欠航。そろそろこのパターン・・やめてくれ~
■秋の浜:水温15℃・視界7~6m
西側は、荒れてますが、秋の浜は静かです。*うそじゃありません!
初心者さんでも潜れるような海況です。
海は、空いていて・・大型客船でお越しのダイバーさんだけが潜っていました。
天気は、いいし暖かだし・・なんだか、もったいない気分。
正面付近をうろうろ散策してきました。
ジョーフィッシュの仲間は、巣穴から顔を出していました。
近くでは、ホウセキキントキがウミトサカの横に・・
イロカエルアンコウは、ザラカイメンの上に乗っていて隣には、オキゴンベも。
浅場では、テンロクケボリ・イソギンポyg・ミドリアマモなどなどです。









クリアクリーナーシュリンプ





クリアクリーナーシュリンプ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67








3月22日(木)晴れ・南西
強風で西側の海は、大荒れです。
風の影になる、秋の浜は、静かな海でした。
■秋の浜:水温16℃・視界6m
マクロモードで散策を開始・・最初に小さなウミウシに眼がとまりカメラを向けました。
なんだか???
カメラの設定をいろいろ見ていたら・・ストロボをポップアップするのを
忘れていた!(--;気分も↓・・
この時点で-15m付近。仕方ないので・・この状態で潜ってきました。
今回は、明るめのターゲットライトをつけていたので、
これで撮影してみたりして遊んできました。
ま・・仕上がり具合は、なんともいえませんが・・どうにか撮れるものです。
次回から気をつけよっと。




アカホシカクレエビ





アカホシカクレエビ



OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67







ポリプの上にチョコンと乗っていい感じ~のアカホシカクレエビ





アナハゼ・産卵しそう・・





アナハゼ・腹部より卵管が出ている


OLYMPUS XZ-1





お腹から飛び出しているのは、卵管。
産卵場所を探している?と思われるアナハゼです。





3月21日(水)曇り晴れ・北東~南西
朝のうちは、やや雲が多めでしたが、どんどん晴れてきました。
■秋の浜:水温16℃・視界6~7m
浮遊物が多い海となっています。
いつものチシオコケギンポを見てから沖へ出て行きました。
ウミトサカの上に乗ったアカホシカクレエビを発見。
ポリプも開いていて素敵なシーンでした。
他にもヤギの仲間に乗ったアカホシカクレエビも見られています。
こちらも定番ですが、いつ見ても・・いい感じです。
ジョーフィッシュの場所へ立ち寄りましたが、今日は巣穴に蓋。
ウミウサギの仲間が、いくつか見られました。
浅場では、チヂワケボリが産卵を始めていました。
イソバナに擬態している種です。
印象に残ったのは、アナハゼです。大きさは、15cm以上個体でした。
岩の壁に向かってうろうろしていました。
腹部から突起が・・・卵管のようです。腹部も膨らんでいました。
側には、筒状のカイメンがあり、これに産み付けるのか・・としばらく見ていましたが、
結局、岩に乗って動かなくなってしまった。ゲストさんも居たので、ここで観察終了。
この後、どうなったのか・・興味あるな~
今回のような状況は、初めて見ました。
今度、この場所でタマゴを探してみようと思います。
浅場では、イソカサゴをクリーニングしているクリアクリナーシュリンプが見られました。
なんだか・・春らしくなってきました!





ホソウミヤッコ





ホソウミヤッコ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67







ヨウジウオの仲間で・・ホソウミヤッコです。
長さは、12~3cmでした。



ネッタイミノカサゴ幼魚





ネッタイミノカサゴyg


OLYMPUS XZ-1 UCL-165M67




餌を探している所のネッタイミノカサゴyg





3月20日(火)晴れ・北東~南西
祝日です。快晴の伊豆大島。大変気持ちいい・・です。
海も穏やかになりのんびりした雰囲気で潜ってきました。
■秋の浜:水温16~17℃・視界8m
本日からお越しのリピーターさんと潜りに行きました。
最初は、正面のコースでクダゴンベ・イロカエルアンコウです。
どちらもサイズは、手頃でコンデジで撮影するにはお薦めの被写体です。
側で見られているネッタイミノカサゴygが、見られました。
岩の上に乗って居たのですが、泳ぎだして獲物を探し始めました。
これが、オモチャみたいで・・かわいらしいです。
2本目は、オオモンカエルアンコウygの付近でうろうろ。
大きめのアオサハギ・アカスジカクレエビ・大きなヒラメは2個体・ベニカエルアンコウ・
イソコンペイトウガニ・ホムラスベヨコエビ・ニラミギンポなどを見てきました。
印象に残ったのは、キリンミノカサゴです。
今回の子、13~14cmくらいありました。
パット見は、ハナミノカサゴ?と思ったくらいです。
このサイズは、初めてかも。
ウミウシは、ユビ・ニシキ(幼)・ハナミドリガイ・ボンボリイロ(ゲスト発見)などなどです。





ツノザヤウミウシ





ツノザヤウミウシ


OLYMPUS XZ-1 PUC-01




4mmくらい?小さいです。
見え難い・・・



3月19日(月)曇り晴れ・北東~南西
午前中の海は、荒れ模様・・午後から少し落ち着きました。
■秋の浜:水温16℃・視界8m
北東風だったので多少の波は、覚悟していたんですが・・けっこうな波でした。
上級者限定?の海でした。
左からEN さらっと見てきました。
最初は、ルージュミノウミウシ。
沖では、ヨツバネジレカニダマシと透明なエビの仲間をゆっくり見てきました。
ウミトサカの横に居たホウセキキントキがなかなかGOOD
早々に浅場へ戻ると・・揺れで砂が舞い上がる感じです。
明日は、落ち着いてくれるかな~~





イシダイ





イシダイ

OLYMPUS XZ-1





全長・・40cmくらいあったかな・・イシダイです。

すぎぐ後ろにゲストSさんが、写っています。
Sさんは、オオモンカエルアンコウygに夢中。
う~ん、設定を変えるチャンスがあればSさんの存在が、もう少し解りやすくなったのに~

お茶の間の皆様。
大島の海には、こんな美味しそうな奴も居ます。






3月18日(日)曇り雨・北東
曇り空で時々雨。風は弱いので秋の浜方面は静かです。
西側には、ウネリが残っていました。
■秋の浜:水温17℃・視界7~8m
海中の様子は、同じ感じです。
1本目は、正面でうろうろしてきました。
クダゴンベは、今日も見られましたが・・相変わらずよく動きます。
カスザメ・イボイソバナガニ・アカスジカクレエビなどが見られました。
オオモンカエルアンコウygもカイメンの上で健在です。
側で、デカイ・・イシダイが、砂地の獲物を探していました。
僕とゲストさんの間を気にもせず・・堂々としたモンです。
2本目は、右側を散策。
ミナミギンポが巣穴から出て泳いでいました。
先へ進むとチシオコケギンポが見られます。
ミズヒキミノカサゴは、ヤギの仲間に乗っていました。
ムチカラマツエビ・ホソウミヤッコ・アカホシカクレエビ・ヨコシマエビなどを見てきました。
今日も、ウミウシがいくつか・・
ハナミドリガイ・アオボシミドリガイ・チゴミドリガイ・スイートジェリーミドリガイ・
サメジマオトメ・ニシキ(幼)・シラユキ・などです。
久しぶりなのは、ボンボリイロです。
大きさは、5mmくらいですが、触角が青いので解りやすいです。





伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード