fc2ブログ

キンギョハナダイ幼魚





キンギョハナダイ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






2cm前後の幼魚が、見られるような時期です。
浅場の岩陰に居た子にカメラを向けてみました。

どんな子に巡り合うかが・・出来上がりに左右するのかも。

久しぶりに撮りましたが、やっぱりかわいい。






キンギョハナダイ幼魚







クダゴンベ





クダゴンベ

Nikon D300 Micro105mm S2000







ちょうど尖った口を開けている・・・クダゴンベ。






5月17日(木)晴れ曇り・南西
午後から風が吹き始めました。
■秋の浜:水温20~19℃・視界13~15m
ベタナギで気持ちのいい海。水温もこの時期にしては・・高いです。
最初は、ハゼのチェック。
目的のハゼは、隠れていましたが、小ぶりなヒレナガネジリンボウのペアが見られました。
当たりを見ているとホタテツノハゼ属の1種やオニハゼの幼魚が、見られています。
深いほうのヤシャハゼは、ホバーリングしていました。
少し深い場所をブラッと見てみましたが、大きめのクダゴンベ・コウリンハナダイygなどが見られました。
深い場所には、居るんですね~
当然の事ながら、ゆっくり出来る場所ではないので・・浅場へ。
2本目は、久しぶりにウデフリツノザヤウミウシやノウメア・ワリアンスが見つかりました。
ウミトサカに乗ったアカホシカクレエビも綺麗。
浅場では、アオウミウシの交接・セスジミノ・フトスジイレズミハゼ・マツバギンポなどが見られました。
久しぶりにヌノサラシも見られましたが・・越冬した個体かも。






ウミシャボテンカニダマシ





ウミシャボテンカニダマシ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






5月16日(水)晴れ・北東~南西
快晴です。風も弱く穏やか・・
今日は、午後から海へ出かけました。
■秋の浜:水温20~19℃・視界13~15m
少しゆらゆらした感じの海です。
今日は、砂地で散策してみました。
最初に目にとまったのは、ウミシャボテンカニダマシ。
砂地にめり込んだウミエラから姿が確認できました。
次は、タツノイトコ。側でもう1個体見つかりました。
ペアのようですね~
観察していると何処からともなく・・ミノカサゴ登場。
他には、イボイソバナガニ・ホタテツノハゼ属の1種・ネコザメなどです。
中層には、イサキがたくさんでした。
浅場では、小さなキンギョハナダイを観察してみました。
ちょうど同じ穴にフトスジイレズミハゼのペアが、住んでいて・・
このキンギョハナダイygを何度も攻撃していました。
玄関先でちょろちょろするんじゃない!ってな感じでしょう。
最後は、小さなヒメテグリygを見て上がりました。







トウシマコケギンポ





トウシマコケギンポ


Nikon D300 Micro105mm UCL-165-M67 D2000 S2000








写真の練習相手にも・・お薦めです。
今回は、少しハイキー。

いろいろ試してみる遊び心が、大事。







クビアカハゼ





クビアカハゼ





クビアカハゼ





クビアカハゼ

Nikon D300 Micro105mm UCL-165-M67 D2000 S2000









冬に水温が下がらなかったので、今年はすでに越冬組のクビアカハゼが見られています。
大きめの子も居るので~今後が楽しみ。

今回の子は、やや小ぶり。逃げない子でした。









チビヌメリのケンカ





チビヌメリ





チビヌメリ





チビヌメリ


Canon S90






5月6日に出会ったシーンです。
砂地で2匹のお魚が、ケンカをはじめました。
普段は、地味な体色でも興奮すると体色が変化。
鰭も大きく広げてるし・・
貴重なシーンに出会えました。

お魚の先生に質問した所、チビヌメリだそです。






ヤシャハゼ





ヤシャハゼ


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000








今回は、泳いだりしませんでしたが・・元気な様子が見られて良かった~です。









ホシギンポ





ホシギンポ


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000








昨年、王の浜で初めて見た!ホシギンポなのですが・・
今年は、秋の浜でも確認出来ました。

もしかして~浅すぎて観察し難いだけなのかも・・










キホシスズメダイ幼魚






キホシスズメダイ幼魚


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







まだ、出始めの時期・・ですが、これからどんどん増えてきますよ~






ミナミハンドウイルカ







FUJI FinePix F31fd UWL-105AD






スタッフ・チエとイルカちゃん 






ミナミハンドウイルカ

5月14日(月)のイルカたち・・




ミナミハンドウイルカ

スタッフ・チエとイルカ




ミナミハンドウイルカ





ミナミハンドウイルカ





ミナミハンドウイルカ





ミナミハンドウイルカ





ミナミハンドウイルカ










必ず見られる訳じゃありません・・
でも、少し期待して~大島へ遊びに来て見ませんか?

自然の中で生きているイルカ達は、僕達を素敵な気持ちにさせてくれるかも・・



イルカの撮影
①ストロボ:発光禁止にしてください。
②すぐ近くに来ても~おさわり禁止です。









ミナミハンドウイルカ





ミナミハンドウイルカ





ミナミハンドウイルカ


FUJI FinePix F31fd UWL-105AD







5月14日(月)晴れ曇り・南西
午前中は、雑用をして午後から海へ出かけました。
■秋の浜:水温19℃・視界13~15m
海はベタナギです。
右側のコースへ散策に出かけてみました。
魚影が濃いですね~イサキとタカベが居り乱れて群れていました。
目的のアサヒハナゴイは、2個体見つかったのですが~すぐ隠れちゃいました。
あとはブラブラ・・ムラサキウミコチョウと出会えたのでそこでゆっくり。
浅場は、タカベの子供が群れていました。
EXすると・・イルカちゃんが登場しているようで数人が、海へ。
僕もトイレとタンクチェンジをして再度ENしてみました。
スキンの方とスキューバの方の間をビュンビュン泳ぎまくるイルカちゃん達・・
今日は、元気だな~
何度か鳴き声を聴く事が出来ました。
あと・・ウンチもしてましたね~
ヘトヘトになり・・終了。今夜もよく寝れそうです。





アラリウミウシ





アラリウミウシ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67





2個並んでます。何か食べているのでしょうか・・
側にもう1個体いました。





ブダイ





ブダイ

OLYMPUS XZ-1





ホンソメワケベラにクリーニングをしてもらっているブダイ。
海藻を食べるので歯に引っかかってますね~





5月13日(日)晴れ曇り・北東
今日も穏やかな陽気です。
秋の浜は、少しユラユラした感じですが、問題なし。今日も2本潜ってきました。
■秋の浜:水温19~18℃・視界10~15m
浅場は、全体的に白っぽいです。
1本目は、壁沿いです。
先日出会えたアサヒハナゴイygは、見つからず・・スジハナダイだけでした。
やはり深~い場所へ移動してしまったか・・
帰りながらあれこれ・・撮影して帰りました。
2本目は、正面をのんびりです。
大きなクビアハカゼ・イソコンペイトウガニ・イボイソバナガニ・アカスジカクレエビ・
ジョーフィッシュ・ホウセキキントキ・などを見てきました。
2本終了して片付けをしていると~すぐ側にイルカちゃんの背鰭発見。
まだドライを着ていたゲスト2名さんにすぐ準備して入りな~!とお薦めしてみたら~
もう20mも泳がないうちに眼に前に登場。すぐ側をうろうろうしてくれたようです。
僕は、もうドライを脱いでいたので入りませんでしたが、
ゲストさんたちはすごくいいタイミングで入り素敵な時間を味わえた様です。
自然の生き物達との出会いは・・やっぱり嬉しいですね。

そんな訳で自然を大切に!・・生活しましょう。



チシオコケギンポ





チシオコケギンポ


Nikon D300 Micro105mm UCL-165M67 D2000 S2000





赤タイプのチシオコケギンポです。



マツバギンポ幼魚




マツバギンポ

Nikon D300 Micro105mm D2000








5月12日(土)晴れ曇り通り雨・南西
穏やかな雰囲気の週末。夕方前には、雷が鳴り雨が降りました。
■秋の浜:水温19~18℃・視界10~13m
少し白っぽい感じですが、水温はマズマズ。
最初は、リクエストのオオモンカエルアンコウyg。
いつも乗っているカイメンは、かなりダメージを受けてます。
そろそろ・・動くのだろうか?
ハゼを探してみると~ヤシャハゼが見つかりました。
ムチカラマツエビ・アオサハギなどを見て浅場へ。
テントウウミウシ・ヤマブキウミウシウ・キカモヨウウミウシと出会えました。
2本目は、壁沿いを散策。
サクラダイyg・フタイロハナゴイygが見られています。
アナモリチュウコシオリエビは、数箇所で見られました。
側でアラリウミウシが、2個体並んでいたりコガネミノが交接していたり・・
クビアカハゼは、越冬したような大きめの個体が見られました。
他にもいろいろです。





イルカちゃん達の動画














今日は、スキンで入りましたが・・プカプカしちゃってNGです。









アカイソハゼ





アカイソハゼ


Nikon D300 Micro105mm UCL-165M67 D2000 S2000







浅場でよく観察できるアカイソハゼ。
隣にもう1匹して・・ケンカをしている最中でした。
ちょっとお邪魔して、怒っている顔をパチリ。










ナノハナフブキハゼ





ナノハナフブキハゼ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






5月11日(金)晴れ・北東~南西
朝から快晴です。午後くらいから雲が出始めてきました。
海はベタナギ~
■秋の浜:水温18℃・視界10~15m
少し視界が良くなったな~と感じながらウロウロ・・
今日は、ハゼモードで散策してみました。
ヤシャハゼは、少し敏感でしたが、ヒレを動かしたりする仕草が見られました。
泳いでくれると嬉しいんですけどね~
ヒレナガネジリンボウは、すぐ巣穴へ。
ホタテツノハゼ属の1種は、数箇所で。
で・・いつものクビアハハゼも。
印象に残ったのは、すごく久しぶりに出会えたナノハナフブキハゼ。
深~い場所へ行けば、見られるハゼですが・・今回の子は、この種にしては浅め。
全身は見られませんでしたが、綺麗な黄色の点々模様は、よく見えました。
浅場では、キホシスズメダイygが出始めていました。
またまたマツバギンポygと遊んでしまった~
段下で後ろを振り返ると、イルカちゃんが、通過して行きました。
EX後にスキンでちょっとだけ入ってみたら・・1回だけすぐ近くまで来てくれました。
そういえば・・昨日のゲストさん見たい!って言ってたな~~






アオウミガメ





アオウミガメ


Canon S90 UFL-M150-ZM80





ケイカイで出会えた大きめのカメ・・
なんですが、カメラの設定失敗でブレブレです。

雰囲気だけ感じてください。






ウツボと・・





ウツボ+ゲストさん

Canon S90 UFL-M150-ZM80







5月10日(木)晴れ曇りのち雨・北東~南西
午前中は、穏やかな雰囲気の陽気でした。
午後から雲が増えてきてのちに雷雨。
今日は、日帰りのゲストさん達と潜りに行きました。
■秋の浜:水温18℃・視界10m
ナギの海です。初心者のゲストさんも居たので、様子を見ながら~沖へ。
エアーの問題もなさそうで普通に潜る事が出来ていました。
あれこれと見ながらジョーフィッシュのエリアで折り返して帰りました。
定番のお魚達を見ながら遊んできました。
■ケイカイ:水温17℃・視界10m~
ここではカメと出会えるのを期待して~沖へ。
思ったより沖では、流れがありました。
早めにUターンしてカメ探しをしてみると・・大きめの子に出会えました。
慎重に近づいたので、かなり近くで見ることができました。
ちょうどゲストさんのすぐ側を通過してゆっくりゆっくり泳いで行きました。
こんな場面では、動画で撮影すればよかった~~(--;全く頭に浮かばなかった・・
次回の課題にします。
側でももう1個体見られました。
他にもいろいろです。






オオウミウマ




オオウミウマ






オオウミウマ






オオウミウマ



① FUJI FinePix F31fd UWL-105AD S2000
② ③ FUJI FinePix F31fd UFL-M150-ZM80 S2000







GWの合間に情報を頂いて探してみました。
30分以上探したな~~

すごく立派な大きなオオウミウマに出会えて感動です。











ハナミノカサゴ




ハナミノカサゴ


FUJI FinePix F31fd UWL-105AD







5月9日(水)曇り雨
海休です。






キタマクラ





キタマクラのケンカ




キタマクラのケンカ


OLYMPUS XZ-1








GWの合間に出会えたシーンです。
幼魚の姿がよく見られるようになった今日この頃。

オス同士が、ケンカをしている所です。
興奮している時には、体の色が大変鮮やかになり・・
お腹部を広げます。

見合って見合って・・の最中です。







ミナミハンドウイルカ



5月7日のイルカちゃん達の写真です。


ミナミハンドウイルカ




ミナミハンドウイルカ




ミナミハンドウイルカ










① Canon G10 スタッフ・チエの写真です。

②③ FUJI FinePix F31fd UWL-105AD






サクラダイ・メス





サクラダイ・メス

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






5月8日(火)晴れ曇り・南西
風が弱めで穏やかな日です。
午前中には、器材の片付けと掃除をして午後から静かな海へ。
■秋の浜:水温19~18℃・視界8~10m
海へ到着して最初にイルカチェック。居ないようなので、いつものように散策してきました。
昨日よりは、少し視界が回復。
沖へ出てサクラダイ・メスが、数個体見られたので、ここで遊んできました。
なんだか、久しぶりのイチデジで眼が~~(--;
側では、スジハナダイやケラマハナダイygなども見られました。
浅場へ戻りながら、クビアカハゼの場所へ。
目にとまった個体の巣穴が、側にありません。
この子にカメラを向けてみると、ぜんぜん逃げません。というか・・逃げる巣穴がない。
こうなると撮り放題ですね!ゆっくり遊んできました。
梯子の側では、カエルウオが岩場に居ました。
以前、王の浜で見られたホシギンポも見つかりました。
秋の浜では、初めて!みました。
いや~楽しかった。






イルカちゃん達







FUJI FinePix F31fd UWL-105AD





5月7日(月)晴れ曇り・通り雨・南西
GWが終わり~朝から片づけをしていました。
午後からスタッフ・チエが、海へ出かけました。
しばらくして、イルカが居る!と電話。
その後、諸事情でSHOPへ戻ってきたスタッフ・チエと僕も海へ出かけてみました。
到着すると、ベタナギの海で~時々水面に背鰭を出すイルカちゃん。
海中は、やや濁りがありましたが、近づいてきてくれるイルカたちの姿を見ながら~
癒しの時間を満喫してきました。
今日は、よく寝れそうです(^^)




ヘビギンポ





ヘビギンポのオス


Canon S90 UCL-165AD






黒い体色に変化しているヘビギンポに出会えるようになってます。
産卵シーズンの証ですね~
観察中にどんどん色が変化して行きました。






5月6日(日)曇り晴れ・南西
今日も南西の風になりましたので、秋の浜で潜りました。
■秋の浜:水温19~18℃・視界10~13m
GW後半の最終日になってようやくべたなぎです。
波のない水面は、気持ちがいいほどです。
1本目は、リクエストでオオモンカエルアンコウygの場所へ。
途中、ネコザメのタマゴを探してみました。
1個見つかったのですが、手にとって見ると・・ボロボロで抜け殻でした。
すでにハッチアウトしたタマゴでした~残念。
オオモンカエルアンコウygを見てカスザメも側に居ました。
印象に残ったのは、ネズッポ科の仲間のケンカです。*只今、取調べ中。後日、掲載
大きさは、6~7cmのオス同士が、相手を威嚇。
口をあけて”ガオ~~”と吠えているかのような顔つき。
側には、小ぶりなメス。
昨日のクツワハゼのケンカと似たようなシーンでした。
これ~動画で撮ればよかった~~。
浅場では、いつものコクテンベンケイハゼの場所でタカノハダイがクリーニングを受けていました。
すぐ隣に順番待ちのようにブダイが、ゴロン。
すぐ横に横たわってしまいました。
変な奴~。
今日も面白い光景に出会えて満足!満足!
あとは・・他にもいろいろです。




伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード