FC2ブログ

ミナミハコフグ幼魚





ミナミハコフグ幼魚


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







1cmちょいくらいの時期は・・ミナミハコフグなんだか・・ハコフグなんだか・・
何度も何度も撮影して見比べてみているのですが、見分けが付かないようです。
しばらく成長を待つのであります。

*一応・・ミナミハコフグygにしてますが、?マークです。




ワレカラの仲間





ワレカラの仲間


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







ふと見た場所で・・海藻の上にワレカラの仲間です。






フタイロハナゴイ幼魚





フタイロハナゴイ幼魚


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






6月1日(金)晴れ曇り・南西
いい天気です。日差しは強いね~~
午前中には、生き生きとしてきた雑草との戦い!
雑草があるかないかで・・ジメジメ感がかなり違います。
午後から海へ。
■秋の浜:水温19~18℃・視界10~13m
なんとな~く右のコースをうろうろしてきました。
魚影は、濃いです。所々でキンギョハナダイが、集まっています。
その1つ1つをよく見ていくと、最近は、違う種が混ざっていたりして~
アサヒハナゴイyg・フタイロハナゴイyg・アカオビハナダイygなどが見られました。
斜面の岩の上には、大きなヒラメ・ミナミギンポなど。
帰る途中でまたクビアカハゼに立ち寄りました。
カメラの設定を変えて撮影してみたかったので、試してみました。
すると~同居しているコシジロテッポウエビが忙しそうに巣穴の掃除中でした。
2匹が、ぞろぞろと巣穴から出てくる事も。
観察も出来たし、撮影データもとれたし・・いい感じでした。
浅場では、キンチャクガニやベニカエルアンコウです。
キビレヘビギンポは、婚姻色になっていました。
印象に残ったのは、イナセギンポygです。大きさは、4cmくらい。
年に1個体くらい確認できるくらいの遭遇率です。
ふらふら移動していたので、次は、同じ場所に居るだろうか??





伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード