FC2ブログ

ナンヨウハギ幼魚





ナンヨウハギ幼魚

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






9月5日(水)晴れ曇り・南西
海は穏やかです。
■秋の浜:水温24~22℃・視界12~20m
久しぶりに右側をゆっくり潜ってきました。
斜面の上や浅い場所には、イサキが大変多い。
キンメモドキも群れています。
最初にマダラタルミygを見ました。
以前に見た場所と似たような場所です。
僕としては、2度目の出会いでした。
次は、ノコギリハギyg。2個体一緒に居ました。
1匹が移動するともう1匹が着いていく・・怪しいです。
沖では、すごく綺麗な水。
引き返して浅場では、イシガキカエルウオが見つかりました。
まだ、小さな個体ですぐに穴へ。出来れば・・全身をじっくり見たいです。
ヤリカタギygやナンヨウハギyg・コバンハゼの仲間・ヒトスジギンポygなどなど。
昨日に引続き・・今日もカエルウオは、産卵をしてました。
産み足りなかったのか?メスが入れ替わって別の子なのか・・
■ケイカイ:水温27℃・視界15m
ここも海は、ベタナギなんですが・・沖は激流です。
イボヤギの根付近でUターンしました。
根の谷間にイサキがたくさん居ました。
大きなカメも見られたんですが・・・遠い~
印象に残ったのは、ヒゲニジギンポygです。
僕は、ハジメテ!見ました。
よく動いてたから・・次回は、居ないでしょうね。
同じタイミングで潜ってた若者チームは、更に沖の根でハンマ~見たそうです。
う~ん、軟弱ダイバーの僕には、無理だ・・




カエルウオの産卵





カエルウオ産卵

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






産卵行動は、1日で終わってそのままタマゴを守り始める。
守り始めたら他の子が来ると、追い払うと思ってました。

コレは、僕の勝手な思い込みでした。

この産卵行動は、昨日と同じパイプの中で行われていました。





マダラタルミ幼魚





マダラタルミ幼魚

OLYMPUS XZ-1






少し前から現地ガイドさんにお話は聞いて居たのですが・・
やっと本日、確認してきました。

この子は、マダラタルミの幼魚でしょう。

ホホスジタルミ幼魚がいるの?てな話もありますが・・
もしかして、同じ場所にもう1個体居るのかな_?

楽しみです。




伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード