fc2ブログ

コミドリリュウグウウミウシ




コミドリリュグウウミウシ?

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67








肉眼では、黒い粒です。

撮るとウミウシだと解ります。






ヒメゴンベ幼魚




ヒメゴンベ幼魚

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67








王の浜のサンゴの側でよく見かけるヒメゴンベ幼魚






フリソデエビのペア





フリソデエビのペア

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67









フリソデエビのペア

Nikon D300 Micro105mm D2000








上の写真:10/21撮影

下の写真:10/22撮影




どんなポジションに居るかは・・フリソデエビ次第です。







チンアナゴ




*写真は、トリミングしてます!

チンアナゴ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000









10月22日(月)晴れ曇り・北東~南西
今日も穏やかな日になりました。
■秋の浜:水温23℃・視界10m~
海中は、全体的に白っぽい感じです。
最初にフリソデエビの場所へ立ち寄ってみました。
今日もペアで見られてます。
居心地がよければ、しばらく見られるかな~
沖合いでは、久しぶりにアヤトリカクレエビが見つかりました。まだ小さめです。
スジハナダイ・アカオビハナダイyg・タテジマキンチャクダイ・アマモリチュウコシオリエビ・
フタイロハナゴイyg・などを見てきました。
2本目は、最初にバラハタygの場所へ。
少し待っていると、出たり入ったりを繰り返します。
ここで遊んだ後、砂地へ。
うろうろしていると細長いものが目にとまりました。
良く見るとチンアナゴ(ガーデンイール)でした。
以前、出没情報は聞いて居たのですが・・まだ、居たんですね。
ここでもしばらく粘ってみましたが、なんとなくの証拠写真だけ。
敏感なので、こんなもんでしょう~
浅場では、情報を頂いたペガススベニハゼを観察。
他には、ミカドウミウシの4cmくらいの個体が見られました。




ニシキフウライウオのメス





ニシキフウライウオのメス

OLYMPUS XZ-1








現地ガイドさんからのもらいネタです。
赤系のニシキフウライウオです。
胸鰭でタマゴを抱いていますが・・すでに次の日は、行方不明。






ミズヒキミノカサゴ幼魚





ミズヒキミノカサゴ幼魚

OLYMPUS XZ-1





先日、掲載した写真に間違いがありました。
キリンミノ幼魚でした。スミマセン・・*名前を訂正しました。

見比べてもらえば解りますが・・コレが、ミズヒキミノカサゴ幼魚です。






10月21日(日)晴れ・南西
久しぶりに南西の風が、吹いている・・
お天気も良くいい日曜日です。
■秋の浜:水温23℃・視界15m
昨日よりも海は、穏やかになり・・いい海況です。
1本目は、混雑を避けて・・正面付近でゆっくりしてきました。
ヤギに乗ったアカホシカクレエビやタマゴを抱いているアカスジカクレエビ・
ペアだったアカハチハゼは、1匹でうろうろしてました。
ヤセアマダイも見られてます。
その他あれこれとゆっくり見てきました。
2本目は、現地ガイドさん情報の場所へ。
黄色のゴツイ・クマドリカエルアンコウとフリソデエビのペアが見られました。
側では、フタイロハナゴイygも見られました。
浅場では、みなさん目にとまったお魚を撮影・・
のんびり出来るいい時間です。



ハナミノカサゴ





ハナミノカサゴ


Canon S100 UFL-M150-ZM80







イノン社 マイクロ魚眼レンズで撮影してます。
このレンズを使い始めてから、そろそろ1年以上経つと思うんですが・・・

このレンズを使っている方を見たことがない・・


用途が限られるからか??




ヤシャハゼ





ヤシャハゼ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000





セボシウミタケハゼ





セボシウミタケハゼ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67








10月20日(土)曇り晴れ・北東
思ったよりも海が穏やかになりました。
秋の浜は、少しだけのウネリで問題なく潜れました。
■秋の浜:水温23℃・視界10~13m
海が荒れたのは、昨日だけだったので海の中の様子に然程変化はありませんでした。
最初は、正面付近。
印象に残ったのは、ミズヒキミノカサゴyg。
今回は、ヤギの仲間に乗ってました。なかなかいい光景です。
2本目は、右側へ。
サンゴに乗ったセボシウミタケハゼは、プレッシャーがかかるとサンゴの裏へ隠れるようです。
一緒にサンゴハゼの仲間も見られました。
印象に残ったのは、アオサハギyg。
最近、遭遇率が高め。かわいいのでお薦めです。
他にもノコギリハギygも2箇所で見られました。
3本目は、正面と壁付近。
印象に残ったのは、ニシキフウライウオです。
現地ガイドさんが、教えてくれたネタです。
濃い赤系のメスの個体でした。お腹には、タマゴが抱かれていました。
他には、バラハタyg。
綺麗なお魚なんですが・・岩のl隙間を出たり入ったりで。
他にもいろいろ・・

浅場のイワシの仲間は、相変わらずのいい感じの群れです。





ミヤコウミウシ





ミヤコウミウシ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






浅い場所で見かけることが多い種です。
3.5cmくらい。

このくらいのサイズのウミウシをサクッと撮影出来るような練習をしておくと・・いい。
これからの時期・・練習には、いいシーズンです。





フシウデサンゴモエビ





フシウデサンゴモエビ

OLMYPUS XZ-1 UCL-165-M67






浅場で見られるフシウデサンゴモエビです。
ゴロタ石の隙間などで見つかる事が多いので、じっくり探してみましょう。

この個体は、2cmくらい





オオモンハタ幼魚





オオモンハタ幼魚


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67









10月19日(金)晴れ
昨夜から風が強くなり朝まで。

朝から気持ちのいい晴れでした。

流石に波高し。


明日は、どうなるかな~~







キリンミノ幼魚




キリンミノ幼魚

Canon S100 PCU-02







手持ちのUN社のCUレンズ/PCU-02をレクシーのハウジングに取り付けるように自作。
少し倍率が高めのレンズなので、寄らないとピントが合いません。
でも、この被写体ならOKでした。

これからの時期・・ウミウシとかに便利かも。






 


ナガサキスズメダイ+クリアクリーナーシュリンプ





ナガサキスズメダイ+クリアクリーナーシュリンプ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






微妙な距離が・・

エビの気分次第なんですね。





アカハタ+アカホシカクレエビ





アカハタ+アカホシカクレエビ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






10月18日(木)曇り雨・南西~北東
朝のうちは、もわっとした暖かさ。
今日は、風が強く吹く予報でしたが・・弱いままでして、海も問題なし。
■秋の浜:水温23℃・視界10~13m
浅場から深場まで水温の変化がない状況が続いています。
イソギンチャクの側でアカハタが、居ました。
ホンソメワケベラにクリーニングを受けていましたが、アカホシカクレエビも乗っていて・・
口の中や顔の回り・・鰓ブタなどをクリーニングしていました。
至れり尽くせり・・ですね。
浅場のクリアクリーナーシュリンプの場所では、ナガサキスズメダイがおちょぼ口を開けて
クリーニングをねだっていました。
こうゆうシーンは、お魚の表情が観察できて楽しいです。
他には・・・久しぶりにミズヒキミノカサゴygが見られました。
他にもいろいろ・・です。
明日は、台風が南の海上を通過していく予報。




ミヤケテグリ幼魚





ミヤケテグリ幼魚





ミヤケテグリ幼魚


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67








最近、また小さな子たちが姿を現してます。

*写真は、別個体です。






ヤシャハゼ幼魚





ヤシャハゼ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







10月17日(水)曇り・北東
風は弱めです。西側のうねりは、少し弱まりましたが、また、台風接近で変化していく事でしょう。
秋の浜は、ダイビングOKです。
■秋の浜:水温23℃・視界13m
今日は、砂地のハゼ探しをしてきました。
ヤシャハゼは、小ぶりな個体を2箇所で見つかりました。
ヤノダテハゼ・ホタテツノハゼ属・オニハゼ・オトメハゼ・ミナミダテハゼ・
クビアカハゼ・ダンダラダテハゼなどを見てきました。
共生しているエビが巣穴の掃除をしている時は、撮り易いです。
他には、キンチャクダイyg・タテジマキンチャクダイyg・キンチャクガニ・などなど。



ニシキフウライウオ





ニシキフウライウオ

Canon S100 UFL-M150-ZM80 S2000






今日は、遊びなので・・
マイクロ魚眼+外部ストロボ仕様に挑戦してみました。






10月16日(火)晴れ・北東
快晴です。風も歩然程強くならずに海は、好調。
西側は・・ウネリです。
■秋の浜:水温24~23℃・10~13m
右側のニシキフライウオの情報をもらって撮影に出かけてみました。
深いので見つからなかったら早々に引き上げるつもりだったのですが・・
運良くすぐに目にとまりました。
お腹にタマゴを抱いたメスです。
*残念ながら、深い場所なのでガイドは、出来ない場所・・です。
帰りがけには、ハタタテハゼ・セボシウミタケハゼ・ヒトスジギンポなどを見てきました。
2本目は、ハゼ探し。
ヒレナガネジリンボウが目にとまったのでそこで遊んできました。
浅場では、イロブダイyg・マルクチヒメジの黒バージョン・コウワンテグリ・ミヤケテグリyg・など。
楽しい海が続いてます。




アカハチハゼのペア





アカハチハゼのペア

OLYMPUS XZ-1








ピッタリと寄り添う2匹。





イレズミハゼ属の1種




イレズミハゼ属の1種

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







10月15日(月)曇り・北東
雲が多めの1日。午前中には、体験ダイブです。
海を見ながら説明して・・少し波があるけど、がんばる!って事で潜りました。
お2人とも、しっかり海を満喫して頂けてよかった!です。
海中は、快適そのものでした。
午後から1回遊びに出かけました。
■秋の浜:水温24℃・視界15m
ニシキフウライウオを撮ろうかな~と思い出かけてみたものの・・居ません。
側には、他にも居心地の良さそうな場所がたくさんあるので移動したんでしょうね~
ま、いいか・・
他の被写体を探してみました。
アカスジカクレエビは、そこらじゅうにたくさん居ました。
今回は、ヨツバネジレカニダマシにしてみました。
小さな奴なのでコンデジの場合は、マクロレンズを使う方が良いでしょう。
帰り道では、セナキルリスズメダイや立派なアカハチハゼのペア。
アカハチハゼが、2匹でピッタリ寄り添っています。
この位の水深だと、撮り易いです。
浅場では、先日ゲキチンしたイレズミハゼ属の1種を再挑戦してみました。
逃げないでじっとしている子にピントを合わせてるのですが・・
どうも背鰭付近にピントが来てしまいます。
アレコレ試してみたものの・・思うようにいきません。
顔の部分よりもピントの合わせやすい場所をひろってしまうような気がします。
ちょっと別のものでまた挑戦してみます。
浅場では、イワシ仲間が・・いい感じです。





ミチヨミノウミウシ





ミチヨミノウミウシ

OLYMPUS XZ-1 UCL165-M67








大きさは、4~5mmのミチヨミノウミウシです。





アカホシカクレエビ





アカホシカクレエビ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67








10月14日(日)曇り雨・北東
朝から小雨の降るお天気になりました。
北東風なので、秋の浜は波。西側は、うねりです。
■秋の浜:水温23℃・視界15m
今日もゆっくり撮りたい!コースです。
然程移動しなくても、あれこれと見られますね・・
ウミトサカに乗ったアカホシカクレエビが、僕のお気に入りでした。
他にもアオサハギygが、ウミトサカでうろうろ・・
ムチカラマツエビは、ペアで見られました。
2本目は、正面へ。
ニシキフウライウオまで足を伸ばしました。
お天気のいい日にゆっくり撮りたいものです。
他にも・・いろいろです。




クツワハゼのケンカ





クツワハゼのケンカ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







浅場でこんなシーンに出会えました。

場所の関係で・・カメラのポジションが限定されてしまいましたので、
こんなアングルになりました。







オキゴンベ幼魚





オキゴンベ幼魚

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






今週末は・・・
ミラーレス・カメラでP社とO社の2台
コンパクトデジカメでO社 2台

皆さん新しいカメラで楽しそうです!

これからの時期は、海も空いてくる季節になりますので、
撮影の練習は、この時期にバッチリ!やりましょう。

テーマを決めて練習すれば、上達も解りやすい!かも・・ネ。





10月13日(土)曇り・北東
今日も北東風ですが、かなり風が弱くなりました。
西側には、台風の影響でウネリが入り始めています。
今日は、秋の浜が潜水可能。
■秋の浜;水温24℃・視界15m
水面の風波だけです。中は、穏やか。
今週末は、何故か・・おNEWのカメラを持った方が、ほとんど。
そんな訳で皆さんのご希望で出来るだけゆっくりと撮れる時間を確保できるようなスタイルで潜りました。
手頃なエリアまで行って後は、ゆっくり撮影の練習。
皆さん自分の見つけたお魚を撮影したり・・ネタを撮影したり・・です。
新発見は、ありませんでしたが・・いろいろ見られてます。
みなさん、いい練習になったかな~?




クマドリカエルアンコウ





クマドリカエルアンコウ


OLYMPUS XZ-1








週末、ゲストさん発見のクマドリカエルアンコウ







アカホシカニダマシ





アカホシカニダマシ




アカホシカニダマシ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67








先日、王の浜で出会えたシーンです。
2匹で向かい合って・・・何してるのでしょう??






伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード