スケロクウミタケハゼ





スケロクウミタケハゼ


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






10月31日(水)晴れ・北東~南西
午前中に雑用をして、午後から海へ出かけました。
■秋の浜:水温22~21℃・視界10m~
今日は、右側のコースに出かけてみました。
微妙な流れの中・・タカベがすごい群れで移動していました。
その背後には、ブリが数個体。
斜面で散策を始めると、アオウミガメを発見。
岩の隙間に顔を突っ込んでお休み中のようでした。
すぐ後ろでゴショゴショしていると流石に気になったようでして・・
逃げて行きました。
浅場でブラブラして上がりました。






トウシマコケギンポ






トウシマコケギンポ

Canon S100 PCU-02 S2000 Snoot






10月30日(火)曇り・北東~南西
■秋の浜:水温21℃・視界10m
流れがある海でした・・疲れた~~
今日は、コンデジ+外部ストロボの練習をしてきました。
設定をあれこれといじりながら・・
まだまだ、練習が必要だ!







トウシマコケギンポ







ヤセアマダイ




ヤセアマダイ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







水底から少しだけ浮いた状態でホバーリングしている。
止まった瞬間が、チャンス。





ヤシャハゼ




ヤシャハゼ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






キザクラハゼ




キザクラハゼ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







深い場所で見られるハゼです。
すぐ隠れてしまった・・・





ウミウシカクレエビ





ウミウシカクレエビ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000








ウミウシカクレエビ










このナマコの上に数個体乗ってました。








ニシキフウライウオ





ニシキフウライウオ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






10月29日(月)晴れ・北
昨夜からの雨もすっかり上がり・・快晴です。
午前中に1回だけ潜って来ました。
■秋の浜:水温22~21℃・視界10m~
砂地でハゼ探しをしてきました。
なかなか新発見が、ありませんが・・ついでにいろいろ出会えるので楽しいです。
帰りがけにニシキフウライウオに立ち寄ってから帰りました。
浅場では、ウミウシカクレエビとゆっくり遊んでEXです。
まだまだ、魚影は濃いです!



シュンカンハゼ+ソラスズメダイ






シュンカンハゼとソラスズメダイ

OLYMPUS XZ-1






浅場で見られるシュンカンハゼ。
今回は、少し手前に出ていたのでカメラを向けてみました。

すると~ソラスズメダイが寄ってきてこんな感じ・・

別に意味のない・・2ショットです。

でも、僕はこんな雰囲気好きなんです。




タテジマキンチャクダイ幼魚






タテジマキンチャクダイ幼魚

OLYMPUS XZ-1







水底のツンツンしてました。何か食べているのでしょうか・・
少し成長して模様に変化がでているタテジマキンチャクダイです。






10月28日(日)曇り・北東
昨日より風が弱くなりましたが、まだ、少し波・・
海中の様子は、変化ありません。
■秋の浜:水温22~21℃・視界10m~
1本目は、ハゼ狙い。
今日もヤシャハゼは見られたものの・・ちと敏感です。
ヤノダテハゼは、数箇所で目に止まりました。
ヨシオキヌヅツミ・オキゴンベyg・ヤギの仲間に乗ったミズヒキミノカサゴygなど
をゆっくりと見て上がりました。
2本目は、リクエストのイロカエルアンコウyg。
今日も同じ岩に居てくれました。
そこでゆっくりしてから散策するとシロタエイロウミウシ・タテジマキンチャクダイyg・など。
ニシキフウライウオのペアが見られました。
以前にこのエリアでメスだけ見られたのですが・・
やはり相方が、居たんですね。
浅場では、じっくり撮影の練習をしていただき・・EXです。




ヤノダテハゼ






ヤノダテハゼ






ヤノダテハゼ






ヤノダテハゼ幼魚






Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000




ハゼ探しをしていて時々見かけるヤノダテハゼです。

上の写真
幼魚サイズ・眼の上に2本ライン。眼の下のラインは、薄い。消えかかっているのか?


真ん中の写真
少し成長した個体ですが、これ以上に成長するんでしょうね。
大島では、この位までかな。
目のラインは、ないです。 眼の下のラインもなし。
      

下の写真
幼魚サイズ・眼の上に2本ライン。眼の下のラインは、ハッキリしている。





キカモヨウウミウシ




キカモヨウウミウシ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67








大きさは、1cm弱でした。





夕日






夕日


Nikon D40X








海が、静かな日は元町港の桟橋をお散歩してみては、いかがですか?







イロカエルアンコウ幼魚






イロカエルアンコウ幼魚

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




頬のKISSマークは、両方にある子です。






10月27日(土)晴れ・北東
北東風が強くなってしまいました。
経験本数の多い方々だったので、やや波ですが秋の浜で潜りました。
■秋の浜:水温22~21℃・視界10m~
EN&EXを慎重に行えば、海中はお魚たくさんの海を楽しめます。
1本目は、ハゼの仲間をメインに・・。
沖合いでは、ヤシャハゼが見られました。
あたりをうろうろしていると、他にも2箇所・・てことは、この付近で3箇所。
他にもまだまだ居そうです。
帰りがけには、ヒフキヨウジを見て上がりました。
クビアカハゼ・ヤノダテハゼ・オトメハゼ・ミナミダテハゼ・ヒレナガネジリンボウなど。
2本目は、イロカエルアンコウygに立ち寄って~フリソデエビ。
手前に1個体見られたので、これをメインに撮影。
久しぶりにベニヒレイトヒキベラygと出会えました。
かわいい色してます。
他にもいろいろ~です。

明日は、少し風が弱くなる予報なんですが・・どうだろ?







イロカエルアンコウ幼魚








ダンダラダテハゼ




ダンダラダテハゼ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







今回は、少し場所を変えて捜索してみたら・・ダンダラダテハゼは、数箇所で目にとまりました。

共生エビと・・・




アオサハギ




アオサハギ

Nikon D300 Micro105mm D2000









夕日






夕日

Nikon D40X








元町港の側から・・


ウミウシカクレエビ





ウミウシカクレエビ

Canon S100 UFL-M150-ZM80








10月26日(金)晴れ・北東
日中は、暖かです。
海での休憩も気持ちいいくらいです。
今日は、セルフゲストさんと海へ出かけました。
■秋の浜:水温22~20℃・視界10m
ガイドは、なしなので・・2本とも遊び。
最初は、正面付近をうろうろしてきました。
オグロベラのオス・ヒレナガネジリンボウ・オキゴンベyg・ホタテツノハゼ属・などを見た後・・
ナノハナフブキハゼ?らしき奴と出会えました。
この種にしては、ちと浅めなので証拠写真を~~と思いましたが、ダメダメ。
敏感なんです。
2本目は、現地ガイドさん情報のイロカエルアンコウygをチェック。
黄色でかわいいサイズです。
のそのそ動く様子を見ながら撮影を楽しんできました。
浅場では、フトスジイレズミハゼを観察。
2匹で住んでいる場所を観察していると・・ほんの一瞬並びます。
このチャンスを狙うために・・粘りました。
浅場の楽しみにしようと思います。
印象に残ったのは、ウミウシカクレエビです。
なんと~~ニシキウミウシに乗ってました!
個人的には、ニシキに乗っているのはお初です。
やっぱり・・ウミウシカクレエビなんですね!
ウミウシが、のそのそ動いていたので、明日はもう居ないだろうな~~






ヒレナガネジリンボウ




ヒレナガネジリンボウ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000








正面の砂地エリアで出会えたヒレナガネジリンボウです。





ハクテンミノウミウシ?




ミノウミウシの仲間

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







中央付近に居るのが・・ウミウシ。

撮影してみたら、体の点々が解りました。

ハクテンミノかな?





クロメガネスズメダイ幼魚





クロメガネスズメダイ幼魚


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







体色を見た時は、メガネスズメダイ!と思ったのですが、
尾鰭の付け根が白くない・・んです。

クロメガネスズメダイは、体色のバリエーションもいろいろという事なので・・







10月25日(木)曇り・北東
曇り空で時々晴れ間です。
■秋の浜:水温22~21℃・視界10~13m
水面は風波です。
今日もブラブラ散策していると、最初にヒレナガネジリンボウが目に止まりました。
ホバーリングしていい調子だったので、少し遊びました。
次は、ヨシオキヌヅツミが見つかりました。
ムチヤギにぴったり張り付いていてます。模様が面白い。
壁沿いでは、フリソデエビのペア・タテジマキンチャクダイyg・クロメガネスズメダイygなど。
印象に残ったのは、ヤマブキハゼです。
年に1度くらい出会えるハゼの仲間なので、僕的には貴重な存在。
体の模様は、すごく綺麗。
これからの成長が、楽しみです。
浅場では、お腹がボテッとしたヌノサラシが見られました。
食後のようですね・・








クロメガネスズメダイ幼魚





この写真だと尾鰭の付け根が、白くないのが解ると思います。



イレズミハゼ属の1種





イレズミハゼ属の1種

Canon S100 PCU-02





前回は、同じ被写体をXZ-1で撮影した写真を掲載しましたが・・
今回は、S100で撮影。



横穴の少し奥にいるので、こんな時は、コンパクトデジカメの方が撮影に有利です。



背鰭の黒班が、大きいですね。
コクテンベンケイハゼになるのかな??










ヒトスジギンポ



ヒトスジギンポ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






僕が感じている、XZ-1の弱点は、青色の出方が気になる所・・

今回は、ちょっと無理やりこんな雰囲気の撮影に挑戦してみました。

被写体の青かぶりを避けるために、ストロボ光を強めにしています。



うまく調整できないものだろうか・・?







ヒトスジギンポ

Nikon D300 MIcro105mm D2000 S2000






こちらは、イチデジで・・少しハイキーにしてみました。




ヨツバネジレカニダマシ




ヨツバネジレカニダマシ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







クダヤギに住んでいるヨツバネジレカニダマシです。
小さめなので、CUレンズを使ってどうぞ!





キヘリキンチャクダイ幼魚





キヘリキンチャクダイ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000





初めて出会えたキヘリキンチャクダイygです。
見比べられるように浅場に居たキンチャクダイygも撮ってきました。




10月24日(水)晴れ・北東
朝には、風が弱くなっていましたが・・思ったより波高め。
天気は良くて、気持ちのいい日でした。
■秋の浜:水温22~21℃・視界10~15m~
沖へ出ると視界が良好です。
最初に出会えたのは、キヘリキンチャクダイygです。
個人的には、初めて見るお魚です。
サイズは、4.5cmくらいだろうか・・
キンチャクダイygと模様が似ています。
今シーズン初でハチマキダテハゼが見られました。
まだ、小ぶりな個体。色が薄めでした。
他には、ハタタテハゼと遊んだり・・アオサハギと遊んだり・・です。
浅場では、ナンヨウブダイygにカメラを向けていると・・側には、数匹のブチブダイyg。
他には、ホクトベラyg・イロブダイygも見られてます。
ハシゴの側では、今日もイワシの仲間とカンパチ。







キンチャクダイ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000



こちらは、キンチャクダイ幼魚です。










アカシマシラヒゲエビ




アカシマシラヒゲエビ

OLYMPUS XZ-1







エビ2匹とホンソメワケベラ1匹で集中的にクリーニング中です。







ハタタテハゼ





ハタタテハゼ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000





エビの仲間




エビの仲間

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






ココには、この透明のエビが何匹も住んでいました。





ペガススベニハゼ




ペガススベニハゼ







ペガススベニハゼ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000








先日、情報を頂いて撮影したペガススベニハゼです。





10月23日(火)雨曇り・南西
前線が通過して荒れたお天気になりました。
午前中は、コンプの整備。

海は、お休みです。
伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード