fc2ブログ

ウラン&マロン






URAN & MARON

Canon S90







先日、僕が留守番をしている時の写真です。

PCに向かっていると・・すぐ後ろでこんな感じで散歩をせがまれます。
手でイスをカリカリする訳です。

粘りに負けて散歩へ出発する僕なのでした~






ヒラマサ






ヒラマサ

OLYMPUS XZ-1



浅場へ戻る途中にイサキの群れが通過。
その後に出てきたのが、これ! 1mくらいありました。

タブン・・・ですが、ヒラマサ。*違っていたらゴメンナサイ





3月31日(日)曇り・北東
今日も曇り空です。
リクエストで秋の浜で2ダイブです。
■秋の浜:水温18~17℃・視界15m
水温上昇してます!西側には、激流が入り込んでいるそうです。
その暖かな潮が、こちらにも回ってきました!
海中は、かなりラクチンです。
印象に残ったのは、ツノザヤウミウシです。
セルフゲストさん発見の子を見に行ってみた所・・すぐに発見。
見た目ですぐにツノザヤと解る個体でした。
あたりをうろうろしていると、今度は別個体。
少し小さめの個体で、ミズタマじゃないよな~・・ツノザヤか?
1ダイブで2個体も見られるなんて~嬉しい!です。
他にもイロカエルアンコウygも復活。
ミギマキの幼魚もかわいかった~です。





ミズタマウミウシ





ミズタマウミウシ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67





立派なツノザヤウミウシを見た後に出てきたのが、コレ!
模様は、ミズタマですかね??

気になって今まで掲載したミズタマウミウシの写真を見返してみたら・・
体の点々模様は、黒の点だけのようです。
図鑑では、黒とオレンジや黄色の点のミックスされているバージョンもいるようです。





ミズタマウミウシ


この写真は、3月17日のもの。
先端部分の色合いが、薄い黄色のバージョンです。









ココからは、古い写真です。
一番下の写真は、まだ、小さな個体で2個体並んでいました。
大きさは、2個体ともほぼ同じ。
このステージから模様に違いがあります。 向かって右が、ミズタマで左がツノザヤ。

ミズタマウミウシ
ミズタマウミウシ
ツノザヤウミウシとミズタマウミウシ







伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード