fc2ブログ

Kさんとカエルウオ






Kさんとカエルウオ

Canon S100 UFL-M150-ZM80




5月22日(水)曇り晴れ・南西
■秋の浜:水温18~16℃・視界10~20m以上
今日は、日帰りでリピーターさんが遊びに来てくれました。
秋の浜で2ダイブ楽しんできました。
1本目は、-15m付近までは、18℃でしたが、その沖が水温低下。
でも、視界はバツグン!によくなり気持ちいい~です。
クダゴンベ・アサヒハナゴイyg・フタイロハナゴイyg・スジハナダイ・
スミレナガハナダイyg・ケラマハナダイyg・キシマハナダイygを
一気に見てきました。
2本目は、ソウシカエルアンコウを見に行きました。
今日も同じ場所で・・同じ態勢で・・見られました。
ウミウサギの仲間が、いくつか見られています。
ベニキヌヅツミのペア・ツリフネキヌヅツミ・ツマニケボリ・
ホソテンロクケボリ・セロガタケボリなど。
ガラスハゼのペア・ウミカラマツエビ・ジョフィッシュ・など見て上がりました。
浅場では、やはり・・カエルウオです。
水底に居るのも今の時期だけかもしれませんので~~
会いに来ませんか~



フトスジイレズミハゼ





フトスジイレズミハゼ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







この子は、この場所からホバーリングして何度も餌を狙っていました。

ちょうど戻ってきた瞬間です。





ガラスハゼ






ガラスハゼ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







ムチカラマツに住んでいるガラスハゼです。

このムチカラマツは、横に寝ているような状態だってので~
前から撮影してみました。






トウシマコケギンポ






トウシマコケギンポ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







ちょっと口を開けた所の・・・トウシマコケギンポです。








ワカヨウジ






ワカヨウジ

Canon S100 UFL-M150-ZM80




体長は、20cm以上ありそうな・・ワカヨウジです。





5月21日(火)晴れ曇り・南西
■秋の浜:水温18~17℃・視界10m
暑くてムシムシしてます。
秋の浜へ到着すると~誰も居ない~。ちょっと寂しい感じです。
いつものようにうろうろしていると最初にヤシャハゼを確認。
小ぶりなサイズです。
この子は、すぐにお家へ引っ込んでしまったので~
側でトラギスのオスのケンカを見物。
15cmくらいのオス同士が、鰭を広げて威嚇しあっていました。
いいタイミングだったので、動画で撮影してみました。
ココから移動すると今度は、ワカヨウジ。
以前からこの付近をうろうろしている個体のようです。
帰りがけには、クチナシツノザヤウミウシ。
浅場では、昨日出会ったメシマウバウオの1種を探してみたのですが・・
見当たらず・・キビレヘビギンポばかりでした。
逢いたい子には、そうそう逢えない・・って事ですね。



ミノカサゴ






ミノカサゴ

Canon S100 UFL-M150-ZM80






大きく広げた胸鰭が、大変綺麗~なミノカサゴです。

餌を探している様子でした。





ホシニセスズメ





ホシニセスズメ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000





大島では、メギスの仲間は珍しいのであります。

前回は、いつ見たかな~~

覚えてない






シロオビハナダイ幼魚




シロオビハナダイ幼魚




シロオビハナダイ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







なかなかご機嫌のいい時に巡りあえず・・苦労の末の証拠写真であります。

個人的には、初めて見る幼魚。


綺麗なお魚ですね~




メシマウバウオの1種




メシマウバウオの1種

OLYMPUS XZ-1 PCU-01




メシマウバウオとご紹介していたでのすが・・別種であるとの事。
てことでこれからは、メシマウバウオの1種でいきます。

ヘビギンポの仲間の産みつけたタマゴなども食べちゃうそうです。




5月20日(月)雨・北東
■秋の浜:水温18℃・視界8~10m
浅場は、少し揺れがありました。
今日は、コンデジだけ持って潜りました。
軽くていいね~
ウミウシとか撮るのは、コンデジの方がラクチン。
小さなスズメダイの仲間とかも・・けっこう、撮れちゃいます。
最近のカメラは、すごい!のであります。
沖では、セトミノ・クロスジ・アンナイボなどが見つかりました。
ジョーフィッシュの場所にも立ち寄って確認。
浅場へ戻る途中では、キビレスズメダイygがいくつか。
アマミスズメダイygも見られました。
浅場では、ミサキウバウオや久しぶりにメシマウバウオの1種と出会えました。
今シーズン初のミナミハコフグygも出ています。




カエルアンコウ






カエルアンコウ




カエルアンコウ

Nikon D300 Micro105mm S2000 D2000






いつものようにうろうろしていると・・水底に白いものが。

ビックリ~白いカエルアンコウでした。

大きさは、4~5cmくらいかな・・





フジイロウミウシ






フジイロウミウシ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






海藻の上に乗っていたフジイロウミウシです。
1cmくらいでした。





セナキルリスズメダイ幼魚






セナキルリスズメダイ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000






5月19日(日)晴れ曇り・南西
■秋の浜:水温17℃・視界8m~
午後から1ダイブしてきました。
沖へ出始めるとやや流れありです。
お魚は、よく泳いでいました。
沖では、キシマハナダイyg・セナキルリスズメダイyg・
コシオリエビの仲間・などをメインにゆっくり観察してきました。
浅場では、セホシサンカクハゼが餌を食べていたり・・
シュンカンハゼが出歩いていたり・・
ヒメテグリygのチビチビと遊びました。
ちょっと浮遊物がありますが、ま~ま~の海況だと思います。









ホムラスベヨコエビ






ホムラスベヨコエビ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







いい場所で見かけるとツイツイ・・・

カメラを向けちゃうホムラスベヨコエビです。





アサヒハナゴイ幼魚






アサヒハナゴイ幼魚




アサヒハナゴイ幼魚


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000






綺麗なお魚ですね~






ヨコシマエビ






ヨコシマエビ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






時々見かける住処にて。

見られたり・・見られなかったり・・





キシマハナダイ幼魚






キシマハナダイ幼魚


Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000




5月18日(土)晴れ・南西
■秋の浜:水温17℃・視界8~10m
週末ですが、ゲストさんが居ないので・・午前中に雑用をこなして~
午後から海です。
少し浮遊物があり、濁りの傾向がでてきました。
今日は、キシマハナダイygと遊びました。
最初は、なかなかご機嫌な状態でしたが・・急に巣穴へ。
生き物相手ですから、こんなものです。
浅場では、キホシスズメダイygと一緒に似た子が居ました。
もしかしたら・・通称・キビレスズメダイと呼ばれている種かも。





ガラスハゼ






ガラスハゼ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







横に倒れているムチカラマツには、ガラスハゼが2匹住み着いていました。




トラウツボ+オトヒメエビ






トラウツボ+オトヒメエビ



トラウツボ+オトヒメエビ

OLYMPUS XZ-1





トラウツボをクリーニングしているオトヒメエビのお腹には・・・

タマゴがありました。

*青っぽいのがタマゴです。





5月17日(金)晴れ・北東
■秋の浜:水温18℃・視界10~12m
静かな海です。
この位の水温だとお魚達も元気です。
沖へ出る途中には、アオリイカの群れ。
まだ、1度も産卵床のチェックに出かけていないのですが・・どうなんだろう?
タマゴは、一房産み付けられているようなのですが。
沖合いでは、あれこれと観察してきましたが・・
印象に残ったのは、トラウツボの口の中をクリーニングしているオトヒメエビです。
口のど真ん中に入り込んでいました。
食べられてもおかしくない状況ですが、何で食べないのでしょう?
稀~に食べちゃったりしないんでしょうか?
でも、1回でも食べちゃうと2度とクリーニングしてくれなくなっちゃうかも。
そんな事を考えながら、何度かシャッターを切りました。
浅場では、久しぶりにカンザシウミウシを見つけたのですが・・
ちょっと目を離した瞬間にフワフワ流れていってしまった~(--;
かわいいウミウシなのに・・残念。






ヒメテグリ幼魚





ヒメテグリ幼魚

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







1cmにも満たない幼魚が、チョコマカしています。






セロガタケボリ





セロガタケボリ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






サビウツボ






サビウツボ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67







また出会えました!サビウツボです。

ちょうどアブクに写りこんでいたので~一緒に撮ってみました。








ソウシカエルアンコウ






ソウシカエルアンコウ

OLYMPUS XZ-1



25cm以上は、あるのではないでしょうか・・

でかいです。



5月16日(木)晴れ曇り・北東~南西
■秋の浜:水温18℃・視界12m
風が弱く・・いや~暑い。
午前中は、車のペイントと整備をしました。
午後から海へ。
ベタナギです。気持ちいいね~~
今日は、情報で聞いていたソウシカエルアンコウが見つかりました。
浅い場所で見られているのは、珍しいです。
岩と岩の間に挟まって逆さになっていました。
側では、アマミスズメダイygが見られました。
浅場では、サビウツボと出会えました。
以前に見られた子と同じでしょうか?
目がかわいらしいのが、チャームポイントです。



セイテンビラメ





セイテンビラメ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






大きさ20cmくらいのセイテンビラメです。

眼の上に突起があります。





ウミテング






ウミテング

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67






面白い形が、ゲストさんに好評の・・ウミテングです。






クダゴンベ幼魚





クダゴンベ幼魚

Nikon D300 Micro105mm S2000






チビヌメリ






チビヌメリ




チビヌメリ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







浅めの場所で出会ったチビヌメリです。
砂地と同じような体色なので・・どうも地味ですね。

このアヒル口・・いいじゃないですか~







トウシマコケギンポ






トウシマコケギンポ

Nikon D300 Micro105mm UCL-165-M67 S2000







5月15火(水)晴れ・北東~南西
■秋の浜:水温18℃・視界10m
午前中は、秋の浜の駐車場をコンクリで補修する作業をしました。
アオリイカの産卵床も少し木を増やしました。
午後から1ダイブしてきました。
いつものようにうろうろしていると、キンギョハナダイに混ざって
なんだか弱弱しいハナダイの仲間が目にとまりました。
カシワハナダイyg?でしょうか・・
帰りがけには、久しぶりにチビヌメリと出会えました。
右側には、ソウシカエルアンコウが出ているとの情報だったのでうろうろしてみましたが・・
代わりにミノカサゴygが、見つかったのでこれを撮ってきました。



セナキルリスズメダイ幼魚






セナキルリスズメダイ幼魚





セナキルリスズメダイ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000







ガイド中に出会ったセナキルリスズメダイygを撮影してきました。

まだ、かわいらしい~サイズです。






クダゴンベ幼魚






クダゴンベ幼魚

Nikon D300 Micro105mm S2000









伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2013年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード