fc2ブログ

イソカサゴの顔に・・






イソカサゴ+カニの仲間

Canon S90 UCL-165AD





イソカサゴの顔に・・・カニが、くっついてます!
カニは、ショウジンガニかな?
イソカサゴが、死んでいるわけじゃありません。
この後、イソカサゴは、少し移動してました。
それでも顔のカニは、取れない様子・・





6月23日(日)曇り・南西
■ケイカイ:水温22~21℃・視界10m
微妙なうねりがありました。海中も白っぽい濁り。
沖へ出ると少し流れがありました。
そのおかげでお魚は、よく泳いでいました。
印象に残ったのは、アオウミガメ。
今回も中層をふわふわ浮いていました。
僕らを眺めてから移動していくカメ・・優雅だね~~
浅場では、ヨゴレヘギンポが産卵してました。
■秋の浜:水温21~20℃・視界15m
こちらは、昨日に引続き穏やか。
ゆっくり壁沿いで皆で撮影を楽しんでいただきました。
印象に残ったのは、ピカチュウ~。(ウデフリツノザヤウミウシ)
大きさは、7~8mmです。
このサイズは、久しぶりだな~~。かわ・・いいね!
ネンブツダイの群れは、産卵の為にペアになっているのが多くなってきました。
3本目は、本日の日帰りの方とマンツーマンで潜りました。
リクエスト+ゆっくり撮影出来る生き物をメインに潜りました。
印象に残ったのは、イソカサゴです。
この子・・・顔にカニの仲間が、へばりついていました。
がっつり付いていて、剥れそうにない感じ・・・
カニ自身が、動くのをじっと待つしかなさそうですね~
観察しているセホシサンカクハゼのタマゴは、眼がはっきりしてきました。
そろそろハッチアウトです。









ムラサキウミコチョウ






ムラサキウミコチョウ

Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000









浅場の壁沿いで見られたムラサキウミコチョウです。

右側は、下側が前方で・・左側は、逆。





アマミスズメダイ幼魚






アマミスズメダイ幼魚




アマミスズメダイ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000






ブルーのラインは、鮮やかなアマミスズメダイの幼魚です。





伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード