fc2ブログ

ヒレナガネジリンボウ






ヒレナガネジリンボウ




ヒレナガネジリンボウ




ヒレナガネジリンボウ

OLYMPUS XZ-2 UCL-165-M67





ご機嫌のヒレナガネジリンボウとコトブキテッポウエビです。





夕日~その4






夕日






台風通過後の夕日~その4

最後の写真は、僕のお気に入りの1枚です。




これからの時期は、夕日を眺めるのにお薦めです。
大島へお越しの際には、海岸へどうぞ。


ミズヒキミノカサゴ幼魚





ミズヒキミノカサゴ幼魚

Canon S100 UFL-M150-ZM80


リピーターKさんにご協力頂いて~ハイ!チーズ。



9月19日(木)晴れ・北東
今日も気持ちのいいお天気です。
北東風ですが、然程強くないので秋の浜で潜りました。
日帰りでお越しのリピーターさんお2人も魚影の濃さに大満足の様子でした。
1本目は、久しぶりにダイビングと言う事で、ゆっくり沖へ。
しばらく進むと、慣れてきた様子なので、いつものコースで遊んできました。
今日の新顔は、ミズヒキミノカサゴygです。
毎年見られるお魚でなかなか・・フォトジェニック。
好評だったのは、ホホスジタルミygです。
白黒の模様が、印象的なのかもしれません。
2本目は、壁沿いをうろうろ。
途中からどんどん沖出しの流れ~で慌てて帰りました。
流れのある時は、まずは水底に落ち着きましょう。
必ず岩などを持つようにして、手をつかって進むようにしましょう。
フィンをバタバタ動かすと、あっというまにエアーが減ってしまいます。
流れのある時にエアー切れするのは、危ないので要注意です。
ゲストさんに好評だったのは、ハタタテハゼとイロカエルアンコウygです。



夕日~その3






夕日




夕日







台風通過後の夕日・・その3です。

・・終わりに近づいている頃の色合いです。





アオリイカ






アオリイカ


OLYMPUS XZ-2





9月18日(水)晴れ・北東
今日も快晴です。
北東風がやや強いため、本日の体験ダイブ+ファンは、野田浜で行いました。
職場つながりの4名様で日帰りツアーです。
2人の体験の方もお一人は経験者だし、初めての方もスムーズに進行。
アーチまで行ってUターンしてきました。
皆さんで楽しく1ダイブして温泉入って~お帰りになりました。






夕日~その2





夕日




夕日






台風通過後の夕日です。

日が沈むにつれて・・刻々と色が変化していきます。

雲が焼けて・・海も焼けます。







夕日






夕日





今日の夕日

富士山方面の雲が赤く焼けてきました・・




イロカエルアンコウ幼魚






イロカエルアンコウ幼魚




イロカエルアンコウ幼魚

OLYMPUS XZ-2 UCL-165-M67



9月17日(火)晴れ・北東
清々しい1日でした。空気は、秋の雰囲気です。
日帰りのリピーターさんと秋の浜2ダイブしてきました。
2年ぶりなので、慎重に潜降。
その先は、問題なしで潜れていつもののんびりした雰囲気を味わっていただきました。
水温24℃前後・視界13~15mです。
イサキやタカベがワンサカ居ました。急にその群れが水底に向かった後・・大きなマグロがその上を通過。
とにかくそこらじゅうが、お魚だらけです。きょろきょろしているだけでもいいかもな~
印象に残ったのは、イロカエルアンコウygです。
現地ガイドさんに頂いた情報を元にその場所へ行くと~すぐに目にとまりました。
ちょうどのそのそ動いている最中。お腹が少し膨らんでいるので何か食べた後かも。
浅場では、マツカサウオygが目にとまりました。
ゲストさんは、アオサハギとミナミハコフグygが、好き!と言っていたので~
この2種を足して2で割った感じのマツカサウオyg・・ちょうどいいでしょ!
大きさは、1.5cmくらいでした。
今日の新顔は、ホホスジタルミ幼魚です。
以前見られていたマダラタルミygと似た奴です。
チョコマカしてます。かわいいですね~こんなヤツ。
他にも小さい奴らがいろいろ出始めてきましたよ~



台風が過ぎた後の夕日






夕日




夕日






久しぶりに夕日を見に出かけました。

台風が過ぎ・・のんびりと夕日を眺めに来ている方がいました。

自然は、ものすごいパワーも見せますが・・

すごく綺麗な景色も見せてくれます。

刻々と変わる景色は・・また掲載します。


モンツキハギ幼魚






モンツキハギ幼魚

OLYMPUS XZ-1




写真は、先日であったモンツキハギ幼魚2匹です。
どちらもほぼ同じサイズなのですが、上の子は、スケルトンバージョンです。



9月16日(月)雨曇り
台風18号が、通過して行きました。
早い時間に雨が上がり、後は風だけ・・
しかもビックリするほどの風ではないので、な~んだ・・くらいです。
午後からは、台風対策を解除。
いつものように枯葉や小枝が、散乱していて大変です。

明日は、晴れ!の予報です。


オトメハゼ






オトメハゼ


OLYMPUS XZ-1





巣穴の前にて・・ペアで食事をしていたオトメハゼです。





ハワイトラギス






ハワイトラギス

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




小さなハワイトラギスも出てきています。



ニシキフウライウオ






ニシキフウライウオ




ニシキフウライウオ

OLYMPUS XZ-1




今年も人気者が、登場しました。一安心です。

末永く観察出来るとうれしいな~


コウワンテグリ幼魚






コウワンテグリ幼魚


コウワンテグリ幼魚


コウワンテグリ幼魚

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67



①2匹一緒にいたので、どうにか・・2匹一緒に撮ってみました。解る?
②目の部分に模様が出てきた子
③別の子




9月15日(日)雨晴れ間あり・南東
昨夜からの雨が、朝のうちまで続きました。
ちょうどゲストさんのお迎えに時間帯で、この雨にテンションが下がり数名さまがリタイア。
雨にも負けないモチベーションの方お二人様と秋の浜へ。
少しうねりが入り始めていましたが、問題なしの程度です。
エントリーすると、昨日よりも視界が良好です。雨水の影響なしでした。
今朝からお越しのゲストさんは、2年ぶりくらいだったので、いつものようにゆっくり楽しんできました。
今の時期の秋の浜は、とにかく魚影が濃いです。
ソラスズメダイの子供たちがごっちゃりいる光景は、目にやさしいな~~
印象に残ったのは、コウワンテグリ幼魚です。
1匹目に止まったら・・すぐ側にもう1個体。同級生サイズでした。
高速船は、繰上げ出航だったのでお帰りの方は、1ダイブだけ。
お泊りの方は、すぐにもう1ダイブ出かけました。
2本目は、少し落ち着いてきたようで、よく周りが見えたそうです。
印象に残ったのは、ニシキフウライウオです。
3連休の中日でほとんどのゲストさんがお帰りになってから、出会えるとは・・・(^^;
出会えた個体は、オスでした。もしかして~~側にメスが居るかもね~
他にもいろいろ見てきました。
エキジットしたら~、ダイバーさんの姿はなし・・貸しきり状態でした。
午後からは、台風対策として店じまいです。



イシガキカエルウオ幼魚






イシガキカエルウオ幼魚

Nikon D300 Micro105mm D2000




以前撮影した写真ですが・・・イシガキカエルウオygです。

いろんな表情を見せれくれました。


イロカエルアンコウ幼魚





イロカエルアンコウ


FUJI FinePix F31fd UFL-M150-ZM80



久しぶりに訪問したら・・大きくなっちゃった!




9月14日(土)曇り雨・北東
今日は、まだ台風が遠いので、海の影響なしです。
1本目は、秋の浜へ。水温26℃・視界8m
浅めの場所をゆっくり回ってきました。
印象に残ったのは、アカハチハゼです。
なんと~4匹一緒!大きさは、3~4cmくらいのかわいいサイズ。
こんなシーン個人的には、初めて見たのでうれし~~です。
いつまで見られるんだろう~
今日の新顔は、ヤリカタギygでした。まだ小さいです。
2本目は、ケイカイへ。水温26℃・視界8m
久しぶりに訪問したイロカエルアンコウは、成長してました。
まだ、同じ場所に居ました。住み心地はいいのですね。
タテジマヘビギンポの場所へ行ってみると、幼魚の姿も見られました。
1.3cmくらいのサイズ。この大きさは、まじめて見た!かも・・
明日は、風向きが南っけの予報なので、潜れる!でしょう~



イロカエルアンコウ幼魚

Canon S100 UFL-M150-ZM80
これは、前回の訪問の時の写真です。




ニシキフウライウオ






ニシキフウライウオ

OLYMPUS XZ-1




3連休には、何処かに隠れてお休みしていたようです。



ニセクロスジギンポ






ニセクロスジギンポ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67





バッテン模様の眼が、特徴です。かわいい顔してます!




ヒレナガネジリンボウ






ヒレナガネジリンボウ




ヒレナガネジリンボウ




ヒレナガネジリンボウ

OLYMPUS XZ-2 UCL-165-M67




9月13日(金)晴れ・微風
今日も風が弱く何処もベタナギです。
リピーターさんと秋の浜で2ダイブしてきました。
今日も海中の様子には変化ありません。水温26℃・視界8~10m
1本目は、壁沿いに行きました。
沖合いでは、スミレナガハナダイygが数個体・フタイロハナゴイも数個体集まっていました。
他にスジハナダイ・アサヒハナゴイ・チビハナダイも見られました。
岩場では、ヒメニラミベニハゼがホバーリングしてました。
後は、浅場へ移動してのんびり。
2本目は、ヒレナガネジリンボウを見に行きました。
最初にヤシャハゼに立ち寄りましたが・・今日もちと敏感です。
移動してヒレナガの場所へ。
こちらは、すごくご機嫌な様子でした。
ペアで住んでいる巣穴で2匹でホバーリングする姿も見られました。
時々、コトブキテッポウエビも出てきたり・・
すご~くじっくり観察出来ちゃいました。平日ならでは・・・ですね。
他にダイバーさんも来ないし、観察者も少ない・・いい事尽くめです。
その上、今日はヒレナガネジリンボウもご機嫌だったので、ほんとに運が良かったです。
浅場では、あれこれと見てEXです。


タテガミカエルウオ






タテガミカエルウオ


OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67




ギンポ団地で出会ったタテガミカエルウオです。
ちょうど首筋のタテガミ・・写ってます。



クビアカハゼ+コシジロテッポウエビ






クビアカハゼ+コシジロテッポウエビ


OLYMPUS XZ-2




共同生活をしているエビは、巣穴のお掃除担当です。
ハゼは、見張り担当です。



9月12日(木)晴れ・南西
今日は風が弱くなり、どのポイントもベタナギです。
日差しも戻り暑い感じです。
今日からのゲストさんも加わり、秋の浜で2ダイブしてきました。
水温25℃・視界7~10m
1本目は、左の砂地まで行ってみました。
沖へ出る途中のイソギンチャクでは、ミツボシクロスズメダイが、増加。
集まっている所は、かわいらしいです。
砂地へ降りるとヤシャハゼが見られました。
アカホシカクレエビは、小さな子供が生まれています。
移動していくとセイテンビラメが見つかりました。
ハゼ地帯では、ヒレナガネジリンボウのペア・ホタテツノハゼspのペア・ホシテンスygなど。
手頃な水深なので、のんびり出来ていいですね。
浅場では、イワシの仲間を捕食するカンパチなやら・・。すごいね~
2本目は、浅めに右で。
Uターン地点のイロカエルアンコウが居ないジャン!
ま、他のお魚達をいろいろ見てきました。
大きめのウミトサカを覗くと、極小のイソコンペイトウガニが見つかりました。
タブン・・次回は、みつからない(^^;
他には、新顔のチシオコケギンポも見つかりました。
前回、見つかった小さめの子は、数日後に行方不明になったので・・
今回の子は、末永くお付き合いしたいものです。
いつも見ている子は、余程住み心地が良いのか・・もう何年も見られてます。
水面近くでは、ギンユゴイが多く見られました。




ホタテツノハゼ属の1種






ホタテツノハゼ属の1種

OLYMPUS XZ-2




大島では、よく見られるホタテツノハゼ属の1種です。
オスとメスで背鰭の形状が違うのが特徴です。



ヨゴレヘビギンポ






ヨゴレヘビギンポ


OLYMPUS XZ-2



今も産卵行動見られてます。ヨゴレヘビギンポです。




9月11日(水)雨曇り・北東
今日は、ファン+体験でした。
2年ぶりのゲストさんと野田浜で1ダイブ。
中性浮力の練習をしながらの1ダイブ楽しんできました。
そのままカップルさんと体験ダイブ。
飲み込みの速い方ですぐに沖へ進みます。
のんびり移動しながら、お魚をゆっくり見てきました。
運良くカミソリウオのペアが見つかりました。
昨日、現地ガイドさんに教えていただいた情報なんですが、
すごく地味~な色で難易度が高いです。今日は、偶然ペアで見つかりました。
体験のゲストさんもなにこの海藻みたいの~???て感じでかぶりつきで見てました。
少し休憩をしてファンの2ダイブ目は、王の浜へ。
ここも海の中の様子は、然程違いなしです。
コダマウサギ・トラフケボリ・ヌノサラシ・ミナミハコフグyg・ヨゴレヘビギンポ(産卵)・
ウメイロモドキ・などなどです。
野田浜:水温23℃・視界8m
王の浜:水温24℃・視界8m


ヌノサラシ






ヌノサラシ


OLYMPUS-XZ-1 UCL-165-M67




日中は、暗がりを好むヌノサラシです。
黄色のラインが特徴です。





フトスジイレズミハゼ





フトスジイレズミハゼ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67



今日は、写真を撮るチャンスもなく・・

以前、撮ったフトスジイレズミハゼでございます。



9月10日(火)曇り雨・北東
今日は、日差しのない天気です。
ファン+体験の4名様チームで野田浜へ潜りに行きました。
皆さんご一緒に潜るべく・・浅場で練習。
お一人様が、どうしても呼吸になれない様子でした。
とりあえず先へ行こう!ということで進んでみましたが・・2m付近でUターンサイン。
見た感じは、全然平気そうに見えるのですが、気持ち的に先へ行けないのでしょうね。
こんな時は、無理は禁物です。
また、気分を変えてチャレンジする方法をお薦めします。
ダイビングは、然程運動らしい動きはありませんが、それなりに体に負担がかかります。
ご参加の際には、体調を万全に整えておきましょうね。
2本目は、ファンの方を1ダイブ。
カスザメ・ミスガイ・モンツキベラyg・キツネベラyg・オオメハゼ・ホシテンスyg・などなどです。


伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード