FC2ブログ

イサキ幼魚







Canon S100 UFL-M150-ZM80




9月4日(水)雨晴れ・北東~南西
朝のうちは、雨が降りました。
雲が取れ始めると、またまた・・暑い。
午後から1回潜りに行きました。
秋の浜は、ベタナギで水温25~19℃です。
視界は、青さが戻ってきて15m以上です。
水温の低いエリアは、-10mくらいから・・でした。
クダゴンベ・スミレナガハナダイyg・スジハナダイyg・フタイロハナゴイyg・
ヤシャハゼygなどを見てイサキygの群れへ。
前回よりも少し群れが小さくなった気がします。
かなりの数がカンパチにやられたのでしょう。
しばらく群れを眺めてから浅場へ。
今日は、やけにオオメハゼが目にとまりました。
個人的には、久しぶりに出会えたベニカエルアンコウが印象的でした。
お腹の大きな個体だったので側をよ~くみるともう1個体。
ペアなのかもしれません。
先日、撮影出来なかったタテガミカエルウオygを撮って上がりました。

今日は、ちょっと残念な光景に遭遇しました。
時々観察に訪れていたクダゴンベの住処だったヤギの仲間が、根本からポッキリ・・
大きさは、40~50cmくらいに成長したものです。
ヤギの仲間は、成長する速度が遅いのでここまで育つのに何年もかかります。
ウミトサカの仲間も同様に成長には大変時間がかかります。
陸上の雑草などとは、比べ物にならないくらい成長が遅いです。

このような生き物達が育ってこのエリアの素敵な景色を作り上げています。
どのような原因で折れたかは、不明ですが・・
もしこのような生き物達にダメージを与えてしまうようであれば、適度な距離から見ていれば
ダメージを与える事もないと思います。
ちょっとした心配りをしてみましょう。



ノコギリハギ幼魚






ノコギリハギ幼魚

OLYMPUS XZ-2 UCL-330-M67




ウミトサカに寄り添っていたノコギリハギ幼魚です。

大きさは、2.5cmくらい。


オハグロベラ






オハグロベラのケンカ


OLYMPUS XZ-1




オハグロベラが、顔を突きあわせてケンカ中でした。




伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード