fc2ブログ

ニシキウミウシ・幼体





ニシキウミウシ・幼体






Nikon/D300/micro60mm+PCU-01/D2000+S2000/

ニシキウミウシと言えば、大きく成長すると10cm以上のものも・・・。
小さな頃が、かわいいのは我々と一緒です。
この子は、1cmありません。








3月10日(目)曇り晴れ・北東~南西 NO.90
今日も冷え込んでますな~
午前中は、看板の作成を始めてみました。
タブン、なかなか完成しないと思いますが・・・
■秋の浜:水温15℃・視界13~15m
若干、視界に変化が出始めています。
春濁りが出始める時期なので、これも自然な現象。
浮遊物が、増えることで餌が豊富になり生き物達の動きにも変化が出てきます。
季節の変わり目なんですね。
沖へ出る途中、イロカエルアンコウの場所へ。
居なくなるだろうな~と思っていたのですが、一応、同じ岩に居ました。
沖へ出て、ビシャモンエビを撮りました。
今回は、ネジレカラマツに住み着いた子です。
ウミトサカに住み着くコシオリエビの仲間が見つかりました。
鋏脚が、やけに長い・・・
黄色のウミシダには、チビウミシダエビが居ました。
側では、ミノウミウシの仲間。
今日は、ほとんど下ばかり見ていたので視界の変化は全然気にならんかった・・(^^)




ちなみに・・・本日、撮影のビシャモンエビは、Underwater  Eyes  Selection でご覧ください。









春一番が吹いて・・・幾日が経つと春濁りの季節がやってくる・・というのが、セオリー。

一般のダイバーさんたちの中では、イマイチなシーズンとしてとらえられているようです。
業界人としては、このイメージを少しでも変えていきたいと願いながら・・・
せっせと春濁りの時期の生き物達の紹介をしてみるもののなかなか効果が・・

最初から悪いイメージを持った状態で濁りの海に潜れば、”やっぱり”という事になりかねないのだが、
濁りの海ってどんなだろう?という期待を持って潜れば、もしかしたら・・・
いい出会いがあったり、思い出に残るような時間になるかも!しれない。

どうか書いても業界人の売り込みか・・・



関連記事

コメント

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード