fc2ブログ

オビアナハゼ





オビアナハゼ求愛









Canon/S90/

手前の個体が、オスです。腹部には、交接器がどうにか・・見えます。*尻鰭の前半部
こんなスタイルで、ゆらゆらと・・





10月20日(木)曇り・北東
今日もかなり強い北東風です。
この風向きの時には、王の浜なのですが・・岸近くは、かなりの波・・
■王の浜:水温20℃・視界15m前後
沖へ出て行くとじょじょに視界が良くなります。
根の壁沿いをゆっくり進むと・・
最初にホクトベラyg。
続いて、ニラミギンポ。
テングダイや大きなコロダイは、いつものように見られています。
トラフケボリは、2個体で並んでいました。
カイメンの上には、タテジマヘビギンポygが見られました。
印象に残ったのは、バラフエダイyg。
今日の個体は、8cmくらいだろうか・・
今までであった中では、これでも大きめです。
少し怖い顔になり始めていました。
面白いシーンは・・・オビアナハゼの求愛。
このお魚は、交接をするお魚らしいのですが、見たことがありませんでした。
今回は、その前段階の求愛らしき行動が見られました。
オスのお腹の下からは、交接器が飛び出していました。
2匹で寄り添うように・・うろうろと移動していました。
その後は、やけにオビアハナゼの姿が良く見られ・・
お腹をチェックすると交接器。
今頃が、いい時期なんですね。







関連記事

コメント

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード