fc2ブログ

キンギョハナダイ

今日のスナップは、浅場で見かけた光景です。
やけにキンギョハナダイが集まっていると思ったら、その中に、ミナミギンポの幼魚が居ました。
ホンソメワケベラと勘違いしているのか?クリーニングを強請りに集まっているようです。
見ているだけの時は、もっと集まっているのですが、カメラを向け始めると・・・バラけてくる。
ま~、そんなもんです。
出来るだけ、控えめな体勢・態度で撮影させてもらう事が大事なんです・・ネ。



キンギョハナダイ






6月25日(水)曇り・NE~SW
朝には、少し青空も見えたのですが、どんどん雲が出てきてしまいました。
秋の浜は、ベタナギです。水温は、浅い場所は、19℃くらい。深場は、17℃くらいでした。
少し浮遊物が増えた上に、稚魚やらアミの仲間が大量発生したので、さらに視界が悪く感じます。
今日は、やけに・・・ウミウシに出会えました。
ニシキ・ニシキの幼体(フルーツポンチタイプ)・サガミリュウグウ・ツツイシミノ・シロタエイロ・コモン・
ミツイラメリ・ウスイロ・コノハミドリガイ・キイロ・
など。
ベラの仲間も幼魚が見られるようになってきて、浅場では、ブチススキベラygがひらひらしています。
クロフチススキベラygも何個体か見かけました。まだ体が透けているセジロノドグロベラygもかわいらしいです。
*以前、スタッフ・チエが撮影した画像がありますので、ブログ内検索で見てみて下さい。
まさしく、こんなサイズの子でした。
砂地では、ヤシャハゼが相変わらず好調です。平日なら時間をかけて撮影できます。
カスザメやワニゴチ・ヒラメなどが目にとまりました。
浅場では、通称・アカヘビ(ヘビギンポの仲間)のオスが婚姻色になっています。
2個体見ることが出来ました。
他にはザラカイメンカクレエビ・ヨコエビの仲間・カゲロウカクレエビ・アカホシカクレエビ・ビシャモンエビ・
ヒメニラミベニハゼ・ハナタツ
など。
浅場では、オキナワベニハゼのペア・イソギンポ・カエルウオが見られています。

 

にこファンダイビングお薦め週末:6月28・29日の週末

 

関連記事

コメント

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード