fc2ブログ

キイボキヌハダウミウシ

今日のスナップは、キイボキヌハダウミウシです。
あと少しで交接を始めそうです。



キイボキヌハダウミウシ





6月27日(金)曇り・SW
風が弱く海は、ベタナギです。
今日は、昨日ご予約の電話を頂いたゲストと潜りに行きました。
暇な時期なので、前日でもご予約OK。是非どうぞ!ぴよさん
水中は、少し水温が上がっていて楽チンです。視界も10~15m。
これなら今の時期、GOODな海況だと思います。
1本目は、ヒメニラミベニハゼ
ナガシメベニハゼは、何度か覗いてみたのですが、姿が見えません。
居なくなっちゃったのか?...心配です。
このエリアでは、ニシキ(フタイロタイプ)・コガネミノ・フジイロ・アラリ・ダイダイヨウジなどが見られました。
印象的だったのは、キイボキヌハダウミウシが2匹寄り添って今にも、交接しそう!・・
最近、よく見かけるようになっている種ですが、交接シーンは、なかなか出会えません。
これで・・・幼体を見られる確率があがったかも。
2本目は、ヤシャハゼ
ゲストは、ほとんどの時間をこの子の撮影に費やしていました。
その間、他に誰も来なかったので、独占です!
こんなタイミングってすごく大切です。
おいらは側でうろうろ・・・砂地から鉛筆くらいのジョーフィッシュの1種が顔を出していました。
この種は、このサイズで成魚でこれ以上大きくなりません。
警戒心が、強いのでゲストに紹介するのは、難しい。
他にヒレナガネジリンボウのペアも見られました。
ただ、こちらはヤシャハゼと違って敏感です。
どちらかというと・・・こちらの子達が、普通なのであります。
ある程度、警戒心があってこそ、自分の身が守られるのだと思います。
他にカスザメやワニゴチ・アライソコケギンポなど。
梯子のカエルウオは、パイプの内側に産みつけたタマゴを守っています。

関連記事

コメント

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード