fc2ブログ

ウバウオ

今日のスナップは、浅場で撮影してきました。
散策をしていてふと前を見ると、水底から2mくらいの位置にふわふわ浮く物体が。
よく見るとウバウオでした。
そのままゆっくりと落ちてきたので、クローズアップレンズをかざして着地させてみました。
ウバウオは、お腹の部分に鰭が変化して出来た吸盤があるので、ぴったり張り付きました。
この後は、そっと地面に戻してあげました。



ウバウオ




7月5日(土)晴れ濃霧・SW
朝からどんよりした天気だな~と思っていたら、なんとものすごい濃霧。
飛行機は、欠航。JF1便は、1時間以上遅れて大島へ到着しました。
高速船でお帰りのゲストを港へ送った際には、まだ、濃霧。
高速船が、低速船に変身してないか・・・ちょっと心配しながら・・・ゲストとお別れをしてきました。
海は、ベタナギです。
最近の傾向で下げ潮時には、やや濁りで上げ潮になると抜群に視界良好!です。
30m近く先が、見えています。ただ・・・・水温は、15℃です。くれぐれも防寒対策を忘れずに。
浅場へ戻ると徐々に水温もあがりキンギョハナダイが、群れていて綺麗です。
見ている時に感じているような光景が、写真に撮れれば最高!なのですが、そう簡単な話ではありません。
印象に残ったのは、キイボキヌハダウミウシの多さです。
そこらじゅうに、コロコロと落ちています。
なんで急にこんな風によく見られるようになるのでしょう・・・。ホント海って解りません。
深場のスナイソギンチャクには、ミズヒキガニが住み着いていました。
ベニキヌヅツミも近くで見られました。
また、白いウミウサギの仲間を発見。白いトサカに住み着いているので、解りにくいです。
浅場では、ミヤケヘビギンポや通称:アカヘビ(ヘビギンポの1種)が、産卵をしていました。
やはり朝の時間帯が、産卵観察にはいいようです。
久しぶりにヒブサミノ・ツマグロミノウミウシが見つかりました。
梯子のパイプに住み着いているカエルウオが、今日は、2匹でゴソゴソしていました。
多分・・・産卵しているんでしょう。
その他にも・・・いろいろ。

 

kaoファンダイビング募集中!7月12・13日:初心者さん歓迎の週末です。

関連記事

コメント

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード