fc2ブログ

ニセボロカサゴとマツバスズメダイ

今日のスナップは、先日の2ショットシリーズ?の続きです。
今年は、出会う機会が少ないニセボロカサゴと・・・寄り添うマツバスズメダイ。
ず~と側に居たわけでもないのですが、その瞬間を写真にすると・・・・
こんな風にしばらく寄り添っているのかな~と思えてしまうのが、写真のいい所です。

あれ・・・そうでもない?



ニセボロカサゴとマツバスズメダイ




7月17日(水)晴れ・SW
今日は、いいお天気で流れていく雲は、夏らしさを感じさせます。
ベタナギの秋の浜へ潜りに行きました。
視界は、5~15m。水温は、21~18℃です。
浅場では、視界が悪いもののイサキの大群が見られています。
また、イワシの仲間も大量に居ます。
日差しの中をキラキラ光りながら流れていく光景は、綺麗です。
一緒に潜りに行ったスタッフ・チエが、ヤマドリの求愛シーンに出会えたそうです。
私も午後その場へ立ち寄ってみたもののオスの姿しか見つかりませんでした。
・・・夕方には、産卵をしているのでしょう。
ヤマドリのオスは、背鰭が大きくかっこいい形で見応えがあります。
よく潜っていても、なかなか見られるシーンじゃありません。
印象に残ったのは、久しぶりに出会えたニセボロカサゴです。
大きな個体で体は、皮弁のないタイプです。
側には、マツバスズメダイやキンギョハナダイが居てすぐ側に近寄ったりしていました。
・・・もしかして・・・食べちゃうかな?とも思ったのですが、予想通りには行かないものです。
チョット深場では、マトウダイの子供と出会えたのですが・・・
ちょっと眼を離した瞬間に姿をくらましてしまいました。逃げ足が速い子です。
ジョーフィッシュのエリアでは、少し探しただけですがメスの姿しか見当たりませんでした。
噂のウミテングygを探していると、ジョーフィッシュの1種(チビタイプ)が見つかりました。
いつもは警戒心が強くすぐに隠れてしまうのですが、今回は時々顔を見せてくれました。
ソラスズメダイやコガネスズメダイ・ナガサキスズメダイの幼魚が見られ始めています。
チビッコは、かわいいですよ~。
浅い場所で見られますので、慌てずじっくり狙えば、撮影出来ると思います。

関連記事

コメント

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード