fc2ブログ

イロカエルアンコウyg

今日のスナップは、イロカルアンコウの幼魚です。
観察していると、第一背鰭を動かし始めました。




イロカエルアンコウyg





8月5日(火)雨曇り・SW
今日は、久しぶりに雨が降りました。大島の中でも局所的な雨のようです。
お湿りは、良かったのですが風が弱くて・・・蒸し暑くなってしまいました。
1本目は、秋の浜へ。
昨日より視界が悪くなってしまいました。7~8mです。深場は、15m程度。
水温は、25~22℃でした。
右のコースでは、ちょうどフタイロハナゴイのエリアからやや冷たい水です。
その影響か、フタイロは、ちょっと元気がないです。
それに比べて、キシマハナダイygは、元気。
オオモンカエルアンコウは、また同じカイメンの上でした。
居心地がいいのでしょうね~。
帰りがけにイロカエルアンコウygの場所へ。
前回は、見つからなかったのですが今日は、すぐに目にとまりました。
成長した姿が、伺えます。
浅場では、いつものハナタツのお腹がパンパンです。
ゲストと観察していると、お腹の部分から小さな物が、ピョンと飛び出した・・?
うそ~、ハッチが、始まるのか?と思ったのですが、勘違いだったようです。
飛び出したと見えたものは、ゴミだったのかな・・・。
2本目は、野田浜へ。
こちらの方が、視界は良く10m以上です。
ゲストとベニシボリやコンシボリの話をしていたら・・・すぐにベニシボリが見つかりました。
こんな運のいいこともあるものですね。
イワシの仲間が群れて見られました。
アーチの中には、相変わらずイサキがたくさんです。
久びりにスミゾメミノが見られました。
側には、タマゴが産みつけられて居ました。
また、ミチヨミノ・サキシマミノ・ミヤコ(いつもと違うタイプ)・ミナミハコフグyg・ツユベラyg・など。
印象に残ったのは、ヒメテグリです。
ちょうどオス同士が、顔をつき合わせるようなスタイル。
いつもしているケンカのスタイルとは、違います。
小さなおちょぼ口で相手の口をかんでいました。
なんだか・・・ケンカらしくない・・・。

関連記事

コメント

非公開コメント

伊豆大島で潜るなら・・
あとぱぱ 情報サイト
最近の記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール

あとぱぱ

Author:あとぱぱ
伊豆大島の海で撮影した生き物たちの写真をご紹介します。海を身近に感じていただければ・・・

QRコード
QR
RSSフィード